« 元日に向けて価値ある勝利---天皇杯準決勝川崎F戦 | トップページ | 取るべくして取った天皇杯優勝 »

2008年1月 1日 (火)

いよいよ天皇杯決勝、その前に---高校選手権一回戦駒場会場雑感も

新年明けましておめでとうございます



いよいよ2008年の開幕。
今年も何かと忙しそうですが皆様に幸せが訪れますように。




とはいえ、鹿島的にはまだシーズンは終わっていません。
今日の決勝を勝利してシーズン終了の有終の美を飾りましょう。
鹿島が本物の強さを取り戻したという評価はほしい。
それよりも、選手達自身が自信を取り戻してくれればと願ってます。
相手は怒涛の勢いで怖いもの知らずであがってきた広島。
ちょっと昔までは苦手意識があったけど現在はそれほどでもない。
でも、油断大敵です。天皇杯の広島は今シーズン始め頃の勢いが
あります。
向こうのキーマンは、出場停止の柏木に代わって出場の高萩(今
年は愛媛から戻っていたのね、知らんかった)・そしてユース時代
苦湯を飲まされた平繁あたりの気がしてます。



とにかく、鹿仲間との新年会を祝勝会にすべく最後まで頑張らない
とね。




一昨日の高校サッカー開幕戦は二日酔いでいけませんでしたが
昨日は駒場まで行ってきましたよ。
(本当はヒガシを見に臨海のつもりだったけど、強風が寒そう
  だったので一番の近場に急遽変更)
この後国立に出かける準備があるので、簡単に触れておきます。



第一試合は岐阜工業対高川学園。
高川学園は多々良学園が名称変更したのね。経営危機云々は
どこかで見たのだけど、無事再出発しての出場ですか。
対する岐阜工業は片桐&土屋時代がいまだに鮮烈な印象を残す
チーム。
そういえば、10番益山君がジェフに内定しているんですね。
なんとなく岐阜工業を応援しようかなと見始めたのですが。




いざ試合となると、高川の中盤のボール回しの面白さに惹かれ、
中盤のプレス・粘っこいDF、そして2トップのスピード(特に10番
齋藤達也君)にワクワクし、いつの間にか高川を応援してました。
プレースタイルは少し流経柏に似ているように思います。
こういうチームが私の好みなんだなあと改めて自覚して。
(ブルーユニがジュビロに似ているのはこの際目をつむろう)(笑)。



前半打ちまくっていた齋藤君のゴールがなくとも前半を2-0で
リード。
後半はその齋藤君が見事に一対一を決め3点目。冷静に喜ぶ
姿が印象的でした。
結局岐阜工業は一点も取れないまま3-0で高川学園の勝利。
益山君は、うーん、体の大きさの割りにはあまり存在感がなか
ったなあ。体調悪かったとか・・・??




第二試合は星稜近大附属。
星稜が押しているなあとは思ったものの今ひとつゴールまで
いかず。星稜の攻めは市船に似ていたような印象。
ここにはCB鈴木君(新潟内定)が目玉なんですよね。
キャプテンらしく指示しまくる姿には風格がありました。
ただ、無風でもひんやりとしたスタンド観戦は3時間が限界。
ということで、お正月の買い物もあるしでハーフタイムで帰って
きてしまいました。
前半はやや劣勢だった近大附属が追いつきPK戦の末近大が
勝ったのですか。




高川の次は星稜に勝った近大附属。
明日は流経の試合とヒガシ野洲決戦を見に柏の葉に行くつ
もりですが、ぜひ高川学園も勝ちあがってくださいな。




さて、お雑煮を食べたら身支度くし、そろそろ出かけましょう。
今日はバックスタンド観戦。
眩しそうでグラサンはかかせませんね。

|

« 元日に向けて価値ある勝利---天皇杯準決勝川崎F戦 | トップページ | 取るべくして取った天皇杯優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/17542184

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ天皇杯決勝、その前に---高校選手権一回戦駒場会場雑感も:

« 元日に向けて価値ある勝利---天皇杯準決勝川崎F戦 | トップページ | 取るべくして取った天皇杯優勝 »