« 相性悪いゼロックス杯 | トップページ | 頼もしい力---札幌戦 »

2008年3月 4日 (火)

あれから3日たち

ゼロックス杯より3日経過。報道・ネット等いくつかは見ました。




このラモスの発言
おっしゃってることは、まあごもっともではある。
前エントリーで書いた通り鹿島がもう一点取ってれば済んだ話。
でもね、あなたは一昨年の国立で大ちゃん@仙台が二度PK蹴り
直しさせられたあげく疑惑といわれた判定の結果勝利したヴェル

ディの監督だったじゃないか。
あなたには言われたくない気分だ(ぼそ)。
#あの試合は、PKがなくともヴェルディが勝利したとは思うが。




ソガのPKやり直しについては、今日のサカマガ武智さんの
「この基準が今年最後まで守らなければ曽ケ端は生贄になる」
が代弁してくださったと思います。
今年のPK時GKの基準はあれなんですね、JFA。
よく覚えておきますよ。




前エントリーで書いた
①鹿島のパフォーマンス
②家本の審判ぶり
③飛び降りた鹿島サポ
それぞれ、スタンスは基本的に変わらないです。



ただね。
blogerさんではなく鹿島系サイトで、ピッチ飛び降りの件が「悪い
ことだが容認せざるを得ない」的ニュアンスが多かったのには
正直がっかりしました。




前回も書いたように、あれは初めてじゃないんですよ。
「何かあれば、負けたら、飛び降りる」が常習化しているんですよ。
逆に、常習化してしまっているから「理由は何であれルールを守ら
ないのは言語道断」というのがゴール裏全体の共通認識にならな
くなってしまったんでしょうか。



ああいう行為は客観的には思いきり敵を叩く材料になりえます。
私自身レッズサポがナビ決勝で勝利後飛び降りた時や仙台サポ
が上で書いた国立のヴェルディ戦で飛び降りたときは叩きました。
なぜ、敵に隙、エサを与えてしまうんですかね。
こちらに落ち度があっては家本を批判したくとも矛先が変わって
しまうではないですか。
「ああしなければ協会には伝わらない」という意見を目にしました。
いえ、今回のことで「鹿島は何かあればすぐピッチに飛び降りる」と
協会・マスコミ・他チームサポから先入観をさらにもたれてしまい、
説得力は残念ながらより欠けてしまいました。
しかも、全国放送で鹿島サポのイメージダウンになってしまった。
こういうところを冷静にコントロールできる賢さを持ったリーダー気
質の人がゴール裏には必要なのではないでしょうかね。
#球団の処分・ゴール裏の反省がこのままないなら、アウェイの
   ゴール裏観戦は考えなおしたい・・・。




鹿島サポはたぶん誰もが今回のことで忸怩たる思いを持ってます。
でも、だからこそ前向きに、かつ謙虚にいきましょうよ。




実はですね、昨晩ぴあトークバトルに行ってきました。
(サッカーミュージアム--ってJFA本拠地じゃないの。上のフロアへ
突入して家本のことを問い詰めたい心境にもなった)(^^;)。
ヒロミ氏のコメントを聞きたくて行ったわけですが、チョンテセ・徳
永・小宮山のトークを聞いてきました。
そこで、テセ・徳永らは「強いチームと対戦するのが楽しみ」と言って
いたのですが、強いチームとはレッズ・ガンバのことでアントラーズ
の名前は残念ながら出ませんでした。
レッズ御用マスコミが言うならともかく対戦相手の彼らがそういう
認識なのは、彼らにとっては鹿島がまだそれほど怖さがないと判断
されたと、ここは素直に認めなければいけないと思いました。
テセは「天皇杯は口惜しかった」とは言ってましたけどね。
しかし、テセはトークもしっかりと巧く気持ちの強さはチュンソンに
通じるものを持っていて、気持ちの良い選手でした。



対戦相手から文句無く強いチームと言われるようになりたい。
口惜しいけど、心底思いました。

|

« 相性悪いゼロックス杯 | トップページ | 頼もしい力---札幌戦 »

コメント

こんばんわ
ゼロックス杯、私は、仕事でテレビでも
見れませんでした・・・・
だけど、やはり、鹿系サイトで何人かが
ピッチに降りて揉めたと知った時
すごく、腹たちました!
中、高生のガキじゃあるまいし
なに、やってるんだろうと
そうゆう、行為のせいで、他の鹿サポも
そういう、目でみられるのが辛いです・・・・

投稿: メタボ | 2008年3月 5日 (水) 19時49分

メタボさん、こんにちは。ようこそいらっしゃいました。
ゼロックス杯の審判については昨日審判委員会主催のメディア向け判定基準講習会があったようですね。(FootballWeeklyメールマガジンのレポで知りました)
その説明については、納得いくものいかないものとあります。青木が原因となったPKの解釈だけは、うーーーーん・・・。
さて、鹿島サポの飛び降りの件は、とにかく球団の対応を待つことにしました。
さすがに、これだけ注目された試合で前年チャンピオンチームがああいった事態をなあなあにするとは、普通はありえないしあっちゃいけないでしょう。チャンピオンチームの資格がないとどこぞから仮に言われたとしても反論できませんネ・・・。
サポは、謙虚に前向きにいきましょう。

投稿: ケロマキ | 2008年3月 6日 (木) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/40369960

この記事へのトラックバック一覧です: あれから3日たち:

« 相性悪いゼロックス杯 | トップページ | 頼もしい力---札幌戦 »