« 今に見ていろ---大宮戦(A) | トップページ | 川崎F戦前日に »

2008年4月30日 (水)

ピーカンから始まったハシゴ観戦(日立台&日産)

昨日は、ピーカンの日立台・涼風の日産と掛持ち観戦をしてきま
した。
日立台が予想以上の日差しの強さと暑さだったため、新横浜に
着いた頃には疲れと眠気がピークに。
それでも、いろいろと思うこともあり無理して掛持ちしてよかったと
思いました。



レイソルVSエスパ、マリノスVSジェフ。
どちらも千葉チームが敗戦、その両チームが次節はダービーを
戦うことになってます。両チームとも厳しい状況が続きます。



千葉2チーム、どちらが厳しいかといえば柏の方が厳しいのでは
ないか。
というか、今今の鹿島に似ているような状況といったら鹿島に辛
口かもしれないですが、疲れで動けないところや攻撃の形が作れ
ない様子など、大宮戦の鹿島以上に柏はマイナス面が目立って
しまいました。
また、新人の大津君まで1トップで使うノブリンの頑固な采配は
ダニーロをスタメンで起用するオリヴェイラ采配に似ている。
(ついでに、キタジ投入が遅い点もか)
青山直ちゃんの応対の良さ(安易に外へクリアせず見事にボール
カットを中につなげるようになっていた、成長したよ)もあり大津君
はほとんどボールキープできず苦しかったですね。




ボールをいざ受けると判断が遅くボールを奪われる鈴木達ちゃん。
後半開始から彼に代わって出場し、勝負パスを出せずぐだぐだと
パスを出したあげくカウンターの餌食になってしまう永井(昔の
青木のようだった)。
また、さすがに健太監督は太田の扱いをわかっており、スペース
を与えず彼の生命線の飛び出しを封印していました。
よかったのはアレックスくらいではないか。
判定にいらいらしてドリンクを蹴ってイエローをもらうポポの姿が
昨年のアルセウにかぶる。




一方の千葉。
こちらはもう、とにかく谷澤のきれきれぶりに目を奪われる。
サイドで起点を作り、決定的スルーパスを出し自ら前線でシュー
トも放つ。
数時間前に見た柏に彼がいたらどれだけ攻撃が活性化したかと
つくづく思いました。
千葉は、他の選手達もパス&ゴーができていて、連携は取れて
いるんですよ。
あとは決定力だけ(巻はなぜか不在で新居の1トップでしたが)
守備面では中盤のプレスがあまりなく最終ラインで何とかしよう
とするからかピンチは多くあり実際3失点を食らったわけですが。
攻撃の形が見えているけど結果が出ないあたり、昨年の甲府を
彷彿とさせました。





そうそう、両会場で市船出身選手を多く見ました。
永井・キタジに原一樹!  そして小宮山。
一樹は私が今まで見てきたなかでは一番よいプレーをしていた
かもしれない。
動きやドリブルなど大学出身2トップの片割れ矢島とうまく連携が取
れてました。
矢島は相変わらずスピードとフィジカルの強さ、そしてゴール前に
飛び込む積極性をもち、怖い存在でした。
他にも本田も奮闘していました。
清水の新人獲得ぶりが羨ましくあり。寄せが早く縦の連携ができ
ている清水は手ごわそうです。11日の日本平は鹿島的には厳し
い戦いになるんじゃないだろうか・・・?(怖)。
チュンソンはこのメンバーとやりたかったろうな。
彼の復帰までやはり厳しい戦いが続きそうです。

試合中話をする選手も何組か見ました。
鈴木達に藤本の筑波コンビ(藤本がファウルをし先輩に謝って
いた)、大谷&一樹の千葉同級生(国体で一緒とか?)。
また、谷澤&小宮山のこれまた静学&市船の同学年同士。
鹿島でこの世代にあたるのは、船山&石神。
名古屋の小川ら同級生に負けずぜひとも台頭してほしいもの
だとつくづく思ったのが結論になりまし(笑)。

|

« 今に見ていろ---大宮戦(A) | トップページ | 川崎F戦前日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/41040452

この記事へのトラックバック一覧です: ピーカンから始まったハシゴ観戦(日立台&日産):

« 今に見ていろ---大宮戦(A) | トップページ | 川崎F戦前日に »