« 相手は決まった---天皇杯準々決勝愛媛FC川崎F戦 | トップページ | 元日に向けて価値ある勝利---天皇杯準決勝川崎F戦 »

2007年12月27日 (木)

移籍話その後

茨城新聞の報道では誓志は来季鹿島残留を決めたようですね。





この報道を見るとチームメートの説得が功を奏した一因のようで。
「五輪を意識しすぎたが五輪後もサッカーは続く中鹿島でプレー
するのが一番成長できる」
が結論。
中にいるとなかなか気がつかないことかもしれないけど、ようやく
本人が自分で決めたこと。まずは良かったと言っておきましょう。





これを読んで思い当たるのは同じような経験をした青木。
最近青木と話している光景を見たりしたから、青木とはいろいろ
相談したのでしょうね。満男にもだろうけど、より年が近い青木に
は話しやすかったのではないかな。
振り返れば、青木はSB云々もこなしていた。
しかも代表ではCB起用である意味壊された過去を持ちながらそ
れがポリバレントな特長をよりいっそう際立たせることができた。
もちろん青木のポテンシャルがとてつもないことが前提の話では
あるけど、メンタル面であれだけ言われてきた青木がついに今年
は独り立ちしたのだと思います。
今週のサカマガ満男インタビューでは青木のことを
  「今年シーズン一度外れたスタメンに戻った時絶対にスタメンを
    外れたくないとの強い思いがプレーに出ていた」
云々と誉めていました。 これが青木を強くさせたのでしょう。



そんな青木の姿を間近に見て青木の言葉を聞けば、誓志も同じ
思いになってくれたのだろうなあ・・・と、これこそ鹿島のDNAの
継承だと信じたいです。



誓志の場合、自分の武器が何かまず理解する必要がある。
運動量・飛び出し・ヘッド。
プロになって身に付けたものかもしれないけど、これらが今の誓
志の武器になりつつある、いや、武器にしないといけないとわか
ってくれれば来年のプレーも見えてくると思う。
課題は、判断力の速さと攻撃⇒守備への切替の早さかな。
ボールを奪われた後誓志がよくやる「頭をかっくんと上下させて
戻る姿」を見ると正直萎えてきます。(昔俊輔もやってたっけ・・・)
切替の速さ、これが一番大事。
先日の仙台で見たHondaFCの選手達のプレーから大事なもの
をぜひ感じとってほしい。




一方のヤナギ。
まだ決定してないからいろいろ言うのはやめたいけど、一言だけ。
ヴェルディはやめた方が良いと思う。
ニッカンにあった平本への柱谷哲監督の言葉を読んでこの監督
のもとでプレーすべきでないと感じた。札幌時代のこともあるしね。
そのくらいなら加藤Q監督の京都を選ぶべきじゃないかな。
パウリーニョとは相性良さそうだし田原の刺激になればとも思う。
大剛のクロスをヤナギがヘッドで決める・・・なるほど・・・。




ところで伊野波への正式オファーは少しは進展したんでしょうか。
誓志が残留だと伊野波は来ないのかなあ。
今野の話ばかりで伊野波の声が新聞報道からも漏れ聞こえて
きません。
キャプテンシーがあり真面目でしっかりした印象が強い彼は鹿
島に向いている選手だと勝手に思ってるんですけどね。
(サカマガの移籍状況特集で左CB伊野波と左SBイバが並んだ
写真、良く似ていてなんだかおかしかった)

そんなことより目の前の天皇杯をひとつひとつ勝ち続けるだけ
ですね。冬の雨に打たれ体調崩して冬休みサッカー観戦計画が
パーになりませんように・・・・・・。

|

« 相手は決まった---天皇杯準々決勝愛媛FC川崎F戦 | トップページ | 元日に向けて価値ある勝利---天皇杯準決勝川崎F戦 »

コメント

柱谷監督の平本に対するコメントは妥当だと思うけどね。
今までが甘すぎたよ。外から見ててもそう感じる。

投稿: ねこ | 2007年12月27日 (木) 22時01分

ねこさん、はじめまして。書き込みどうもありがとうございます。
外から見るとおっしゃっている点、ねこさんはヴェルディサポではないと思ってよろしいでしょうか。
私は平本の不摂生についてはあまりよく知りませんでしたが、今回書いたのは平本本人が不摂生だろうがその話ではないのです。たとえそうであろうと、選手のことをこういうモノの言い方でマスコミに話してしまう監督の姿勢が受け入れられないなあと思った次第です。いつだったかも成績が不振な時「○○選手には責任をとってもらう」といった発言が彼から出たことを覚えています。
こういう発言を見るにつけ監督オリヴェイラの素晴らしさが際立ってくる気がします。

投稿: ケロマキ | 2007年12月28日 (金) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相手は決まった---天皇杯準々決勝愛媛FC川崎F戦 | トップページ | 元日に向けて価値ある勝利---天皇杯準決勝川崎F戦 »