« 代表戦を押しのけて奈良旅行話 | トップページ | 雨を制する---マリノス戦 »

2008年3月28日 (金)

ちょっと久し振りなU23---アンゴラ戦@国立

昨年11月サウジ戦でハードな試合をスコアレスドローで乗り切り
劇的に五輪出場を果たして以来少し久し振りなU23代表。
場所は同じ国立。
アンゴラ相手に今回のメンバーがどんな戦いをするかちょっと楽
しみではありました(前日のしょぼいA代表戦を見ただけにねー)。
試合前の報道はアフリカンフィジカルには歩が悪いだろうとか守
備重視等でどうなるか心配もあったのだけど。
今回は代表戦をいつも一緒に見る友人達が来られなかったので
一人でバック1F中央下段にてじっくり観戦してました。
目線の先はどうしても伊野波・チュンソン中心、感想も同じくです。





試合前セレモニーで伊野波がキャプテンと知る。
水本の前はこのチームでは確かに彼がキャプテンやってました。
試合中指示しまくる姿など普通に頼もしく見えたな。
アンゴラはお疲れからかプレスが緩く日本が押し気味でした。




というか。
青い伊野波ってまだ鹿島の選手だとはピンと来なかったけど、一
挙一動・プレーを見ているうちに徐々にうちの子なんだという思い
が強くなってきましたよ。
3バックの真中で右青山直ちゃん・左森重らとの連携を取りうまく
カバーリングしていました。
正確なロングフィードから慎三や岡崎へ決定機を演出。このあた
り良かった。鹿島でもCBの位置からのフィードを見たい(ぼそ)。






なので、失点シーンは右サイドをぶっちぎられ(長友?)その後
青山直ちゃんと2人でコースは消したものの最後は押し込まれま
した。あれは残念だ・・・。
あそこでファウルなしにタイトな守備ができるかどうかが今後の
課題でしょうかね。
後半終盤右にポジション替えてからは結構サイドをあがり攻撃
に絡んでいたのは良かったんじゃないかな。確かにポリバレント
な選手だわ。
#身内ゆえ庇いたくなってきた、これでイノも無事鹿島選手(^^;)。





ただ、プレーヤーとしてはやっぱり青木とかぶる。
青木も本職じゃないCBをやっていた頃はずいぶんとやらかした。
その青木がいまやJトップクラスのボランチに成長したんだから、
伊野波も青木目指して頑張れ。
でも鹿島でレギュラーを取るのはCBが一番だと思う。剛ちゃんか
らたくさん盗めよー。





次。ほぼフル出場だったチュンソン。
チュンソンのナイスヒールパスを慎三が外してアシストならず。
ホントごめんよーー。慎三に代わって謝りますわ(爆)。
昨年フランサと組んで慣れないトップ下をやってきたことはけっし
てムダにはなってないと思う。
豊田を1トップ気味にして下がり目の位置で、サイドのカバーをし
たり抜け出してはスペースへスルーパスを連発し決定機を作った
り、わかってくれる人は少なそうだけどトップ下として頑張ってた。
柏サポでも
「フランサのコピーになるな、泥臭く決めろ」と言う人が多いけど、
実はパスセンスが結構あるんですよね。
こうなったらパスで周囲を生かすトップ下を極めちゃえって個人
的には思ったりもする(好き勝手言ってますが)。
前方のスペースへの抜け出しを再三試みていたのだけど、残
念ながらボールがあまり来ず。イノ、見てやってちょうだいね。
昨年のフランサと組んだプレーが実を結びつつあるというか。
#そんなチュンソンを見つつチュンソンを生かしてくれた家長の
   存在が恋しかったのは私だけか・・・?
見ていないナビスコ千葉戦のチュンソンの出来が悪いとネット
で見ていたので心配したけど、こういうプレーならいけると思う。
あとは大津君とのコンビ次第ですかね。

さて、後半交代一番手で出てきた慎三。
あのシュートを決められなかったのはとても痛かった。
まあ、チュンソンの速いパスに反応できたのは良かったけど。
ただ、気になったのは後から出てきた香川とかぶっていたよう
な気がしないでも・・・。
まだまだ本調子にはなっていないけど、総力戦になりそうなマリ
ノス戦ではぜひ爆発を。




香川についてはですね、ナマでちゃんとプレーを見たのは2度め、
こんなにできる選手とは初めて認識しました。
なにせ2年前のSBS杯では、篤人のかわりに右SBをやっていた
ので、普通な選手にしか見えませんでした。
二列目でサイドを突くプレーやパスに大きな可能性を感じます。



豊田・長友らも持ち味を発揮してました。
長友は、疲れからか精彩を欠いている篤人のよきライバルになり
そう。(前から思っていたけど雰囲気がナラだ)
豊田といえば三年前の「へい!byモト」退場試合@瑞穂でぶっち
ぎられゴールされた苦い記憶が。
大型なのに確かにスピードがあるんですよね。
前線が活性化しそうで楽しみです。




あたりまえな話ではあるけれど、A代表バーレーン戦の迷走は3
バックだからではなく、4-3-3から突然の3-5-2への変更
&馬鹿の一つ覚えロングボール戦術変更が招いたことかと。
げんに、U23は過去何度かやってきた3バックでうまくボールを
まわせていたわけですからね。
慎三が外した直前の速いパス回しには新しい可能性を感じます。
ちょっと心配なのは、U23が3バックになったら篤人のポジション
あるかと。Aでも慣れない3バックで迷ったあげくベンチ外になっ
てしまったくらいなので。そこは篤人の精進次第でしょうね。




選手お試しはこの試合で終了でしょう。
5月のトゥーロン関連の遠征ではさすがにメンバーを固めないと。
その時には伊野波・チュンソン・慎三・篤人ら皆選ばれてほしい
けど、どうなるでしょうか。
(時期がかぶるW杯予選では駒野・加地君でもういいでしょ、篤人
はU23世代で切磋琢磨させてほしい)

|

« 代表戦を押しのけて奈良旅行話 | トップページ | 雨を制する---マリノス戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/40662505

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと久し振りなU23---アンゴラ戦@国立:

« 代表戦を押しのけて奈良旅行話 | トップページ | 雨を制する---マリノス戦 »