« 今日は千葉戦 | トップページ | イバオタ目線で千葉戦を改めて振り返る »

2008年4月 6日 (日)

ヤナギありがとう---千葉戦(H)

4点目の慎三のゴールは感慨深かった。




竜太に負けじと結果を出したことを喜ぶと同時に、思わずヤナ
ギに感謝していた。
慎三の動き・ワンタッチでゴールに入れる姿、あれはまさにヤナ
ギを彷彿とさせた。
真の意味で新13番誕生の瞬間だったと思う。
昨年サブ組でヤナギと2トップを組み続け動き出し・シュートの
打ち方など確実に影響を受けていたのだなあと確信した。
なんだかんだ若手に大きな影響を与えていたのだと改めて思う。



そのヤナギも若手達と居残りシュート練習を続け昨年終盤プレー
が若返ったのが、そのまま今シーズンの好調につながっているの
だと思う。
今日フロンタを沈めたゴールを見るとフィジカルが戻っているよう
な印象。しかも、最後まで押し込もうとする迫力がハンパじゃない。
ヤナギにとっても昨年のサブ組での練習の日々がけっしてムダに
なっていなかったのだ。
ヤナギと慎三、お互いにプラスにした結果が本日の2人のゴール。





とにかくFW4名のゴール揃い踏みだなんて、鹿島じゃありえな
いくらいのこと、とにかく嬉しい。
竜太はポジショニングのよさをまたもや見せ付けた。
田代はフィジカルの強さとミドルを狙う積極性が実を結んだ。
マルキのゴールはストライカーらしい。拓也からパスが来ると
信じての飛び出しもすばらしい。
しかも今日も後半30分過ぎに鬼プレスを難なくやってのける。
あれでは田代もさぼれまい。
ホント、マルキはよくやってくれている。



心配されたダニーロの守備について。
ぎごちないながら一生懸命走り相手寄せて守備していたなあ。
さすがにハーフタイムですでにへばっていたけど、90分戦える
のが証明できただけでも大きい。
攻撃面ではうまく仲間を使っている。特にマルキとの相性は抜
群だった。
そりゃボールを奪われるシーンも多かったけど、及第点をつけ
てあげてよいと思う。



拓也のナイスパスがマルキ・慎三ゴールのアシストを生んだ。
だんだん決定的な仕事ができるようになってきている。
守備面でダニーロの分までかなり走り回っていたのが印象的。
これで調子を取り戻してくれれば・・・。


一方のジェフは、怪我人の影響もありこれがベストメンバーとは
とても思えなかった(谷澤まで怪我なの?)けど、それにしても
他人事ながら心配になる低パフォーマンス。
苔口・馬場が入ってからやや盛り返したものの、やはり鹿島の
タイトな守備の前には厳しかった模様。
そういえば最後のPK。あれはないよなー。
青木が気の毒ではあった。でも気にすることないよ。
次節への戒めと思っておきましょう。




試合前に熊谷スカウトが連れてきた学生がいたのだけど、あれ
が大迫君らしい。後ほど椎本スカウトと合流していた。
可愛らしい顔立ちでそれだけで好印象を持ったよ(笑)。
君みたいなタイプはレッズには似合わんよ、うん。
#FW全員のゴールに何を思う・・・?



試合前といえば、私は見損ねたのだけどイバが千葉ベンチに
やってきてクゼ監督に握手を求めたらしい。
スポニチ紙面によると97年イバがガンバユース時代にトップに
あげたのがクゼ監督だったとか。
10年前のイバ、・・・・やんちゃだったろうなー(笑)。
イナと2人で犬ころのようにじゃれあっていたイメージがある。
これは当時のサッカーai情報ですけどね。
あの頃はイバが鹿島に来ることになるとは思いもしなかったよ。



慎三・竜太・中後らをはじめ若手達は明日はサテ草津戦に
出場する予定だそうで。
行きたかったのだけど叔母の一回忌があり観戦できません。
明日もさらに結果にこだわって皆頑張ってきてほしいものだ。

|

« 今日は千葉戦 | トップページ | イバオタ目線で千葉戦を改めて振り返る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/40781759

この記事へのトラックバック一覧です: ヤナギありがとう---千葉戦(H):

« 今日は千葉戦 | トップページ | イバオタ目線で千葉戦を改めて振り返る »