« 代表の矜持---城引退試合@三ツ沢 | トップページ | 今日から2月、その前に---代表ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 »

2008年1月30日 (水)

鹿島新体制発表によせて

昨夕からのオフィシャル新体制発表、何かバタバタしてましたね。
トップページ「What's NEW」見出しで目にした宮崎合宿スケジュー
ル、中を開いたらエラーとなりその後見出しからも消えたまま。
スケジュール調整が発生したんでしょうかね。
自分が行く日程を確認したいんですが、もう少し待ってましょう。





まず背番号。
慎三の13番は鵬翔時代を思い出します、ヨカッタヨカッタ。
確か松崎監督がゲルトミュラー好きでエース番号として代々の選
手につけていたんでしたよね。
鹿島の前任者とは違うイメージでどんどん活躍しちゃってください。



空き番号とする6番。今年もですか。
いっそのこと本田にあーだこーだ言わせず今後数年ずっと空けて
おけばいいのに。そのくらいしないなら、6番を埋めないのはヘン。
満男が40番でいくんです、中田が帰ってきたにしてもまずは39番
でいくべきでしょ。 早いところ青ry)



19番伊野波、20番修人、27番笠井、川俣28番とある中で、注目
すべきは17番竜太。期待の表れでしょうね。
それと、ひっそり32番をつける戻ってきた金古。
試合勘がなさそうで心配ではあるけど、とにかく実戦を積めるよう
日々の練習で頑張ってほしいものです。
今年が最後の覚悟で本人もやるでしょうね。
しかし川俣君ってあんなに大きかった? 190cm以上ありそう。
それと、この記事、修人君のお父様の経歴が今ひとつ掴みきれな
いんですが、私の読解力不足ですかね。




次にスローガン。
「DESAFIO」とのポルトガル語はともかく「挑戦」というスローガン、
これは素晴らしいと思います。
二冠に奢ることなく、10年ぶりにACL優勝を目指す姿勢を表わ
したものと認識しています。
いつかのように「王者」だの「覇道」だのってやめてほしかった
からね。
口惜しいけど、鹿島はまだ名実ともにに王者だとはいえません。




実は、昨年の柏も「挑戦~進化しつづけるタフネス」とスローガン
に「挑戦」を使ってました。J1復帰した柏にふさわしいなと思って
ました。
柏とのつながり?でいうと、今年の柏は「uniao!!(ウニオン)団結・
結束」だそうで、ウニオンもポルトガル語だそうです。
ドゥンビアが抜け外人3名ともブラジル人(それもフランサにポポ・
アレックスってかなり強力)となった柏ではポルトガル語が一番
身近なんでしょうね。こんな点も鹿島と柏、やっぱり似てる(笑)。
#竹本GM&ノブリンで決めたとあった柏。鹿島はどうなのかな?
   というか、広報blog等が無い鹿島ではこういう情報はサポには
  入ってきにくい。
  サポカンもないし、こういう時まだまだフロント・チームとサポー
  ターの距離感は遠いと感じざるを得ませんね。




ま、それはともかく。
強化方針については、フリークス最新号の強化部長のコメントで
またもイラっとしてしまいました。
有料雑誌なので詳しくは書きませんが、DF強化とFW現状のまま
の話が矛盾するというか。
部長からも拓也・モトのFW起用の可能性の話が出ました。
拓也のFW起用はわかるけどモトは個人的には反対ですけどね。
とにかく澤選手の獲得に期待しておきますが、これも立ち消えにな
りそうだなあ・・・。
あ、そっか。
フリークスが鹿島ではサポとチームをつなぐ情報メディアですね。
でも、月刊誌となると一方的な面が多いし発信タイミングが遅いの
が欠点。
やはりサポカンの開催なども今後は検討してほしいと思ってしまう
のですが。柏・川崎とは違うと言われたら何が違うのかと聞きたく
もなるんですけどね。

ここから話は変わりますが。
今日のエルゴラで風間氏が「鹿島は負けないチームだけどまだ
勝ちきれるチームとはまだ言えない」云々と、正うろ覚えですが
相馬との対談で語ってました。
確かにそう評価されるのは尤もな面があるし今シーズンは本当
の強さを証明しなければなりませんね。
しかし彼の話は長くてそれますなあ(^^;)。
相馬と二大長話が揃ったから、一回で終る対談が二回になった
のかもね(笑)。
脱線してから鹿島の話に戻るで何行使ったことか(爆)。
3月からの筑波大監督業、野本君はじめ学生達が説明の長さに
辛抱できるか他人事ながら心配になったりして(^^;)。




そうそう、ユニ。
ストライプ好きとしては自分が似合うかどうかが気になります。
(パンツは赤が良かった気がするなあ)
ストライプと襟無しはあまり相性が良くないのかもしれないけど、
着こなすうちにカッコよく見えるはずですよね。そう信じようっと。

|

« 代表の矜持---城引退試合@三ツ沢 | トップページ | 今日から2月、その前に---代表ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 »

コメント

フリークスの紙面は、もうフリークスを作るためのもの以外の何モノでもなくなってますな。どの文章もあの紙面から一歩も外に出る気無いでしょ。
鹿島サポに影響を与えるマスメディアとしてフリークスを挙げるサポーターが他のクラブより断然多いのですよ。残念至極。

投稿: ANDOH | 2008年1月30日 (水) 19時51分

NDOHさん、こんにちは。お返事遅れて失礼しました。
私もはっきりとは書かなかったですが、フリークスには不満がありますね。というかフリークスに頼りっぱなしの現状にですね。
フリークスはあくまでファンクラブ会員誌でしかないので目に触れる人は限られてます。開かれてないわけですよね。
柏・大宮にもファンクラブ会報誌があります。隔月発行で正直コンテンツは豊富ではありません。でも両チームともオフィシャルサイトの充実したコンテンツが十二分にカバーしています。私のような他サポでもすぐ確認できる開放性があるからこそ可能性があると思うんですけどね。

投稿: ケロマキ | 2008年2月 1日 (金) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/17899051

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島新体制発表によせて:

« 代表の矜持---城引退試合@三ツ沢 | トップページ | 今日から2月、その前に---代表ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 »