« ちょっと久し振りなU23---アンゴラ戦@国立 | トップページ | 今夜は新潟アウェイ戦 »

2008年3月31日 (月)

雨を制する---マリノス戦

ここ数年、マリノス戦といえば雨。
そして、ホームでは久しく勝てていない。
このイヤな連続を今回こそは絶ちきってこそ優勝候補にふさわしい
はずと試合前の不安を強い気持ちで消すんだと言い聞かせつつス
タジアムに向かった。





今年のSOCIO席はメイン1F最後段、なのに雨に濡れちゃう。
どんな屋根なんだ(爆)。
前半途中でガマンできなくなりゴムの匂いを放つSOCIO特典新ポ
ンチョを着込んでみた。雨を吸うとより重くなるのよね、これ・・・。





開始早々中盤のガチンコ対決。
でも、雨の影響かマリノスにミスが目立ち出だしは鹿島の方がう
まくボールを運べていた気がする。
気になったのは序盤両SBの位置が低めだったこと。
小宮山・ハユマの両WGを気にしていたんだろうか。
とはいえ、やはり今の鹿島は左サイドが攻撃の起点。
イバがするっとあがり低めのいいクロスを田代に送るが、田代は
処理を誤りボールい触れず。あー、あれが決まっていたら・・・・。




マルキの先制点は、その直前までペナ付近まではいけどシュート
までもっていけずいらっとし始めた時だっただけに値千金だった。
満男の落としも巧かったね。
カウンターを食らわないためにも遠めでもまず打つことが大事よ。
(青木が後半打ったシュートも枠は捉えられなかったけどイイカン
ジではあった)
あそこから蹴れるマルキのキック力もたいしたものだと改めて思う。




しかし、やはりマリノスの守備は堅い。
何度かいいところまでもっていきつつ最後は撥ね退けられる。
田代は、面白いヘッドがあったにせよマリノス守備陣にほぼ完敗だ
ったのは残念。
完敗といえば篤人も何もできていなかった気がする。
ぼっと目の前の敵にパスを出してはかっさわれ戻ること多く。
小宮山に決められたシーンでも、もっとタイトにマークしてほしかっ
たけどきれいにかわされたあとの守備がすかすかだった。
足を痛めた様にも見えたが、伊野波との交代は小宮山ら鹿島右
サイドのケアが目的だったようだ。
(その直前に剛ちゃんが足を痛めていたのでそちらとの交代かと思
ったら違っていた)




実際、坂田に抜けられそうになったところを伊野波はうまくタックル
して難を逃れた。
昨年から貯まった篤人の疲れは相当だけど、伊野波も3日前国立
でフル出場だったのだ。
その点でも伊野波はオリベイラの期待に充分応えていると思う。
第一戦はCB、第二戦はボランチ、第三戦は右SB。かつての青木
のようじゃないですか。次はどうもミスが出始めた剛ちゃんのかわ
りにCBでスタメンを狙え・・・。
ともかく篤人は一度休ませた方が良いと思う。外から試合を見る
のも大事なことじゃないかな。




また、特に拓也の判断の遅さやパスミスが気になる。
その分守備には貢献していたのだけど。
(山瀬がボランチというのにも助けられた気がする)
世間では磐石な中盤と言われているけど、拓也はまだまだ調子
の波が大きい。
まあ、それだけマリノスの守備がタイトだったということかな。





ハードな試合となると青木が俄然輝く。
何本ボールを奪取し走りカバーしまくっていたか。ホント、使い減
りのしない選手。
岡ちゃん、青木なら代表と兼ねても疲労しないと思うよ---
いや、今の代表では青木もつぶれてしまいそう・・・(ガクブル)。




マルキが得たPK(足を刈られスプレーで治療を受けていたのが
気になる。好事魔多しになりませんように)を満男が外す。
チームとしてリーグ3本目の失敗。いったいいつ決まるんだ・・・。



終盤に逆転された過去の記憶が蘇るものの、そんな心配は最
後に登場した真打ダニーロにより打ち消された。
登場時の歓声の大きさからして観客の期待の大きさがわかる。
昨年を思い出せばもうこれだけでも感涙ものだわ。
いきなり左サイドから見事なクロスを上げる。
そして、終盤にはイバがするっとあがり左からマルキへ低いパ
ス、それを中沢がクリアし損ねダニーロがうまく
トラップし左足で一振り、見事に榎本の股間を抜きゴール。
もう、毎試合ダニーロのスーパーサブぶりが見られるだなんて、
何て嬉しいんだ!
ダニーロがゴール前にずざー、そのうえにイバが乗っかりあと
は人間ミルフィーユ状態に(笑)。
試合後バスの関係ですぐ席をたったためダニーロがゴール裏
にあがりオブラディを踊ったのを見られず残念。
録画で見るとかなり長いことゴール裏にいたのね)(^^)。





そして、イバの活躍も嬉しい。
なにせ二年前はハユマに完敗し3-0大敗の主犯だったのだもの。
今回はハユマに完勝といっていいと思う。
#裏に出たボールの処理を誤りカバーした青木に注文されていた
   シーンはご愛嬌(^^;)。
やはり屈辱を闘志に変えてこそ成長するというわけでしょう。
しかし、相変わらず審判には目をつけられますなあ。
相変わらずタックルは流しまくる穴沢主審。そのくせ遅延には厳
しかった。イバのスローイン時ボール拭き拭きは雨の日の風物詩
ではある。あれを遅延と取るなら最初に行ったときに注意してほし
かったよ。



そうそう、ソガのボールをいったん下にセットしてから取るいつも
のえぐいプレー、あれも必要以上にやると見ている私までいらい
らする。あれでカードをもらったらどうするつもりなんだろう。
あれはやめてほしい。
あれが好きだという鹿島サポもいるけど、私はあれをやっている
ソガは好きにはなれないのだ。



これでチームは3連勝。
試合前のモトのコメントで「今週は厳しいトレーニングをした」と
言うのを見かけたけど、これって9連戦の頭にコンディションを
落として徐々にあげていくためのものなのだろうか?
いや、ぜひそうあってほしい。
激戦の4月は新潟戦から始まる。
厳しい試合を勝った力を自信に変え、しかし課題は見逃さずに
常に話し合っていこう。

|

« ちょっと久し振りなU23---アンゴラ戦@国立 | トップページ | 今夜は新潟アウェイ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/40698733

この記事へのトラックバック一覧です: 雨を制する---マリノス戦:

« ちょっと久し振りなU23---アンゴラ戦@国立 | トップページ | 今夜は新潟アウェイ戦 »