« 普通にサッカーを見ること | トップページ | 本山選手礼賛---川崎F戦(A) »

2009年3月25日 (水)

J1第三節広島戦(H)

23日、カシマ@広島戦へと出かける直前、チケットが見つからず探し回る
こと1時間。あきらめがよぎった瞬間、トンデモ場所にチケを発見。
日ごろの整理整頓の悪さを象徴するような話で・・とほほでした。
見つかってホントよかったわー。
これで今シーズ鹿島生観戦は全勝。あきらめてテレビ観戦してたら慎三の
ゴールはなかったかもしれない。
そんな鹿島サポ、たっくさんいるでしょうけど自己満足でも縁起イイもんは
ヨシとさせてもらおう。





強風の風向きに左右されしかも雨で足元が滑りやすく、ピッチコンディショ
ンは最悪でしたね。
うまくつながれてコロコロこけ続けるんじゃないかなんて試合前不安がよぎ
ったのですが。






あれ、相手の様子見にしては長い時間鹿島がずっとボールをキープし広島
陣内で攻め続けている。
フロンタのように後半勝負なんだろうか?それにしても・・・。
と思っているうちに、セットプレーからモトが最後どんと押し込み先制。
とはいえ、鹿島もシュートが少なかった前半。
最後の所で打てないうーんな展開なのは、相変わらずなんでしょうかね。
篤人も青木も大迫君も、みな打たなすぎ。
シュートで終わればカウンター逆襲をくらうリスクも避けられるのにね。






後半早々、大迫君が右サイドでうまくドリブルでかわしクロス⇒モトヘッド!
遠かったのでなぜゴールが認められなかったのかよくわからなかったので
すが、録画を見るとあれ、入ってますよねえ・・・。
大迫君・モトの良さが出たプレーだったのに。
そうこうしているうちにオフサイドかと手をあげているDF陣のスキを狙う寿
人にペナを侵入され不用意に足に行った(ように見えた)篤人がイエローと
なり、PKを与え失点。
毎回毎回、寿人にはとことん怖い思いをさせられますなあ。
刻々と時間が過ぎ、数年前の大岩政退場劇を思い出しイヤな予感が・・。
それをふっとばしてくれたのが慎三のゴールでした。
ロスタイム決勝弾というと、昨年終盤の磐田戦を思い出しますね。

選手以上に運動量の少ない扇谷主審、何とかしてくださいよ。
愛しのイバがベンチにいないからって、メイン側の自分が見えないサイドの
攻防を全て鹿島のファウルにするなって。メインの我々にはよく見えたよ。
こういうのはメイン副審がしっかりしなきゃいけないと思うのだけど、我関
せずといった様子だったのもよけい腹立たしかったりして。
私は見逃したけど、友人の目撃によると終盤オリベが大暴れして蘭堂さ
んを積極的接触(と言っておこう)をしてたらしい。だ、だいじょぶ・・?




注目の初先発大迫君。
常にストヤノフにマークされ複数DF陣に体寄せられ続けフリーになるチャ
ンスは少なかったけど、なんだかんだポストをはじめ効果的なプレーをして
いたのではないかな。槙野をぶっちぎったシーンもあった。
それと、前線からの守備、これも今までより積極的に動いていたと思う。
まあ、効果的だったかどうかはおいといても。
相方のマルキがゴールがない焦りからか持ちすぎ状態が続いて大迫君を
生かすシーンが少なかったのが残念でした。
#大迫君のポテンシャルはFW陣No.1と思うし応援したいスタンスなので、
 多少甘いのは自覚してますよ。なんというか、夢を見たいんですよね。
 



また、パクが中3日と思えない運動量を発揮してくれてました。
後半はドリブルでの切り崩しやつなぎなどでも地味にフィットしつつあるよ
うで、今後が楽しみです(とイバオタの私も思います)。



疲れなのか連携不足なのか波が激しくまだ本調子とは言えない(これが
マックスでは困る)鹿島。
篤人以外は揃っていてしかも試合がないメリットをこの二週間でしっかり
生かしてもらいたい。固定メンバー以外との連携をみっちりできれば、
京都戦にも期待が持てる・・と思う。
しかし、ディエゴ&ヤナギとは、いろんな意味で反則ですよ(ぼそ)。

|

« 普通にサッカーを見ること | トップページ | 本山選手礼賛---川崎F戦(A) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/44450273

この記事へのトラックバック一覧です: J1第三節広島戦(H):

« 普通にサッカーを見ること | トップページ | 本山選手礼賛---川崎F戦(A) »