« 雄たけび | トップページ | 記憶が---サハラカップ柏戦(H) »

2007年10月31日 (水)

今週のサカマガ記事あれこれ

今週のサッカーマガジン記事で面白かったことを。




鹿島特集記事。
相手により縦・横の長いボールを蹴りわけるオリベイラの哲学。
それは、田代・青木が調子がをあげてきたから選択する戦術だ
と。なるほど、そうなのか・・・・。
確かに、田代というストロングポイントを使わない手はない。
また、昔の本田のように相手の司令塔・エースをつぶせる選手
が鹿島にいる(=青木)ならぜひそれはすべきと思います。
ただ、満男あたりはフリークス紙面のように相手の強みをつぶ
すのでなく自分達の強みを出すサッカーをしたいらしい。
(それでも、満男は大人の応対ができるようになったと思う)
その気持ちはわかります。
ただ、正直自分達の強みが強みになりきれていないのが今の
鹿島とも思ったりします。



紙面には書いてなかったけど、最近の鹿島の守備の堅さは、
前線マルキ&田代の献身的なプレスが大きいと思います。
春頃のマリノス大島&坂田コンビもこんな風だった。
もっと言えば、三冠の頃の鹿島も隆行&ヤナギがこんなだっ
たっけ・・・。



その前の頁の水沼Jr君が加地に似てるのは気のせい?(笑)




そして、ACL決勝展望・ナビスコ決勝展望(安田VS森は面白い)
はおいといて、U22代表特集。
内容よりも、各新聞記者が「チュンソン」と普通に呼んでるのに
ちょっと驚きました。
確かに、ノブリンだけでなくソリマッチまでそう呼んでますね。
「リー」とは呼びにくいしかといってフルネームは長いし、「チュン
ソン」は「ン」が2つあり短い音になるから発音しやすいと思う。
もう、カズのように登録名にしちゃってもよいかもね。
先週の同誌では小倉&城コンビがベトナム戦のチュンソンの働
きを誉めてくれてました。表立って評価してくれたのはこれとエル
ゴラくらいじゃなかろうか。
でも次は2トップでいってほしい。平山の奮起を切望しますよ。




U22話では、昨日のニッカン紙面等で慎三がU22の救世主にな
るとありました。
29日の東京農大との練習試合に井原さんが鹿島視察に訪問、
慎三は1ゴール1アシストだったとか。
肉離れから復帰直後また足を痛めてしまったけど、もう大丈夫
なのかな。
竜太が負傷してしまい鹿島の貴重なスーパーサブとして働いて
ほしいのだけど、五輪に呼ばれベトナム遠征をしたら翌日の
柏戦に出られません。
U22で活躍する慎三はぜひ見たい。
でも、最終戦までひとつも落とせない状況で篤人に慎三までい
ないのは鹿島にとってはかなり厳しい。
でも、柏もチュンソンがたぶん不在。となるとハンディは同じくらい
かなあ。
うーん、いろいろと複雑な状況になってきました。
まあ、この期に及んで呼ぶかねとは思うし、岡崎が怪我から復帰
できそうなので、彼で何とかなるんじゃないかと楽観的に考えたら
ダメですかねえ。

では、先週末のサハラカップ柏戦&浦和名古屋戦@埼スタに
ついては、次のエントリーで---気持ちはあるけど、どうなるやら。

|

« 雄たけび | トップページ | 記憶が---サハラカップ柏戦(H) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雄たけび | トップページ | 記憶が---サハラカップ柏戦(H) »