« 連戦を乗り切る---磐田戦@エコパ | トップページ | 女子バレー&ROOKIES@新横浜 »

2008年7月 9日 (水)

こだま&ひたちの旅---サテ鹿島東京戦&柏G大阪戦

JOMOカップに鹿島から新井場・岩政・小笠原の3選手が選出さ
れました。
シーズン中に監督オリベイラ自身が自分のところの選手を選ぶ
だなんて選手を疲労させるだけで酷いといった意見も鹿島サポ
にはあるんでしょう、相手はガチンコ韓国だし。
でも、でもですよ。
何より、鹿島以外の選抜チームでイバのプレーが見られること
がイバオタとしてはとても嬉しい。
周りの代表クラスの選手達とどんなプレーをするか、いろんな
意味でさらに一皮剥けるチャンスになるとも思うしね。
磐田戦のオーバーラップなどダイナミックなSBそのものだった。
彼は一昨年のエコパでも同じようなプレーをしていた。っけ。
ひょっとしてエコパが大好きだったりして!?
二川がガンバオフィシャルで嬉しいことを言ってくれてます。
(都筑に触れてないのはどうなん・・・??)(爆)
本人の「監督に恥をかかせたくない」コメントで漢ぶり発揮(^^)。
満男にしたって代表クラスの選手と一緒にやるのは久々で、
どんな中盤になるか楽しみです。
岩政は2月以来の中澤・闘莉王と一緒のプレーで、彼らの良い
ところを盗んでほしい。
あとは鹿サポへのインパクトがでかかった金崎が選出、これも
嬉しい話。彼は将来のA代表10番を背負うべき選手かと。
(香川・大竹らよりもスケールの大きさを感じる)
ということで、昨日SS席を購入してきました。
S席J側はすでに完売とか、早!





そういえば新加入マルシーニョが鹿島に合流しました。
風貌が誰かに似ているんだよなあ・・・、サッカー選手っぽくない。
デフォな体格なのか太ったのかちょっと不明ですが、鹿な知合い
曰く「田中達也っぽいプレースタイル」らしいので、本当はスピー
ドスターなんでしょう。ね、そうだよね、ね。
ブラジル人がJで成功するためにはスピードはかかせないので、
その意味でも期待しています。
FW・2列目どちらもこなしてほしいぞ。






さて、6日のこだま&ひたちの掛け持ち観戦ツアーは何とか体力
を使い果たしつつ敢行。
翌日は終日職場でぼぉっとしてました(とほほ)。
でもひたちなかは予想外に涼しく日立台はにわか雨もありで暑
さがそれほどでもなかったのには救われたかな。




まずはひたちなかのサテ鹿島東京戦。
到着した開始20分前にはメイン席(のみの開放)はかなり埋まっ
ていてどうにかアウェイ側席を確保しました。後程友人2名と合流。
鹿島は伊野波が不出場。
強行出場した清水戦の影響かはたまた相手が東京だから?(爆)。
代わりにCB當間と組んだのはユースの橋本君。
右SB笠井・左SB石神、ボランチに中後・修人、二列目が誓志・ヤ
ス、FWに慎三&竜太の面々にサブが小谷野賢ちゃんとお馴染み
といえばそう言えるメンバー。
#中田を戦力として考えるならこのサテ戦は出るべきだったので
   はとも思うんですけどネ・・・。
東京はというと、茂庭に石川直・赤嶺・川口らバリバリメンバーに
吉村・森本・大竹らユースあがりの将来性ある若手が揃う。
ユース育成等ではやはり東京は地の利があるよなと少し口惜しく
なる。




いきなり橋本君が主審に何か注意されピッチ外へ出てイエロー。
どうやらリストバンドの注意とか?
でもいきなりイエローはないっしょー。
そのすぐ後には橋本君が東京の選手をペナ内で倒したとして
イエロー二枚目で退場。ユースっ子の心のケアが心配だわ・・。
あの主審、確か昨年流経大の試合@たつのこで流大の応援席
選手に「あの主審だと荒れるんだよな」と言われてていた人だと
思う。
茨城の難敵は恩氏だけではないのだ、とほほ。






その後、東京はサイド中心にワンタッチで上手くつないでシュート
まで持っていく連動の良さを見せる。トップと志向は同じみたい。
一方の鹿島は、橋本君が抜け3バックに変更し他はいじらず。
一人少ない分運動量が必要になってくる。
うーん、運動量は前半はそれなりにあったけど、切り替えしなど
が多くスピードあるボール回しがあまりできてない。
最近はトップでも伊野波・青木らはワンタッチが少なくムダに切り
替えしているが、サテも真似することはない、残念な傾向だなと
思っている。





その中でおっと思わせるプレーをしていたのは慎三・當間・修人
・遠藤あたり。
慎三は2人くらいなら囲まれてもうまく抜け出せるし彼らしいスピ
ードで抜けるプレーを多発。ゴールがなかったのが残念。
當間君、彼はCBをうまくこなし、さらには右サイドをスピード豊か
に抜け出す姿が力強かった。
右SBだった笠井君と比べると當間君の方がSBらしいプレーが
できると思うんですわ。
というのも、笠井君は面白いドリブリを見せてはいたけどやっぱ
りプレーが二列目っぽい印象が強い。
修人は(曲芸師的意味ではなく)本来の意味で「上手いなあ」と
思わせるプレーが多かった。
あとは、ダイナミックな展開力あるパスをもっと散らせるようにな
ればもっと良くなると思う。
地味ではあったけどキープ力や緩急をつけていたのは遠藤君。
彼のプレーは奇をてらうところが少なくかつ面白いので結構好き。






CKを中後が珍しくヘッドで決めて追いつくものの、スルーパスを
森本に綺麗に打たれリードされそのまま終了。
今日のメンバーで伊野波がいたら展開も変わったとは思う。
おそらく彼はこのまま五輪には選ばれない(残念・・・)だろうから、
次の水戸戦ではぜひ本領発揮をしてほしい
--って、今からサテ出場を決め込むのはよくないね。
伊野波、中田ことのポジション争い頑張れ。
そういえば、塩田が近くで見てました。地元茨城、流大時代馴染
みのひたちなかなので来たかったのでしょうか。
いやいや、13日の東京戦の偵察に来たに違いない(爆)。






試合が終わり友人に勝田駅まで送ってもらい(感謝です)、フレ
ッシュひたち経由で柏へ。
洞爺湖サミットの影響でコインロッカーが使えずでかい荷物を持
ったまま移動はシンドかった。
キックオフ5分後くらいにメインSS席に着席。



柏ガンバ戦といえば、昨年アウェイでチュンソンがフランサのロ

グスルーパスを受けてゴールしている。
前節レッズ戦の見事な裏抜けからのゴール&カズダンスが鮮烈
な印象を残している彼のゴールをホームでもぜひ!
今日ゴールしたら今度は何パフォかなあ?
---などと期待を大きくして見始めたのだけど、柏はなかなかシュ
ートまでもっていけない。
というか、前半はガンバの出来が素晴らしかった。
特に二川が気の効いたパスやドリブル・シュートなどでキレキレ。
(JOMOカップではイバとのコンビでこんなプレーを多く見たい)
バレーの外しっぷりに助けられる展開だった。
柏は両CBが獅子奮迅の働き。特に祐三は鬼神だった。
出だしミスが少しあったくらいであとはパーフェクトだったのでは
ないかな。これなら五輪代表も---と言いたいけど、反町的には
どうせアウトオブ眼中なんでしょうから(爆)、それならそれで次に
向かうだけだ(伊野波にも言える話)






フランサの復帰は柏的にはとてつもなく大きい。
それを一番わかっているのがチュンソン。
だから、どうしても彼を意識して二人でつなごうとして奪われる
シーンも目立つ。そこで打てというところで打たないなど、悪癖
が見え始める。
最近は代表・柏ともに積極的にシュートを打っているのにー。





といった不満は後半30分過ぎ、フランサの見事な落しからの
左足ボレー炸裂で吹っ飛ぶ。
(藤ヶ谷は弾ききれなかったのか?)
うわーっと喜ぶ私の目の前(主観ね)でチュンソンは腰をおろし
片手を顔につけお祈りポーズ?
え??あれはビスのパフォではないかーー。
鹿島でもビスが何度かやっていたポーズ。でもチュンソンにと
ってはヴェルディ時代のものでしょう。
いいのいいの、ビスやんのパフォをやってくれたんだからね(^^)。
チュンソンはいよいよ柏&U23の顔になった。大きくなっていく
様子に少し淋しさを覚えたりもする。
でも、いつか彼にはA代表エースになってもらいたいと常々願っ
ているのだから、今その過程を順調に歩いているのだと思えれ
ばそれでイイのだ。






フランサはポポとも相性が良さそうに見えた。
Kリーグ時代カポレ@現東京とおそらく役割分担がはっきりして
いた頃とは異なり、出し手・受け手を自在に変えられるあたり、
ポポもはりきっているのではないかな(チュンソンも同じ?)




後半ガンバの足が止まりだしたところをあのゴールでガンバは
力尽きた印象。
しかも、脅威だった二ちゃんを下げてくれ、代わりの倉田・佐々
木らが今ひとつでは、その時点で勝負ありだったろう。
明神・中澤がボールを持つたびに激しいブーイングが起きた。
J2降格と同時にガンバへ移籍した明神に大してはよーーくわ
かる。
でも、中澤はJ2降格直後のキャンプ~前半はキャプテンだっ
たし、ポジションがなくて東京へレンタル移籍したのは柏の事
情だったと思うのだけど。
(かわりに流大3年の鎌田君を強化指定で使いまくっていたし)
そんな事情もあったけど、敵として成長した姿を見せられたら
「なんでそれを柏でやらない?」という思いに至った・・・のなら
理解できないことはないかもしれない。





鹿島サポ的にもガンバを倒した柏には感謝。
単独二位、またバレーにゴールをさせずマルキ得点ランクトッ
プを維持してくれたのだもの。
最近の柏は澤君に大迫君とFW獲得競争でバッティングが多く
ちょっとイヤな感じだけど、リーグ戦も終盤に向けて争う本命に
なりそうな気がしている。
9/20(土)の日立台ではチュンソンゴールするも2-1で鹿島勝利
でお願いしますよぉ・・・。

|

« 連戦を乗り切る---磐田戦@エコパ | トップページ | 女子バレー&ROOKIES@新横浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/41764162

この記事へのトラックバック一覧です: こだま&ひたちの旅---サテ鹿島東京戦&柏G大阪戦:

« 連戦を乗り切る---磐田戦@エコパ | トップページ | 女子バレー&ROOKIES@新横浜 »