« さて、今夜はナビ準決勝ガンバ戦(A) | トップページ | モトの心中は---ナビスコ準決勝ガンバ戦(H) »

2007年10月11日 (木)

ナビ準決勝第一戦(Aガンバ戦)を終え

昨晩は万博より京都のホテルに移動しすぐ就寝。
今朝ののぞみで京都から戻りそのまま会社に出社したところです。
仕事にまぎれていますが、ふとした合間に昨日の試合を思い出し
ては口惜しさと釈然としない気持ちとガッカリ感とがまぜこぜに。
確かにまだ半分が終了しただけ、明後日の第二戦の結果勝ち上
がればよい。それはわかっていますよ。
それでも、早く気持ちを切り替えるためにもまずは吐き出しておこ
うかと思います。




大分戦以来11日ぶりの万博、今回は晴天のまま日が暮れたため
風も強くかなり冷えました。
しかも、出入り楽なように階段すぐ上&通路すぐ下の席にしたため
風が吹き抜けっぱなしでよりいっそう冷えて(爆)。
ガンバの選手に比べ鹿島の選手は半そで着用率が高く、やや心配
になる。(さすがに剛ちゃんの手袋はまだでしたが)(^^;)。




試合前に言われていた「守備的に行く」とのコンセプトを、ゴール裏
も私も今ひとつ納得できていなかったと思う。
だから、コールリーダーはあれだけマルキコールを採用し、私自身
試合中何度か
「先制したら後は引きこもって良いからまず点を取ろうよー」
と叫んでました。
まあ、金沢の二の舞を踏まないために先制点を取られないようにと
のことだったんでしょうけど、それでも点を取らなければ勝てません。
前エントリーでも
「理想は0-1で鹿島勝利、次は1-1。1-0は次が厳しい」と書いたん
ですが、前半の鹿島は点を取る気がないのかと思えたくらいでした。
後半勝負に徹底していたんでしょうかね。



しかも、守備的に行くのならマルキ1トップ・中後起用にモトを外す采
配が正直疑問ではありました。
今シーズン、モトの守備にどれだけ助けられてきたことか。
また、守備的な1トップならそれこそU22のデカモリシのような高さと
チェイスできる選手=田代を置くべきだったんじゃないのか。
もっとも、デカモリシ起用は贔屓選手を思えば反対(爆)だけど、それ
はまた別の話で(^^;)。
田代は前節強行スタメン出場、足が完治してないからの選択ですか
ねえ。




前半早々は慎三が得意のドリブルや突進力でガンバゴールに迫る
シーンがありおっと思ったのですが、いつのまにかガンバの方が決
定機が増えていました。
そこは、鹿島DF陣+ソガの踏ん張り・気合は充分伝わりました。
(特に剛ちゃんがソガのカバーで何度も入ってきていたのは感嘆・・・)




しかし、中盤の選手同士の距離が遠く相手に寄せられてはバックパ
スか前線へ可能性のあまりないフィードが続き、あげくマルキがボー
ルを欲しがって下がってしまいました。
また昨日のマルキはいつも以上に球離れが悪く、低い位置で相手に
奪われることが多かった。
時たま良いアーリークロスもあったように記憶していますが、田代が
いないならもっとグラウンダーのボールにすればよいのに>篤人。




満男は、右サイドで相手に寄せられ結局バックパス選択が目立つ。
拓也は、何していたんだか消えていたし、モトに比べ守備していない。
中後は、もっとガツガツいけばよいのに守備が怖い。
篤人は、もっとスローイン連携の練習をしないと、チャンスがチャンス
になってない。
ソガのゴールキックがことごとく左のイバ狙いで何本も外へ出していた
のは、田代不在時の起点のつもりだったのか。まずは入れなきゃ。
---安田の再三のどっかーんシュートで助かった面もありとにかくゼロ
で抑え後半勝負となりました。




後半早々冷えて行ったトイレで「慎三コール」をまず聞き、攻撃のチャ
ンスらしきものを知る。
で、席に戻ってみたら、何やら向こう側のゴール付近でジョージと鹿島
選手達が揉めている様子。
「まさかPK?」と口走る私に
「え?何があったんだろ。FKかなあ」と仲間。
でも、よくよく見ると遠藤がボールを抱えているし、あらー、PKか。
映像を見ていないのでわかりませんが、どうやらイバがハンドだった
ようで・・・。うへー・・・。
帰宅したらこのシーンだけは見てみることにします。



このPKを遠藤が例によってイヤらしく決め、ガンバ先制。
その後、登場した田代と慎三の相性の良さが見えたのは救いでした。
田代をもっと早く投入してほしかったなあ。
しかも、田代が入ったのに今度は高いクロスを放り込まない。
このあたりのちぐはぐさは何とかしてほしい。



ダニーロにいたっては周囲のテンポとあわず、じらしたあげくシュート
かクロスかわからないボールが慎三の顔に直撃したシーンは、申し
訳ないけど爆笑してしまいました。
ダニーロは劣勢時では使ってはいけないのね(爆)。
モトの投入がこれまた遅かった。



ガンバにしてみたら、昨日の鹿島戦より先週末の柏戦の方が力が
入り苦労したのではないでしょうか?
遠藤のPKが決勝点という点ではよく似ているけど、柏は、チュンソ
ンの個人技の突破からフランサの見事なゴールで先制はした。
一方、鹿島は慣れないマルキ1トップでマルキが全く仕事ができず。
結局、鹿島・柏ともに遠藤のPKと明神のボール奪取にやられた
訳ですけどね。



金沢のときも思ったけど、鹿島の選手はガンバに比べ当りなどフィ
ジカルが弱い。
技術力が目立つガンバだけど、実はフィジカルも寄せに負けず突進
できる強さを持っています。
もちろん、ガンバの方がパスが正確。
相変わらず手探りでパスを出しているような鹿島とは対照的。
スコア以上の差を感じ淋しくなったのも事実でした。




ここで反省は終了します。
冒頭と繰り返しになるけど、サッカーは採点競技ではないのだから
最後に勝ち点をもぎとればいいんですよね。
第一戦を終え広島との準々決勝と全く同じパターンとなりました。
次はホーム。
あの時と同じように点を取りまくって勝ち上がりましょう。
1-0で延長よりは2-0を目指していこう。
----第二戦の展望は、また後ほどにでも。

|

« さて、今夜はナビ準決勝ガンバ戦(A) | トップページ | モトの心中は---ナビスコ準決勝ガンバ戦(H) »

コメント

後半開始直後に左サイドでタックルクリアがあったのですが、アツトコールが起こってしまい、たぶん僕だけ新井場コールをしたのですが、無理でした(笑)
PKのシーンは、クロスが上がったときに彼が手を挙げて播戸のオフサイドをアピールしてしまい、上がってきた安田へのアプローチが遅れたのです。
試合後にバスの出待ちをしたのですが、周りのガンバのサポたちから出てくるのは、このシーンのことばかりでした。

投稿: ANDOH | 2007年10月11日 (木) 23時52分

ANDOHさん、こんにちは。書き込みどうもありがとうございました。ANDOHさんも現地に行かれたのですね。どうもお疲れ様でした。
そうそう、後半すぐの篤人コールの時は「え?あれイバじゃないの? ではどこにいるの?」と、鳥目(笑)な私はかなり困惑しました。
またPKの直前、トイレから戻って来る時鹿島ゴール裏から戻る途中で起きたイバコールを聞き、何があったんかなあと思ったのを思い出しました。
それがあのシーンだったんですね・・・。って、昨晩遅かったのもありまだ録画を見てないんですが(^^;)。今夜にでも見てみます。
私も茨木駅までのバスで帰りましたが、試合から逃避し仲間と世間話をしてました。
ここまできたら泣いても笑っても明日の試合で勝負ですね。

投稿: ケロマキ | 2007年10月12日 (金) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16729699

この記事へのトラックバック一覧です: ナビ準決勝第一戦(Aガンバ戦)を終え:

« さて、今夜はナビ準決勝ガンバ戦(A) | トップページ | モトの心中は---ナビスコ準決勝ガンバ戦(H) »