« リハビリ兼ねて---清水戦(H) | トップページ | さまざまなおめでとう---大分戦(TV観戦) »

2008年10月19日 (日)

新旧13番対決その2---京都戦(H)

またまたお久しぶりなエントリーです。
相変わらず仕事がたてこむ毎日ですが、10月4日には万博へ
行ってきました。
千里中央の安くて美味い店で宴会したのが収穫でした(え)。
観戦仲間と「来年こそはここで祝勝会をしよう」とか言い合って。
ホント、最近万博で勝てないなあ。薄寒かった2002年が最後か。





今回の対戦は、4月に続き藤ヶ谷負傷退場し苦手と勝手に思って
いる松代が前半途中からイン。
そして、春と同様スコアレスドロー。なんですかね、これ。
まあ、相手の中盤守備に苦しんだり、攻撃が今ひとつワンパターン
だったり。
それでも最後のマルキのシュートが入っていたら勝てたのにと残
念ではあるけど、負けなかったのでヨシとしました。
それにしても、今年は地力のある相手からの勝利が少ない。
6月の名古屋戦@瑞穂くらいじゃなかろうか?
それでも首位にいるということは、ほかのチームがいかに取りこ
ぼしが多いかなんでしょうね。




そして、昨日は京都戦(カシマ)でしたね。
アップで入場するヤナギ&観客の反応が見たくて、早めにスタ
ンドに着席しました。
最初は遠めにヤナギと勇人が区別つきにくくて(ヤナギを0.8掛
けしたのが勇人、雰囲気よく似てますよね)。
と、鹿島ゴール裏から拍手。
そして「あつーしゴー!」から始まるヤナギチャント。
これには度肝を抜かれたし、正直「えーー」と憤ってました。
だってねえ。
アウェイ側ピッチには鹿島が戦力外にした秋田もいるし、ヤナギ
は自分で出て行った選手じゃないか。
これでヤナギが西京極の対戦に続きゴールしちゃったらどうして
くれるのよと。
まあ、選手紹介でのヤナギへの盛大なブーイングを聞き
「彼らなりのケジメだったのかな。まったくどんだけヤナギのことが
好きなんだ」
と苦笑してしまいました。
(結果的にはこのコールでヤナギが動揺したのかも・・・)
そういえば、少し前のサッカーマガジンの大久保&大剛対談で
大剛が
「尊敬している。ちょっと天然だけど」
とヤナギのことを評してましたっけ。君に言われたくない(笑)。
京都でも後輩から慕われているようで安心しました。




そのヤナギをやはり慕い、昨年は控え組で2トップを組んできた
興梠慎三。
この新旧対決はマスコミ的興味だけでなく個人的にも感慨深い
ものでした。
2人の活躍で延長戦を制した天皇杯ホンダFC戦@仙台がつい
最近のことのようです。
先制点での抜け出し方がヤナギそっくりな慎三。こうやって、
13番は引き継がれていくのだなあとしみじみと。





ヤナギは相変わらず動き出しを何度もして捕まえにくかった。
さすがだなあと思わせました。
京都で一番手ごわかったのは田原。
昨年よりさらに成長しましたよね、彼。
岩政との肉弾戦マッチアップはど迫力でした。
2人のマークにあい後ろから前から蹴られていたのはちょっと
可愛そう(爆)だけど、そのくらいしないと彼のポストやああ見え
て機敏な動きにやられるシーンも多かったですから。
伊野波なんて吹っ飛ばされてましたもんね(隆行か)。
足を投げ出しピンポイントであわせたゴールといい、その直前
のオーバーヘッドといい、体がキレてました。
なので、後半田原を下げて富一2トップになり助かりました。
(西野がしたことといえば、ファウル、鹿島DFを助けてくれた)
大剛は普通に右ウィングでがんばってました。CKも全部彼が
蹴るんだね。



若手有望(モトと同級生なテッシーもこの際仲間に入れてあげ
よう)なCBを4枚並べた京都DFラインは相変わらずかなり
強固でした。
となるとアナは水本(爆)。結果、慎三もヤナギも水本のミスを
突いた形でゴール。
久しぶりに見たイバのスーパーオーバーラップや走りこみな
がらの左からのミドルなど、調子よさげでよかった。
(前半はかなり自重気味だったかな)
鹿島で一番調子よかったのは、青木・中後の両ボランチ。
特に中後のインターセプト・ボールの散らしには何度も唸りまし
たよ。やっと、やっと、ひとり立ちできるようになったかな。
伊野波も安心して見ていられました。マークが外れた失点シー
ンは残念だったけど、あれは敵にプレゼントパスした岩政が悪
いのよ。
そうそう、モトの飛び出し・キレも健在でした。



残念だったのは、後半入った拓也がまるで空気だった点。
仕掛けもせずボールをキープするわけでもなく守備も中途半端。
モトとずいぶん水をあけられたのではないか。
早いところ本調子に戻ってくれないと困るんですが。





このまま全勝し続ければ自力優勝につながります。
最大のヤマ場は大分戦。あの地は苦手だものねえ。
今年は大分・札幌とも観戦には行きません(たぶん行けない)。
最後まであきらめずに目の前の対戦をモノにしていけるよう、
気持ちだけは絶やさずにいきたい。











|

« リハビリ兼ねて---清水戦(H) | トップページ | さまざまなおめでとう---大分戦(TV観戦) »

コメント

ケロマキさん、お久しぶりです。昨日の試合は、夜勤に備えて寝てたので、モバイルで結果を知りました。主審の態度が豹変したらしいですがどういうことですか?あと5試合頑張って欲しいです。来週は味スタ行きますので、よろしくお願いします!

投稿: FLYING-V | 2008年10月19日 (日) 15時35分

FLYING-Vさん、こんにちは。ご無沙汰してます。
京都戦主審の松尾氏はですね、かなりアウェイ寄りの判定を特に後半し始めたんですよね。ジャッジが経てしてホーム寄りになりがちなのは割り切れることなんですが、京都戦は逆でしたからね。あ、それでも西野に対しては厳しく取っていたので暴れん坊のイメージがある彼(A3磐田戦ではヤナギを削ってくれたっけ・・、古い話)でもちょっと気の毒になったくらい?
次節が何気に不安だったりします。東京は毎年終盤に優勝争いチームを食う傾向があるんですよね。ここは伊野波の意地をぜひみせてもらいましょう。

投稿: ケロマキ | 2008年10月20日 (月) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/42835679

この記事へのトラックバック一覧です: 新旧13番対決その2---京都戦(H):

« リハビリ兼ねて---清水戦(H) | トップページ | さまざまなおめでとう---大分戦(TV観戦) »