« J1第30節のみどころ | トップページ | 今週のサカマガ記事あれこれ »

2007年10月30日 (火)

雄たけび

ここ数週間、週末2日ともサッカー観戦しここのblogで触れるのは
月曜以降といったパターンが続いています。
土曜に見た試合を日曜日のうちに振り返るは体力的になかなか
難しい。今週もまたそうなってしまいました(汗)。




台風直撃の27日(土)、特に影響を受けたのは三ツ沢・日立台と
カシマだったようですね。
特にカシマは風雨ともハンパではなかったようで、観戦した友人
情報だと、コンコースからはモツ煮鍋の蓋まで飛んでくるわタオ
マフがびしょびしょになるわ看板が吹っ飛ぶわetcだったとか。
それでなくとも海風の強いカシマで暴風雨はきつかったでしょう。
応援に行った方々、大変な思いをして本当にお疲れ様でした。
悪天候の中の試合をきっちりと進め勝利した鹿島の強さを感じ
ました。
ピッチも当然影響を受けたにしろ、水溜りの出来方は雨量ほど
ではなかったように見えました(チラッと見た映像の印象では)。
(後ほど試合録画を見てみます)




その点、日立台は風雨も当然凄かったのですが、それ以上に
ピッチの水はけが悪すぎて、試合開始前から大きな水溜りが
何箇所もできてしまってました。
水溜りにはなっていないところも、水しぶきがあがりボールが
止まるんですね。
メインホーム側の一角だけがなぜか止まらない状況で。
春先の名古屋戦より酷い状況になってました。芝自体が違う
のか季節の影響なのか、これは日立台の大きな課題ですね。







ところで。
レイソルの敗戦はまたもや私のせいかもしれませぬ。
雨対策にセブンイレブンカッパ(安いわりにスグレモノと思う)と
以前買ったレイソルポンチョを用意、これだけでは心配なので
薄手のパーカをと考えたのはいいんですが。
私が持っているのは水色のとアントラーズジャンパー。
妹が持っているのは赤(非レッズもの)。
ここで、とちくるってしまいました。
今日の相手は大分でブルー系だから私のではまずいから、黄
色がないなら両チームに色がぶつからない赤にしようと、妹の
ものを借りました。



はて、何考えてたんだ、自分。
今日の柏の対戦相手は神戸、カラーはよりによってディープ
「レッド」じゃありませんか(爆)。
鹿島の対戦相手と勘違いしてたんですね、もう、ほんとアホ。
(もちろん、赤いのは一番下に着てましたけどね)






キックオフ直前谷澤と話していたチュンソン。
開始直後、走りこみながらうまく谷澤とのコンビで左サイドから
前線中央へ鋭いボールをはたく。
結果的には神戸DFにカットはされたけど、膝は心配しなくて
良さそうで出来のよさを予感させました。
ひところ課題と言われた「ワンタッチではたいてはボールを奪
われる」プレーが減りDFを背負いながら十分キープ、そこから
味方を生かすパスを出したりとポストがうまくなり、十分チーム
の起点になっていました。ベトナム戦のプレーがフロックでない
ことを証明していたと思います。
トップ下としてチームに必要な存在になったんじゃないかな。





ただ残念だったのはシュートが少ないのよね。
後半、フランサとのパス交換から最後は谷澤のシュートになった
プレー後、フランサと2人で笑顔でキックの真似をしていたのは、
お互いシュートを打てば良いのにーーみたいなコミュニケーション
だったんでしょうか。
いや、フランサに言う前に自分で打ってほしいよ、チュンソン。
しかし、西村主審に取られたシミュレーションのイエロー。あれは
ないでしょ。
だいたい、あの雨の中あんなに遠い位置からしかもシミュレーシ
ョンを取れるとは思えない。
最近得意の右サイドから進入してペナで茂木に足を引っ掛けら
れたように見えたのに。
同じようなパターンで大久保にもイエロー。FWに厳しい西村。




試合展開は、この水溜りだらけのピッチをどのくらい意識できた
かが勝負の分かれ目になりました。
とにかくボールが止まるのだから前方のスペースに蹴りだして
そこに追いついていけばチャンスは広がる。
それを理解し具現化できていたのは、柏は極論すればフランサ
だけ、神戸の方がチームとして出来ていたように思います。



柏の先制点。これはフランサがまさに雨を利用したプレーから。
前方の水溜りにボールを蹴りだし止ったボールを後ろから太田が
飛び出してDFより一歩先にシュートしてゴールでした。
アルセウも重馬場向きのパスが得意なのか効果的でした。




後半も、やや柏の方が有利に進めていたようには見えました。
が、祐三君の退場、そしてガブリエルのセンターサークル付近
からのなんでもないFKが風で伸び前に飛び出していた南の頭上
を越えゴールに突き刺さり同点。
ここから柏はがっくりきてしまったようでした。




二点目は、左サイドからフリーの古賀誠ちゃんのクロスをファーで
構えたレアンドロがずどん。
誠ちゃんをフリーにしたのはまずかった。彼のクロスの精度の高さ
はハンパじゃないですからね。あれは蔵川がつくべきだったのかな。
久しぶりのスタメンで出来がよかっただけにあのプレーは残念。
(現地で「クロスをあげさせるな」と叫んでしまった直後のこと・・)。



三点目もくらい、追い詰められたノブリンは、キタジとチュンソンの
2トップにフランサ・ミノルという練習でもしたことないだろう攻撃陣で
反撃しようとしますが、大きなチャンスもなく終戦。



終了直後ピッチに整列前に、チュンソン他の選手達は西村にいろ
いろと質問しているようでした。
そして「あ゛ーーー!」と悔しそうな雄たけびを上げたチュンソン。
試合の後にああいう雄たけびを目の前で聞いたのはほとんど記憶
にありません(ヨシカツあたりはよくやっていそうだけど)。
自分へのイエローや祐三の退場劇にと不満が爆発したんでしょう。
確かに西村、おかしかったからね。
悔しそうだったにしても、その後のスタンド一周の挨拶はきちんと
していたので安心しましたが。
落ち込んでいるヒマはないんです。悔しさを次の試合にぶつける
気持ちでいってほしい。



PS.
雨&ピタユニでCBにしては異例の細さが目だった神戸河本。
肩幅のなさなんてちょっとギャル男みたいで気持ちわ(ry)。
ベンチには柳川君が控えているんですけどねーー。
(よけいなお世話です)

|

« J1第30節のみどころ | トップページ | 今週のサカマガ記事あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J1第30節のみどころ | トップページ | 今週のサカマガ記事あれこれ »