« ナビ準決勝第一戦(Aガンバ戦)を終え | トップページ | 目にしたナビ報道は忘れ癒されたい---JFL流経大ソニー仙台戦 »

2007年10月14日 (日)

モトの心中は---ナビスコ準決勝ガンバ戦(H)

何年ぶりだろう。
試合の結果でこんなに悔しくて悲しい思いをしたのは。
2002年元日の天皇杯京都戦以来・・・かな。
最近の敗戦では、悔しさに慣れてしまったり鹿島の不甲斐なさに
がっかりすることの方が多かった気がする。



帰りのサポバス内で、モトがゴール後剛ちゃんに抱えられてい
るシーンを思い出しては何度か泣けてしまった。
あの試合展開にモトの気持ちを思うと、もう何が何だか・・・。
後はもうひたすら寝て(^^;)東京駅へ、新丸ビル内レストランで
ヤケ食い(高くついたわ)して帰宅、気がついたら朝だった。
今日も録画映像を見てないまま、記憶だけで試合を振り返って
みます。





前半、引き気味のガンバに対し攻勢をかける鹿島。
しかし、相手につきあうようにラインが低くかなり間延びしていた。
中盤の勝負はやはりガンバに歩がある。
タッチラインの攻防でかなり鹿島は負けていた。
(アウェイよりの西村ジャッジにはこの際触れません)
それでも、鹿島はチャンスを作っては徐々にマルキ・田代がシュー
トを放つ。しかし、なかなか枠を捕らえられない。
マルキが枠内に放ったのは最初の一本目くらいかな。
この2試合、マルキのタマ離れの悪さがひどい。回りを信じられ
ないのか見えてないのか。
後半だいぶ良くなったのはハーフタイムにかなり言われたんだろう。




撃てども点の入らない中、打開したのは結局モトの個人技から。
左サイドを突破し綺麗なシュートでゴール!
(新潟戦の慎三一点目みたいだった)
守備重視の理由でガンバ戦を外れた彼。いや、それなら拓也を
外すべきだったでしょう、いまだに万博でモトが外れたことは納得
できない。
当人もそんな思いがあったのかどうか、起死回生のゴールを決め
てくれた。温存が結果的には成功したのか。
二点目は今度はモトが右から。こういう攻撃にはガンバ守備陣は
弱いのだ。
2点リード、でもまだまだ安心はできない、何せガンバだから・・・。



ここで私の大チョンボ。
トイレに行くのが遅れ後半開始までに戻れなかった。
戻るコンコースからの階段で変なうなり声を聞き、え?まさか
失点?   ---直後にダニーさんの播戸ゴールアナウンスを聞く。
あー、やってもーた。
万博のイバ被PK判定に続きトイレのせいだ(爆)。
次からは後半開始時には着席するようにします(私は小学生か)。
---よって、播戸のゴールはいまだ見てません(爆)。





でも満男のFKがシジと頭ごっつんこした山口の頭を経てゴール。
これでまた2点差。
スタンドから「もうダニーロを出せ」の声が。
いやいや、まだ早すぎる。もう一点取らないと相手はガンバだよ。



なのに、ダニーロ投入。早すぎるってその投入は。
本当は拓也アウト→誓志インにしてほしかったけど、このときモト
が怪我をしていたので交代せざるを得なかったのは仕方ない。
でもダニーロを出すか。万博でも周囲とあっていなかったのによ。
というか、オリベイラの采配はどんな展開でもダニーロが一番手。
これおかしくないだろうか?
今ひとつ信じきれない理由のひとつがこれだったりする。



直後、中後がありえないクリアミスで不要なCK。
こういう時失点が多い今シーズン。
「シジクレイをマークしろ!」と叫び、岩政がついているようで安心
したのもつかのま、なぜかシジクレイがフリーになりゴールされた。
えーーーーー・・・。何やってんのよ、岩政ーー。
肝心のところでボールウォッチャーになるとは。


ガンバは寺田(彼をいつも青木良太と間違える私って・・)(^^;)の
シュートに怖さがあった。
逆に、二川はボールに絡みシュートも多かったけど、柏が万博で
沈んだような精度のあるミドルは放てず。どうした。
二ちゃんが一番活躍したのは、満男と競いキャプテンマークを落
としたくらい(笑)。あれは最後、シジクレイが出してくれたんだよね、
確か・・・・。



次の交代で拓也に代わったのはヤナギ。えーーー・・・。
金沢で何もできなかった彼を出しますか。
しかも、右サイドに張り付きクロスをあげろとの指示だったようで。
一度だけ動き出しの良いところを見せたけど実らず、あとは役に
たたず。
あそこは慎三を早下してドリブルで振り回してほしかったのだけど、
出てきたときはすでに(岩政を含め)パワープレー化してから。
それでは慎三の生きる場所がない。
何せ6トップ位にも見える(爆)前線。迫力はあったけど、万博でも
シジクレイ+中澤に完封されているのだから、学習してくださいよ。


結局、ゴールは奪えず試合終了。むなしい勝利だった。
大の字に寝てしばらく立てない鹿島選手達。
選手達、リーグ戦に気持ちを切り替えるには時間がかかりそうか・・。
でも、試合はすぐ次にも来る。
プロなら試合のつど全力投球するしかないですよ。
未勝利エコパで意地を見せてくれ。



最後に。
イバは今回はかなりよかったと思う。だからこそ勝ちたかったな・・・。

|

« ナビ準決勝第一戦(Aガンバ戦)を終え | トップページ | 目にしたナビ報道は忘れ癒されたい---JFL流経大ソニー仙台戦 »

コメント

こんにちは。
昨日の試合、残念でした(**)
間違いなく今年ナンバーワンの試合で、テレビ観戦ながら何度も絶叫しました。特に本山の気合いの入ったプレーには感動すら覚えて、決勝にリーチがかかった時は泣きそうになったくらい。
だけど、中後の安易なクリア(新井場とかぶったみたい)からのCK、シジクレイどフリーからのゴールで一気にピンチ。それでも何とかしてくれそうな雰囲気があったんですが、本山が退いてからは勢いに翳りが出てましたね。得点もされてしまったし。
個人的にダニーロは悪くない印象なんですが、やっぱり柳沢に関しては???です。興梠が先ですね。佐々木もベンチ入りしていませんでしたが、柳沢よりかは何とかしてくれそうな気はします。

これで残念ながらナビスコを逃し、冷静に見てリーグ戦も難しいので、天皇杯しかなくなりましたね。先の話ですが、4~5回戦は多分テレビで観れないので、また詳しいレポお待ちしてます。

しかし、終戦を告げられる敗戦の後はショックも大きいですね・・。

投稿: ぐで | 2007年10月14日 (日) 10時40分

お疲れ様でした・゚・(つД`)・゚・
東奔西走の上の惜敗は、無念さもひとしおですよね。
でも『不甲斐なくて情けない』とか『悔しさを自己欺瞞で糊塗』ではなくて、純粋に悔しくてヤケ喰い、の方が精神的には良いと自分は思いますです。

柏対G大阪でも思いましたが、確かにGの選手はうちの子たちに比べて当たりに強かったです。勿論、走り負けることは無かったけれど、一対一の局面ではそれが如実に出ました。後は、ここ数年リーグの上位を争って来た余裕、懐の深さというか。
足りないものはまだまだたくさんあるなと気付かされた試合でした。
…ところで、シジはともかく、聡太が鹿島のパワープレーに対抗できてましたか?日立台で二川が傷んだときに『早く聡太を出せ、そこを狙うから』と口走った人でなしの柏サポなわけですが。(実際、いきなりフラ様を引きずり倒してもいるわけですが)悪い意味でのフィルターがかかってしまっているのかしら…?もう少し、公平な目で見てみればよかった(^_^;)

今週は、チュンソンたちの出番ですね。
なかなか情報が伝わって来なくてもどかしいですが、元気にしているのかしら。…時差ボケで帰って来て、大分戦に出られるかしら、とか考えていてはいけませんね。
まず出場を、そして活躍を心待ちにしています。

投稿: いちむら | 2007年10月14日 (日) 22時44分

>ぐでさん
こんばんは。コメントどうもありがとうございます~。
ぐでさんのおっしゃる通り今シーズンNo.1の試合でしたね(今シーズン、グッドゲーム自体少ないですけど)。とはいえ、監督の采配でそれを壊してしまった面もあり。交代するたびに墓穴を掘る采配が2004年のホームレッズ戦を思い出しました・・・。
しかし、最近セットプレーでの失点が多い。これが気になりますね。練習で解決できるはずなのに、残念です。
天皇杯、順調に行けば柏VS名古屋との勝者との対戦(どっちが来るんだろう・・・、気になる)(^^;)、勝ち上がればたぶん準決勝がレッズ戦、で決勝がガンバ戦と昨年と同じパターンになりそうです。道のりは厳しいけど何とか勝ち上がっていきたいですね。
荒くて勝手な感想ばかりのレポなのにを楽しみにしてくださってありがとうございます。ジュビロ戦は行きますが、次の大分戦は夜都合がありカシマに行けないんですよね。悔しいから足を運べる日立台(神戸戦)に行くことにしました。あとは何とか鹿島の試合を観戦できるかな・・・。


>いちむらさん
こんばんは。コメントどうもありがとうございます~。
確かに、不甲斐ない・情けないではなく純粋に悔しくて悲しいということは、選手達の頑張りを目にしたから言える感想で、精神的には救いがありますね。いちむらさんに励まされた気がします。

そう、一見ひ弱そうに見えるガンバの選手達、実は体の使い方が巧いからか当たりに負けないんですよね。中澤総太についてはですね、10日の万博終盤に彼が出てきた時は彼を狙えなんてネタにしようとしたくらいだったんですが、いや、田代と空中で競っていてあらーと思ったんですよ(この2人、実は同い年)。一昨日のカシマでは田代は90分通してシジに勝ったシーンも多くポストをこなしていましたが、総太も機能していたと思いますよ(まだビデオ見てないのできちんとしたことを言えずごめんなさい)。後ほどビデオを見てみます。

五輪カタール戦、いよいよですね。チュンソンは2~3日前のニッカン紙面で「腿に違和感が一瞬ありひやっとした」とありちょっと心配です。振り返ると今年は怪我で離脱が一度もない、これは素晴らしいことですよね。(昨年の半月盤負傷はとても残念だった)大事に至らないことを願っています。韓国との練習試合、どうだったのかな。削られていないと良いんですけどね。とにかく出番があったら好調なところを見せてほしいです。チュンソン・パンゾー君・篤人、皆問題なく次節スタメンでいってくれるといいなあ(鬼かしら?)。

投稿: ケロマキ | 2007年10月15日 (月) 02時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16753551

この記事へのトラックバック一覧です: モトの心中は---ナビスコ準決勝ガンバ戦(H):

« ナビ準決勝第一戦(Aガンバ戦)を終え | トップページ | 目にしたナビ報道は忘れ癒されたい---JFL流経大ソニー仙台戦 »