« こだま&ひたちの旅---サテ鹿島東京戦&柏G大阪戦 | トップページ | 新旧鹿島13番の活躍その1---東京V京都戦@味スタ »

2008年7月13日 (日)

女子バレー&ROOKIES@新横浜

9日から女子バレーワールドグランプリファイナルが開催されてます。
なぜこんな話をするかというと、開催地が新横浜の横浜アリーナ、
勤務先のすぐそばで開催されているからなんですけどね。
しかも、TBSタイアップということでROOKIESが応援に来る! との
宣伝につられ、大会初日の9日会社帰りにふらっとアリーナへ行き
日本対キューバ戦に行ってみました。
#今回ほど新横浜勤務でよかったと思ったことはない(笑)。





以前にもここに書いた気がするけど、サッカーにはまる前、子供の
頃から80年代の頃は男子を中心にバレーを結構見てました。
ごひいきは、古くは横田忠義氏@松下電器エースでBIG3の1人。
柔で理想的スポーツ体型の大古誠司氏を認めつつも腕っぷしオン
リーの剛の横田の方がシンパシーを感じたものだった。
プレーは豪快、そして気力・悲壮感が漂う雰囲気が好きで。
ちなみに、野球では野茂はじめとする近鉄の豪快でイケイケ感、サ
ッカーではSBの疾走感や大型ポスト系FWを基本的に好きなあた
り、ほかの競技でも共通した嗜好と自分では思ってます。
その後のバレーでは杉本・三橋・熊田といった富士フィルム選手、
バレーに革命をもたらせた中垣内あたりを応援してました。
(熊田って柏の古賀まー君に似ていた記憶がある)
男子監督植田は現役の頃は硬くて不器用な選手でした、今も同
じ印象ですね。




古い話はともかく、バレーの生観戦は十数年ぶり。
サッカー目線に慣れているせいか、意外に客席とコートが近い
ことに驚く。古の東京体育館は大きかった印象だけどな。
ラリーポイント制・リベロ・ワンタッチ制度の廃止・サーブがネット
インしてもOK等々、昔とずいぶんルールが変わった。
サーブ権はスリルがあったけど試合時間が全然読めなかった
あたりがテレビ局から不満だったんでしょう。
(最終セットのみラリーポイントが一番面白かったけどな)




ルールは激変したにせよバレーの面白さは変わらない。
スリー以内に相手へ返す、ボールをつなぐハラハラ感とリズム。
サーブがとても工夫されたこと、それでも一番大事なのは今も
変わらずサーブレシーブ、セッターの二段トスの処理が重要
とか。
復活栗原(頼もかしい!)の影で大山カナちゃんはどうしたかな。
タイプ的には大山の方が好きなので気になりました。
昔と変わらないキューバの破壊力にも唸りました。
高い打点でストレートに長いスパイクを打たれたら、そりゃ拾
う方は苦労しますわ。





そうそう、ROOKIES面々はバック二階最後段で立ちあがった
ままスティックたたいてずっと応援してましたね。
生若菜・生川藤・生安仁屋が見られてこちらも満足でした。
撮影が押しまくっているというのにみな一生懸命やってるじゃな
いか・・・。さすがに、11日・12日は生徒役は来なかったようで
す(小出君は虫垂炎で入院・・)。
しかし、ROOKIES誰も来なかったイタリア戦だけ勝利というのも
皮肉な話ですネ。

|

« こだま&ひたちの旅---サテ鹿島東京戦&柏G大阪戦 | トップページ | 新旧鹿島13番の活躍その1---東京V京都戦@味スタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/41797158

この記事へのトラックバック一覧です: 女子バレー&ROOKIES@新横浜:

« こだま&ひたちの旅---サテ鹿島東京戦&柏G大阪戦 | トップページ | 新旧鹿島13番の活躍その1---東京V京都戦@味スタ »