« ヒロミ氏、青木を語る | トップページ | 第二節第一日目雑感 »

2008年3月13日 (木)

ACL予選初戦勝利

バンコクに行かれた選手達・監督・スタッフ・サポーター他の皆さん、
遠征、お疲れ様でした。
酷暑だったのはマルキの縛ったヘアがぺったんこだった(^^;)のを
見てもよーーーーくわかりました。
そんな中「選手達と同じ日差しを受ける」との気持ちから鹿島サポ
達はあえてバックスタンドに陣取って応援していたと(J'SGOAL)。
凄い、凄すぎます。頭が下がりますわ。
ホント申し訳ありませんがヘタレ&暑さに弱い私にはできましぇん・・。
全員の思いが結集し、9-1(失点は余計だが)の大勝となりました。






昨日は会社を17時過ぎに抜け出し新横浜のネットカフェへ。
(都内のサッカーバーは半分近く見られないので断念)
ネット観戦をしようとあれこれ試みたのですがうまくいかず、結局
某巨大掲示板の実況スレッドを追っかけてました。
一方のガンバチョンブリ戦はそのままカフェで見ました。
#BS朝日は自宅でも視聴可能だけど、次のアウェイ北京国安戦
   のキックオフ時間次第ではテレ朝チャンネルも契約しようかな。





この日のガンバは、セレーゾ後期の鹿島のようで、単調なテンポ
の足元サッカーが目立った気がしました。
動き出す選手がいなくてスピードアップする場面も少なくて。
連携が取れてないから相手も見破やすいような。
それでも、個の力に勝るガンバのこと、シュートを多く打つものの
チョンブリの守備ブロックが見事で点の入る気がしませんでした。
後半山崎・安田が入って攻勢に出たとはいえ結局不発のまま。
いったいどうしちゃったん?  代表組のコンディションが悪のか?




それと、ルーカスは本来はもっとうまく機能して巧い選手と思うの
に、何だか気の毒でした。
ヘンに気を使っている様子がありありと見えた。
その彼の執念で引分けに持ち込んだのは良かったと思うけど。






で、帰宅後はBS朝日の中継を見ましたよ。
省エネサッカーとはいえ、中盤の連動性は変わらずできてました。
人工芝のバウンドに苦しんだ(特に田代?)様子はあっても、皆
きちんと仕事をこなしていたように見えました。
まあ、相手のレベル(特にGK)がレベルで鹿島が素晴らしい出来
だった訳でもない。
それでも、きっちり取れるときに点を取りつづけたところに選手達
の意思を感じる。
セットプレーで点が取れる強みはこういう時に役立ちますね。
どうせなら99年ACC予選@ひたちなかのバレンシア戦の16点を
抜いてほしかったかな(笑)。
あの時は隆行がハットして(^^)、その勢いが負傷長谷川に変わり
途中出場した柏とのナビ決勝の活躍につながった。




マルキの3点目、あれはチュンソンが理想と言っていた
「シュートを打たずにゲットするゴール」
でしたね。
チュンソンも昨年アウェイ新潟戦で同じようなゴールがあった。
ああいうのも、FWとしてはやってみたいことなのかしらね。





その他、箇条書きの感想。
・今鹿島ではループが流行中(笑)。
・竜太のポジショニングと動き直し天性? 凄い。
・田代があまりにイケメンで逆にちょっと気持ち悪い(ゴメン)
・笠井君のミスをカバーする青木がますます頼もしい
・ソガのミスフィードが多かったのはボールのせい? 何とかして。
・岩政、ゴールの前にまずは失点を反省してくれぃ。

なんてところかな。




チームは今朝には帰国、ヴェルディ戦に備え準備するようです。
徐々に徐々に疲れは貯まるでしょうけど、とにかくコンディション
調整を万全にできる体制をオリヴェイラはじめ考えているよう
なので、そのへんは信頼していきたいと思います。
とにかく、皆よくやったぞ。

|

« ヒロミ氏、青木を語る | トップページ | 第二節第一日目雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/40487000

この記事へのトラックバック一覧です: ACL予選初戦勝利:

« ヒロミ氏、青木を語る | トップページ | 第二節第一日目雑感 »