« J1第三節広島戦(H) | トップページ | 突然復活してみたw »

2009年7月 6日 (月)

本山選手礼賛---川崎F戦(A)

またもや、すっかりご無沙汰の書き込み。
なんと4ケ月近く経過し、09年もあと1試合で後半戦に突入。
はい、生きてましたよー。


春から忙しくなるとの予想通り、最近は昨年末並み、いや、それ以上に
仕事に忙しい毎日です。
しかも。
つい最近よりフレックスタイムが休止となり、定時8時55分新横浜の事業
所に出社となりました。(これって業界の流行のようですね)
まあ、忙しく働けるだけでも幸せと思うべきご時世ですからね、これ以上は
いいません。
ただ、年を重ね体力勝負ととても言えない毎日。
私も、そして皆さんもご自愛しないといけませんね。



さーて。
忙しい中でも週末のサッカー観戦はチビチビとしてます。
(あとは、ルーキーズ卒業やら蒼ちゃんやらで心を癒す日々っつー・・・)



突然のエントリーは、昨晩の等々力の勇者達をこの目で見たからです。
突き詰めれば、「モトは素晴らしい!」、これに尽きます。

10名になってから器用に右SB(つーかあれはポジションモトみたいな
もんか)をこなし続ける彼を「ホント、器用だわー」と興奮して褒めちぎって
いたら、一緒に観戦していた友人に
「昔はモトのことアンチだったのにねー!」
とからかわれました。



いや、そうなんです。
そういう過去があったからよけいに、ここ数年の彼の凄みを身にしみて
わかるようになったんですよ。
オリベイラ体制になってからの攻守に走り奮闘する姿。
また、昨日の等々力、そして一昨年の埼スタでのSBのかわりをきっちり
こなせるセンスのよさ。
しかも、仲間思いで負けず嫌いでときている。
鹿島の10番は、頼れてとても人間くさく実は好男子。
新たな鹿島10番のイメージをモトが作りつつあります。




モトだけでなく、青木・満男の凄さや伊野波の良さが光りました。
それと、やはり、慎三&マルキの抜け目なさにスタミナ。
中断時のキャンプでヘトヘトになってしまったかに見えた磐田戦。
それがここへきて疲れを知らず走れるようになってきました。
ただただ残念なのはピークをもう少し持ってきてソウル戦を勝ちぬいて
ほしかった、でも、いまさらしかたないか。
名古屋戦では拓也が好調だった。
やっと、最近の「一点取ったらあとは攻められっぱなし」なドM(^^;)なサッ
カーから脱却できそうに思います。
一点取ったらきっちり守るサッカーなら鹿島らしいとも言えるけど、いや、
今シーズンこれまでの鹿島は押し込まれてましたからね。
得点力をもう少しあげ、2点差で勝つサッカーをぜひ目指してほしい。
それには、マルキの復活&慎三のさらなる成長が必須ですね。
あとは、中盤の若手がもっともっと育ってくれることを・・・!


とまあ、あまりにひさしぶりで試合雑感にもならず失礼しました。
篤人の退場の件はね・・・、まあ、厳しく言えば両手を後ろにあげとけっ
てことですかね。
バックで見た限り、インしたと思ったので普通にゴールを認めてくれて
いたら一人少ない戦いをしないですんだのにと会場ではそれが残念で
した。(もしかしてオフサイドとか・・・!?)
ああいうのって微妙ですよね、2001年CSの隆行を思い出しました。

|

« J1第三節広島戦(H) | トップページ | 突然復活してみたw »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/45557384

この記事へのトラックバック一覧です: 本山選手礼賛---川崎F戦(A):

« J1第三節広島戦(H) | トップページ | 突然復活してみたw »