« 練習試合流大戦&SOCIOパーティ | トップページ | 鬼門で勝利---名古屋戦@瑞穂 »

2008年6月28日 (土)

名古屋にてグラ戦展望、そして大分戦のことも

今名古屋のホテルです。



昨晩名古屋へ入り桂吉弥独演会へ、そのまま泊まりました。
(フレックスを駆使して4時半の新幹線に飛び乗った次第)
グラ戦前日に名古屋で吉弥さんが見られるぞ(^^)と、チケ発売日
に何とか取れました。
お隣の女性にも「東京からわざわざ、よかったですねえ」と言われ
ましたよ。
「ちりとてちんバブル」(by 吉弥)の今はプラチナチケの模様。
昨晩の演目は「短命」に「三十石」。
短命はちょっと色っぽい描写があるのですが、これがまた巧い
ですねえ。多少エロッぽくとも品があるからね。
そしてひとつひとつの描写の茶々の入れ方も楽しく爆笑しました。
三十石は爆笑演目ではないのだけれど、夜の淀川を下る船内の
様子などが目に浮かぶような生き生きとした様子で、楽しかった。
この方は枕も楽しいんですよね。
3月の上方落語会よりも楽しめました。どんどんスケールが大きく
なっているような (体だけじゃないよ)(笑)。






さて、名古屋戦の話の前に25日の大分戦について少し触れて
おきますか。
とにかくダニーローーーーー! の試合でした。
もうね、先日のSOCIOパーティでお目メまん丸の可愛い笑顔を
見て以来ダニさんブーム到来な私。
後半途中左サイドのイバのスルーパスから抜け出たモト(記憶
不鮮明)のプレーを目にして
「あー、ああいうのはダニが得意なんだからダニ早く出して」
と思った直後モトアウト、ダニインとなったのにはびっくり。


でもなあ。交代はモトではなく拓也かと思ったのですけどね。
試合開始直後からキレキレの動きとシュートの積極性を見せ
かなり前メで3トップに見えるようなプレーを見せていたので、
少々消え気味だった拓也よりよさそうに見えたんですよ。
ま、とにかくその後はダニが得意のヘッドすらしで一得点、
あわやのシーンはダニがゴール前でかきだし防ぐ。
あの動きができるのならね。



全体としては、みな体は結構きれていたように見えたけど、
今ひとつ連携が取れてないのか判断遅めのボールが多かっ
た気がします。このあたり、少しずつよくなっていくと信じたい。
田代は正直相変わらずだったけど、ヒロミの暖かい激励(ニッ
カン)を励みにしてほしい。ヒロミ、いいなあ(そっちか)。
大岩は結局足をやってしまったようで伊野波が岩政と組む。
大分戦はそれなりによかったと思う。その調子で名古屋を
抑えてほしい。
流大戦でとてもよかった慎三はもっと長くプレーを見たかった、
向こうが前俊を出してきたから高円宮杯の対戦よもう一度と
思ったのですけど。
心配なのは、篤人。今ひとつ連携が取れてない印象。
そうだよね、怪我から復帰まもなく代表に行きキャンプ以降の
練習もほとんど参加できてないから。
まあ、試合内容としてはぶっちゃけ今ひとつだったけど、無勝利
記録をとめたことは大きい。とにかくここが出発点だ。




大分については、とにかく金崎のプレーに涎が・・(^^;)。
テレビで見たプレーの印象はシュートがうまくドリブルほかのア
イディアやキレがあると、それだけでも好きな選手だったのです
が、生で見たら上背がありフィジカルが強いので2、3人に囲ま
れてもボールを取られないキープ力がある。これはいい。
ぶっちゃけウチの二列目より迫力もスケールも大きく見えました。
香川君もいいけど来は金崎の方が大成するんじゃないかな。
鹿島に来てくれたらなあ・・・・・(ありえないか)。
鹿島で将来性云々の意味で言ったら遠藤君だと思う。彼は
東洋大戦後ちょっと怪我をしたらしい・・・。早く治してプレーを
見せてね(ひたちなかのサテ東京戦に間に合うかなあ)。





さて、今夜の名古屋戦。
用事がいくつかあるので今夜はメイン席観戦です。
鹿島は大分戦からのメンバー変更はない気がします。
(田代のところを慎三という手もあると思うけど)。
一方向こうは、今年の名古屋を支える直志が出場停止。鹿島
目線で言えばとてつもなくラッキーと思う。
おまけにマギヌンが謹慎処分で不出場とか。
#プレーだけでなく人柄も好きな選手だけに残念なことだけど、
   何か手違いなり事情があるものだと思いたい・・・。
そのかわりに深井が出てきそう。うーん、ここで出てくるか。
でも一番怖いのは小川だと思う。いや、ヨンセンも杉本も玉
ちゃんも----。
やだなー、今の名古屋はホント難敵。しかも満員の苦手瑞穂。
2人いなかろうが強いと思えてしまう相手に正直歩が悪い。
いや、そんなこと言わず当たって砕けろ、あ、砕けちゃいけな
い、とにかく最後まであきらめずに頑張ろう。




そうそう、今夜のROOKIESも目黒川決戦。
原作どおりなら最後まで諦めずに戦うはず。
若菜ーーーー、一緒に頑張ろうね(笑)。

|

« 練習試合流大戦&SOCIOパーティ | トップページ | 鬼門で勝利---名古屋戦@瑞穂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/41669298

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋にてグラ戦展望、そして大分戦のことも:

« 練習試合流大戦&SOCIOパーティ | トップページ | 鬼門で勝利---名古屋戦@瑞穂 »