« ヴェルディ戦@味スタ | トップページ | おまえは本当に美しい »

2008年3月20日 (木)

最後は体力---ACLナムディン戦

出先から早めに直帰、東京駅17時発高速バスに乗り潮来から
はタクシー飛ばしてキックオフ直前にスタジアム入り、何とか90
分見られました。
いやー、無理やり行ってよかった。




前半開始早々、5(実質6)バックでゴール前を固める相手の中央
の狭いところをつなごうとしてはボールを奪われることしばしば。
受け手と出し手の意図があわなかったりもしていて。
イバが再三前方へフリーで駆け上がっているのにパスが来ない
ことも多かった気がする。疲れからかみな視野が狭い・・・?
特に拓也のミスが目立つ。弱いパスをカットされ続ける。



そんなとき、マルキからの後方のパスをトラップしたモトがそのまま
前方へ蹴りだすシュートを放つ。見事にドライブがかかりゴール!
ゴール前を固められたらこうすればというお手本のようなアイディア。
実際にゴールしてしまうところはさすがモト。
これでだいぶリラックスできたと思う。




最近の鹿島は前半の課題をハーフタイムに一気に確認・調整し
後半一気に立て直すことが多いので、今日も大丈夫とは思って
いたけど。



後半はサイドをうまく使い、うまくボールが回り始め、あとは着実に
ゴールを重ねる。
モトの二点目は見事(マルキがうまくブラインドになってくれた?)
前半ぱっとしなかった拓也がやっと輝き始める。
トラップミスばかりだった田代も交代直前にやっとヘッドでゴール。
(決めたから交代したというか)




それにしても、イバ・青木・マルキの元気は一体なに?(笑)。
あれだけ走れていきいきしている3人を見ていると、最後は体力、
身も蓋も無いっちゃーそうだけど、大事なことだぞ。




イバのオーバーラップのタイミングが今年ぐっと良くなった。
長い距離だけでなく短い距離でもするするっとあがっていく。
相馬のタイミングに似てきた---しかも相馬より速い。
なんて書くと相馬サポに刺されそうだ(爆)。
でも、いいじゃないですかぁ。
相馬サポにはことのほか厳しい(いや、ホント)評価を受け続け
てきたイバがやっとやっと覚醒し始めたのだもの(感慨)。
もちろんまだまだ、クロスの精度含め課題は多いけど、間違い
なく今年の鹿島のサイド攻撃を活性化させているのは篤人では
なくイバだから。
相馬ナラ時代も、どちらかが良くない分どちらかがありあまる活
躍ということが多かったものだけど、あの頃に似てきたのかな。
そういう篤人もマルキへのアシストをしたしね。
イバはマイナスのパスがうまくなったと思う。連携を磨けばさらに
よくなるはずでしょ。
札幌戦のようなシュートやセットプレーからのミドルも打つ。




そういえば、札幌戦のイバを見て「2000年のビタウがいた頃の
イバが戻ってきた」とガンバサポの方がネットで書いてました。
外してペット/ゴールマウスを蹴る姿は変わんないね(笑)。




一方の青木も、最後まで体力あり余っていた。
前半惜しい後方から飛び出してのシュート、あれ惜しかった。
右サイドのほかの選手が動かない中ただ一人青木がスペースへ
飛び出し前方へ、高速クロスを放つ(惜しくもGK正面)。
オフサイドになった飛び出しやら、攻撃への積極性が顕著だった。
それは、疲れている他の中盤の分もがんばろうというところかな。





マルキの運動量とキレの良さには、好調すぎて逆に不安になる。
シーズン通して怪我せずこのままでいってほしい。
これだけ守備にも奔走しながらゴールを決める。本人のモチベー
ションが好転しているからできているのかな。




せっかく視察にきた井原&江尻両U23コーチ陣への接待(笑)
として、後半30分投入された慎三&竜太コンビ。
#田代が早くゴール決めてたら長い時間見られたのにね(^^;)
慎三の13番、新鮮だわ。
髪を切り黒く染めた姿に気合を感じる。
試合勘があまりないせいか今ひとつフィットしなかったけど、
ポストにあてた惜しいシュートは次への期待大。
伊野波は隠したものの選ばれちゃうだろうしたぶん慎三も。
竜太が呼ばれないことを願おう(竜太、ゴメン)。
いや、来る31日マリノス戦は少しでも万全に近い形で戦いたい
のですよ。磐石のスタメン中盤が残るのは大きなメリットだけど。




そしてそして、最後に決めたダニーロ。右足もいけるのかぁ。
振りぬきが速くて巻いたシュートを打てるんだなあ。
試合終盤のエンターテイメントとしてぜひ好パフォーマンスを。
(守備力があがらない限りスタメンは厳しいと思うので・・・)
本道の醍醐味とは別のお楽しみがあるのはお特な気分です。

これで、31日まで鹿島は試合がなく、フィジカル調整に専念でき
る。ここはうまく日程を利用していってほしい。



追記
席に着いてからキックオフがなかなか始まらなかった。
どうやら段取りが早く進み19時前になってしまったようで。
「おーーーー」と続けるゴール裏の皆さん、お疲れ様でした(笑)。


それと、拓也が鼻血を出した場面。
あれは、たぶんちょっと前に後ろからマークにいった相手に
(たぶん)ひじ打ちをくらったせいかと思いました。
今年は拓也がゾロフェイスかと一瞬期待(^^;),うそうそ、あせり
ましたよ。無事だと良いんだけど。

|

« ヴェルディ戦@味スタ | トップページ | おまえは本当に美しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/40567497

この記事へのトラックバック一覧です: 最後は体力---ACLナムディン戦:

« ヴェルディ戦@味スタ | トップページ | おまえは本当に美しい »