« シーズン開幕の前哨戦---今日はゼロック杯 | トップページ | 普通にサッカーを見ること »

2009年3月 9日 (月)

開幕戦無事終了---レッズ戦(A)

よかった。

レッズ戦が特に大きな揉め事もなく終了して(大丈夫ですよね・・・?)
最初の感想がこれなのもナンですが、とにかくほっとしました。
今回は妹は仕事でカシマには来ずテレビ観戦もできなかった模様(それ
でよかった!?)。
埼玉某市まで赤い方々と一緒に帰ってくるのがイヤだったので試合後鹿
嶋市内にお泊りしてWBC日韓戦をのんびりとテレビ観戦してました。
まさかのコールドゲームとはねー。
星野采配はなんだったのだと叩かれるとしたら気の毒な気もしますが。






今回はメインの私の席の周囲でレッズサポを見かけなかったし、もしかし
てSOCIOゴールドメンバーが少し増えたんでしょうか? だとしたらめでたい
話だー。
個人的には近年稀に見る穏やかに観戦できたレッズ戦と言えますね。
でもでも。油断は大敵(爆)、これもホームだからね。
最終節アウェイレッズ戦は何があるかわからん。
基本的にはレッズ戦は行かないスタンスは変わらないつもりだけど、最終
節の状況次第ではさすがに考えを変えるかも・・・です(今回も開幕戦ゆえ
例外として出かけたわけですしね)。





ゼロックス・開幕戦と試合をこなし巷の「鹿島磐石」の評価が大きくなるに
つれ正直言って「え・・?」と不安な気持ちがよぎるのは私だけですか・・?
特に、4バックに変えてきたガンバ相手に手こずった(ように見えた)ゼロ
ックス後半とかね。
相手の巧いパス回しから進入され自陣ゴール前で跳ね返すボールがとり
あえず前へ蹴っとけボールでことごとく相手に拾われ、ポゼッションできな
いまま終わった印象が残っているんですよね。
3点リードしてるからあわてて攻める必要がなかったのは確かですが、
ならもっと丁寧につないでボールキープすればいいのにと思ったわけで。
(慎三自身は後半良くなかったとはっきり言ってましたよね)。

レッズ戦は、相手が建て直し始めたばかりで、成熟度が全然違いました
から、あまり参考にならないかもしれない。





それにしても。
先に不安と書いておきながらナンですが、レッズ戦の鹿島の凄みある戦
いぶりには惚れ惚れしました。
カウンターの迫力(ゴール前に5人が走りこんでくるんだから)やノブリン
がレイソルに求めていたこれぞプレッシングサッカーの具現化されてい
る様子にはもうね。
昔ゴール裏住人だった頃、後半右サイド(ゴール裏から向かって左)を
怒涛のオーバーラップで迫りくるナラに「キターーーー!」とよく叫んだも
のですが、一昨日の2点目、ゴール裏の皆同じ思いをしたんだろうな。
あの時ばかりはゴール裏が羨ましかったっす。
それと、試合終了間際右サイドを突破しようとするレッズ選手に猛然と
3名で囲んでボールを奪うなんて--ね。
昨年終盤のリーグ大分戦くらいから、こうしたプレッシングサッカーが
板についてきましたよね。
セレーゾ末期には消えうせていた戦術ですから、感慨深いです。
数年前のマリノスや良い時のノブリンレイソルの寄せの早い戦術を鹿
島がやってのけたんですから(^^)、ホント喜ばしい。
あとは、夏場にあのサッカーができたら素晴らしいのだけど、それは厳
しい・・か。
まあ、守ってくるチームにはポゼッションを多くしてパスサッカーで試合を
進めることになるだろうから、そのときの出来もチェックしたいですね。






喜ばしいといえば。
不安だったモトのボランチが試合が進むにつれフィットして、向こうの本
職2人よりも素晴らしい出来だったこと。
もともと視野が広く散らしができるので、守備のしつこさが出てくれば当
然なんですよね。
しかも自分で持ちあがっていける。これは重要なことですよ。
もちろん、その横にいた青木がいたるところで利きまくっていたからこそ
できたんでしょう。
また、拓也が完全復活してきたのも嬉しい限り。昨年終盤外しまくってい
た頃を思うと、二列目からの飛び出しやシュートのキレ、そしてプレスにも
磨きがかかっています。よっぽどコンディションがいいんでしょうね。
拓也ーー、今年は期待していいよね(^^)。
慎三も相変わらず相手DF陣を振り回すキレのよさを見せてました。
昨年のレッズ戦もゴールこそないけど翻弄しまくっていた印象がありま
す(テレビ観戦でヒロミ氏が絶賛してたっけ・・・)。
2年前までは屈辱のレッズ戦の出来だった彼がここへきてぐっと力を出せ
るようになったのは、ホンモノになった証拠かな?(嬉)。





面白いといっては失礼かな、ダニーロが相変わらずいろいろとやってくれ
て楽しかった。
寝っころがりボール奪取などイバ(あまり試合に入れていないカンジ・・)
のフォローをしまくったりもね。
あとは,ライン際の魔術師ぶりを発揮したり、マルキのFKを背中で受けた
り地を這うヘンテコなCK(二本目は見かねてすぐ誓志がやってきた)やら。
でもねー、緩い横パスだけはやめてほしい。
かっさらわれてはレッズの攻撃を受ける羽目になってましたよ。
あんなのを水原戦でやられた日にゃー心臓がとまるわん。



とにかく、中盤の連携等に不安要素を残しつつもまずは順調にスタート
が切れました。このまままずは行けるところまで行きましょう。
今年は控え・若手が充実してきているので少しずつのターンオーバー
ならこなせそうな予感がします。

もう明後日は水原戦ですか。選手たち大変だなあ。
韓国とはあまり相性が良いとは思えず不安ではあるけれど、自分達の
サッカーを具現化しながらファイトしてきてほしい。
(来週の上海戦は何とかスタジアム観戦予定です)

|

« シーズン開幕の前哨戦---今日はゼロック杯 | トップページ | 普通にサッカーを見ること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/44293000

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕戦無事終了---レッズ戦(A):

« シーズン開幕の前哨戦---今日はゼロック杯 | トップページ | 普通にサッカーを見ること »