2005年6月 8日 (水)

重松清読み始めました

以前より読みたかった重松清、まずは「ナイフ」を読み始めました。

入門ということで、エッセイ集の「明日があるさ」を読了。

早くして亡くなった友人Sへの痛恨の思いや不器用なお父さんの様子、おじいさん若

かりし頃の文学青年ぶりなど男性の描写がうまくて泣けました。

たぶん私好みの作家だろうとは思っていたけどどうやらその通りの気がする。

(某巨大掲示板で、濱田岳君は重松清作品の少年役が似合う云々と読んだことも

ポイント高かったな)

過去の作品から順に読んでいこうと思ってます。----と、北朝鮮戦の前の緊張感か

らちょっとだけ逃避(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)