« 久しぶりの勝利---ACLクルンタイバンク戦(H) | トップページ | 久しぶりのエントリーはこの話題から »

2008年5月15日 (木)

日本平遠征から4日たち

5月1日付で同一事業部内(ついでに同ビル・同フロア)での異動に
なった。
より企画に近いセクションとなり覚えなければいけないことはたくさ
んある。
また新システム立上げ(8月プレ、09年1月本格稼働)に向けて仕事
量が多くなるのは今から目に見えている。
ここで心配になってくるのは、夏のナビ準々決勝や平日開催リーグ
戦、さらに年末の天皇杯(CWCも心配しておいた方が良い?)(^^;)
観戦への影響。
ナビ初戦は今のところ清水が有力だけど、東京が奮起して一位抜
けになり味スタ(国立ならなお可)になったら、一試合は何とかなり
そうなんだけどなあ。







なんて先の話はともかく、ここ数日、新しい部署での仕事に慣れる
のに精一杯でドタバタ過ごしている。
気がつけば前回エントリーから一週間経過してしまったわ。
11日の日本平遠征、はい、行ってきましたよ。沼津港寿司ツアー
のついでに(爆)。
試合のことは、もう忘却の彼方に半分以上飛んだ・・・っぽい。
あ、パルちゃんの「羞恥心」が可愛かったのは覚えてる(^^;)。
それと、前半終了間際田代が左からの味方の鋭いシュートを体
でブロックしていたのは「田代めー」と思ったので覚えてる(爆)。
あのシュートは慎三かと思ったらイバだったのか、イバ、ごめん
よーー。
慎三は結果に結びつくところまではいかなかったけど、少なくと
も鹿島の中では清水にとってはやっかいな存在だった・・・んじゃ
ないかな。
そういえば、レッズ戦以来の久し振りのアウェイゴール裏。後段
最前列はやっぱり見にくくて、後半のシュートシーンはよくわから
ないこと多し。







友人の中はフロンタ戦よりは良かったという声もあったけど、そ
う見えたのは等々力ではマルキ負傷退場までの前半15分とそ
の後の落差が激しすぎて試合後のどんより感が漂ったからじゃ
なかろか。
フロンタの(鹿島右)サイドを突いたスピーディな攻撃力に圧倒
されていたのに比べ日本平では相手に圧倒されたわけでもない
(いや、岡崎は充分に脅威だったけど)のに動けなさ・出来の悪
さ最高潮、いや最悪だった。
疲れが心身ともに貯まりきり、判断が遅い、判断した後は体が
動けないといった様子だった。
正直、あれはプロとして恥ずかしいコンディション・パフォーマン
スだと思うよ(ぼそ)。
マルキが戻るまでは覚悟しているつもりでもショックだった。
いや、日本平でも開始早々の決定的なシュートシーンを田代が
決めていたら流れは変わったかもしれない。
でも、こういう機会を決められないのが今の田代であり、今の
鹿島なんだろうなあ・・・





ただね、帰りの車の中で友人達と話したのだけど、口惜しい気持
ちはそれほどでもなかった。
口惜しい気持ち以前、情けない、そんな心境だ。
ベストコンディションでやらせてあげたかったけど、ACLとのカラミ
というならんなもの最初からわかりきっていたこと。
しかも、シーズン開始2ケ月であの状態は情けない。
というか、監督・フィジコ、もちろん選手自身の責任かと・・。
怪我をしてしまった選手はとても気の毒だと思う。
でも、いつも言っているように全体の2割は怪我することを想定して
の危機管理が、鹿島は強化部含め全くできてないように見える。
---てなことは何度も書いているので、もうやめておきますわ。





唯一の希望の光は青木の存在。
ここまでフル出場、怪我無く疲れもそれほど見せず積極的な
面を見せ続けている彼は、今の鹿島の大黒柱だと思う。
#彼を代表に選ばない岡田監督の選択眼はいったいどう
  なん?(イバもかな・・・)





これで清水戦についてはおしまい(え?)。
ついに明後日柏戦を迎えることになってしまったよーー。
チュンソンは11日のサテ札幌戦で2ゴールしたらしい。
頑張ってるよなあ。
溌剌とした彼を見るのは、個人ファンとしてはとても嬉しいけど、
鹿島サポとしては心臓をえぐられるような思いをしそうで、タマラ
ンなあ・・・。
内容はともかく、カシマスタ不敗記録をここで絶やすわけには絶
対にいかないんだからね。
何が何でも鹿島は勝利をもぎとる! と決意表明して終わる。

|

« 久しぶりの勝利---ACLクルンタイバンク戦(H) | トップページ | 久しぶりのエントリーはこの話題から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/41206449

この記事へのトラックバック一覧です: 日本平遠征から4日たち:

« 久しぶりの勝利---ACLクルンタイバンク戦(H) | トップページ | 久しぶりのエントリーはこの話題から »