« 暫定首位&暫定得点王を愛でる | トップページ | ヒロミ氏、青木を語る »

2008年3月10日 (月)

イバネタ、そして日立台開幕

第一節が終了、鹿島首位&イバ得点王が確定しました(^^)。



それにしても携帯エルゴラインタビュー、イバ節炸裂しっぱなし
でノリノリじゃないですか、こっちも爆笑しましたよ。
もっぱらつっこみ役でつっこまれるのは苦手のようで(笑)。
本日の紙面では全貌は表現されてません(笑)。有料サイトゆえ
内容には触れません。興味ある方は登録してみてくださいな。
そういえば、マンオブザYASUTOで本田&イバのトーク(なぜか
こっちが緊張したりして・・汗??)後ヒロミ登場姿に思わず吹
いたイバ。
気持ちはわかるわー。
出てくるだけでなぜか笑いが取れるのはヒロミの人徳か天性の
センスか。





と、札幌戦について喜んでますが、正直、怪我人続出の札幌
とは地力差があったのは否めないとは思います。
それでも、札幌は前半高いラインで前線からのチェックを含め
きついプレスを仕掛けボールを奪うことも結構多く「鹿島がやる
べきことを札幌が・・・」とは正直思いました。
オフサイドも狙ってとってましたよね。
思い出したのは一昨年までの大宮、これは同じ三浦監督だか
ら当然ですが、柱谷兄監督がJ1時代の京都もカシマの試合で
は同じようにラインが高いプレスを仕掛けていたのをふと思い
出しました。あの時の京都も私好みではあったっけ・・・。




しかし、徐々に対応できていったのは鹿島がチームとして進歩
していると素直に賞賛したい。
前半少なかったサイドアタックを多用し、結果的にそれを勝利
につなげました。このあたりは頼もしいですね。
後半は鹿島のプレスもきっちりかかるようになり、ダビにボー
ルを出させませんでした。
今の鹿島は「全員守備全員攻撃」をモットーにしていると思い
ます。
2年前のマリノスとのホーム開幕戦で、マリノスの早い寄せに
完膚なきまでやられ大敗した頃を思い出すと、よくぞここまで・・
と感慨深い心境にもなります。
そのマリノスとは3月末に対戦。
レッズとの開幕戦は見てないですがレッズを破った勢いがどこ
までくるか。
今の鹿島がどこまで力を発揮できるか。武者震いがするという
か、かかってこいやといった心境です。



フロンタはヴェルディに引分けですか。3トップが機能するの
は至難の業なんですかね。
スミマセン、見てないので勝手言ってます。
噂ではヴェルディの中盤が結構良かったとか。
福西・広山が復活しディエゴが昨年後半の活躍をしたら・・・、
やっぱり怖いですね。次節、心してかからないと。
#ハイライトで見たディエゴが柏時代以上に頬がすっきりして
   いました。彼自身も今年J1で勝負する気なんでしょう。
 



さてさて前置きが長くなりましたが、日立台の開幕戦VS磐田
にも行ってきました。
メインホーム側なのに、お隣り2名は明らかに磐田サポ。
なぜそんな席を買ってしまったんだろう?
彼らだけが水色、それ以外ホーム側はまっ黄色、ついでに
バックはほぼ全面黄色でした。
椅子の上の黄色いパネルがこれまた鮮やかで。
入場時の人文字、メインからは「柏バカ一代」とちゃんと読め
ました。




驚いたのはチュンソンのオレンジなスパイク。
あれってマルキとおそろい?  玉ちゃんも同じようなスパイクを
穿いていたみたいだし、FW御用達スパイクなのかしらん。
観客にとっては見分けがつけやすくて素直にありがたい。




開幕戦お馴染みの柏ゴール裏の花輪。昨年はブッシュ。
で、今年は「オバマ氏」そして「ジミー時田執念の開幕」(笑)。
そうきたか。
黄だるまは柏オフィシャル仕様として、米俵はなんだ?(笑)
対する磐田サポも珍しく開始40分以上前から延々と歌い続け
ていました。今シーズンへの意気込みの表れと解釈しておこう。




磐田はFWに萬代+ジウシーニョの新メンバー。
前田・カレンともに怪我ですか、厳しいね。
#そのわりに、ベンチには中山、山崎はベンチ外とFWの人数
は鹿島より多いじゃないの(ぶつぶつ)。
対する柏はチュンソンの1トップにポポのトップ下。
五輪候補FW対決になりました。



柏は、ちばぎんに比べたらプレス&早いボール回しがうまくい
っていた印象です。
特に、出だしの激しいプレス&攻撃への切替の早さは昨年の
開幕戦なみじゃないでしょうか。
先制点の太田は飛び出しが巧くなりましたね。
いつものように飛び出すヨシカツの裏を見事についてました。



巧くなったといえば後半終盤に登場した鈴木達ちゃんの足元。
後ろのサポが「筑波の頃から飛躍的に巧くなったなー」と感心
してました。
確かに、西が丘で見た頃と比べたらもの凄く成長しました、彼。
それと、ポポの運動量・シュート力・パスセンス。
ダニーロもこのくらいになってくれたら・・・(涙)。
シュート力だけは同じくらいあるとは思うんだけどな(ぼそ)。
もう一人の注目、茂原。キープというのか球離れが悪いという
のか。
ちょっとコネ気味だったのが、後半ノブリンの指示で明らかに
ワンタッチ多用に変わりました。できるんじゃないの。
ボランチ起用で守備に追われている面もあり甲府時代の怖さ
はまだまだですが、そのうち片鱗を見せてくれるでしょう。
#ボランチなら、この日の茂ちゃんより前育一年後輩の青木
   の方が断然良かった。




贔屓目からかチュンソンのポスト・足元も巧くなったなあと感動
してました。
ポポの二点目の直前のスルーはセンスを感じるし、ものすごく
巧くつなぐんですよ。充分起点になってました。
昨年のフランサエピゴーネン時代から一歩脱却した印象。
正直、前日に見た田代より巧かった。
前半オフサイドになった惜しいシュートなど、ダイレクトで飛び
込むFWらしさも見せてくれた。
まあ、ポポとの役割分担からか後半チュンソンにシュートが少
なくなったあたりが今後の課題かな。



それと、ミノルの前後走る運動量はチュンソンでなくとも感動
しましたよ(^^)。
また、大谷がフィード・スルーパスのセンスを見せました。
#さすが、入団時エドゥが誉めただけのことはありますね。




フランサ・アレックスがメンバー入りするようになったら、一体
どういう構成でいくんでしょうね。
なんだかんだ、今年の柏は昨年以上に台風の目になりそう
な気がします。



一方の磐田。
注目の2トップ、シウジーニョはかっかして結局退場、一方の
萬代は高さは古賀まー君に勝つシーンも結構あったのだけど
今ひとつボールがつなげなかったかなあ。
それと、前日のヤナギのようなどっかん外しもあり。
いくらヤナギを尊敬するからってそんなところは真似せんで
いいよ(爆)。
前田・カレンが復帰するまでは正念場かもしれませんね。

|

« 暫定首位&暫定得点王を愛でる | トップページ | ヒロミ氏、青木を語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/40451859

この記事へのトラックバック一覧です: イバネタ、そして日立台開幕:

« 暫定首位&暫定得点王を愛でる | トップページ | ヒロミ氏、青木を語る »