« 天皇杯準々決勝を前に | トップページ | 相手は決まった---天皇杯準々決勝愛媛FC川崎F戦 »

2007年12月23日 (日)

HondaFCは素晴らしかった---天皇杯準決勝

雪は降らずとも試合後半からかなり冷え込んだユアスタ。
延長になったためすっ飛んでいった利久某店(18時で予約して
いた)には鹿サポ多数。
一昨年と違いやけ食いにならず良かったですね、皆さん・・(^^;)
いつゴールするのかとイライラしっぱなしだったので、勝って嬉し
いというよりはほっとして疲れました。
(まだ交代出場してないヤナギへのコールを強いるコールリーダ
にキレたのも疲れが増加。出ている選手を応援しようよー)



とにかく、HondaFCは強かった。
いわゆるJ2仕様の「引いて守ってカウンター」のサッカーではなく
かなり高いDFラインに選手の距離が近いコンパクトさを保つ。
そして、鹿島が対戦した中でも一番きつい中盤のプレス。
そこからも、縦に早いだけでなく動きながらワンタッチでつなぐポゼ
ッションも見事。あとはFWのフィニッシュさえあれば。
(それでも、新田の高さと動き出しには鹿島DF陣も相当とまどって
いました)
しかも、後半になっても選手全員青木状態の足が止まらないスタミ
ナ。
後半終盤に退場者(現地では延長になってから退場者が出たこと
自体気づいたのだけど、あれは糸数君だったのね・・・)を出してさ
すがに延長戦では足が止まり足を攣る選手もいたけど、それでも
失点をくらってからは得点を狙い続けていた。





もうね、ノブリンんの理想的サッカーそのものじゃないですか、これ。
試合中、今年の開幕戦の柏を思い出してましたよ。
JFLにありながらとてつもなく志が高いです。
生観戦した試合でいえば、J2昇格のFC岐阜よりずっと強い印象。
正直HondaFCのファンになりました。
糸数君だけじゃなく、シュートを多く打った土屋@片桐の岐阜工の
相棒もいるのだから来年こそはHondaの試合を見に行かなくては。





一方の鹿島。
前半出だしこそポゼッションからイイ感じで攻め拓也を中心に
シュートも放っていたのだけど。
田代のどフリーのヘッドが決まっていたら展開が変わった気も
するのだけど。
しかし、激しいプレスに泡食らったのかあせりすぎた印象。
で、田代へのフィードは落としても収まらない。マルキもボール
にあまり絡めず引いてくる。中盤は拓也を筆頭にダメでミス多発。
さらに悪かったのが両SB。
特に篤人は攻守ともに酷かった・・・。
田代・篤人(岩政もか)がダメダメで「たった2日の代表合宿で
もう代表病か」と嘆きたくもなりました。
まあ、両チームともラフプレーが多くなったのは残念でしたが。




そんな中途中出場したヤナギ&慎三が結果を出しました。
この2人は紅白戦で控え組みで2トップを組んでいるから阿吽
の呼吸なんでしょうね。
映像で見たらあの2人のツイン動き出しの美しいこと。
そして、わかっている慎三のヒールのすんばらしいこと。
そして、それを受けるまでのヤナギの動きとシュートの形の
きれいなこと。
こんなプレー、よそへいったらできないよ、ヤナギ。
慎三を一人立ちさせる為にも来年も鹿島に残ってほしい(ぼそ)

次の準決勝まであと7日間。
今度は行事や代表もないのだから、集中して練習に取り組んで
ほしいですね。フィジカルがきついのは相手も同じことよ、きっと。
愛媛かフロンタかどちらがあがってくるのやら。
雨がやみそうなのでこれから埼スタへ偵察に行ってきます。
キックオフ間に合うかなあ・・・?

|

« 天皇杯準々決勝を前に | トップページ | 相手は決まった---天皇杯準々決勝愛媛FC川崎F戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天皇杯準々決勝を前に | トップページ | 相手は決まった---天皇杯準々決勝愛媛FC川崎F戦 »