« エコパ追記、そしてCH連続通い | トップページ | J1第30節のみどころ »

2007年10月25日 (木)

連日のCHその2---サハラカップ柏戦(H)

昨日のエルゴラに、珍しく22日の鹿島流経大の練習試合レポが
掲載されてました。
いくら試合の合間の水曜発行で記事スペースが空いてるとはい
え試合に出ていない岩政のコメントまであるとは異例な話。
竜太の負傷の件は「空中で相手と競った時」と。
あれ、シュートを打った後じゃなかったっけ・・・?
スミマセン、久し振りにお会いした方とおしゃべりしたままだった
ので、ところどころ見てなかったのでした。
オフィシャルでは全治三ヶ月と発表されましたね。
想像以上に怪我が大きかった・・・。
2月のキャンプ合流が目標かな。今年の慎三も12月に負傷、同
じパターンだったものね。



さて、数日経過した状態でトップほど見てはいないユースの試合
を振り返るのはおこがましい話とは思いますが、レポとは名ばか
りの備忘メモということでお許しください。


鹿島のメンバーでは、韮崎にて試合前練習で負傷したFW野林
君のスタメンに驚きました。
実は先週の湘南戦でもスタメンだったのね。エース復活、若いっ
て素晴らしいー。
また、CBでは山住君がスタメン(韮崎では温存だったのかな?)。
あとは、GK川俣君・MF伜山君・藪君・FW大西君あたりは御馴
染みメンバー。
甲府戦で途中出場、いきなりゴールした藤川君は今回もサブ。
鹿島側メイン席の端にはベンチ入りしてない鹿島ユースッ子たち
が陣取り仲間に声をかけてました。
皆が気になるのはFW大西君。
私達観客だけでなく選手達も彼のことはつい応援したくなっちゃ
うんでしょう、そんなものを彼は持っていますね。
一方の柏は、U18代表選手が数名いるらしい。
詳しくなくて申し訳ありませんがMF比嘉君は名前の珍しさ(^^;)
で試合前から認識はしていました。


序盤、鹿島の寄せが激しくきっちりボールを奪っては前線に当て
る作戦が功を結びセットプレーのチャンス。これを山住君が決め
先制。
同じような展開で二点目も山住君。彼の高さ・滞空時間の長さは
素晴らしい。
#二点目は大西君が決めたと思ったのは内緒(笑)。

プレスをきっちりかけ奪ったら即前線へという形は、前日のトップ
磐田戦に似ていました。
トップも最近は以前より前線へのロングボールが多くなってきたけ
ど、特に磐田戦は芝生対策からという点は無視できません。
一方この試合のユースのやり方は徹底していました。
勝手な想像ですが、中盤勝負では柏に分があると判断したからの
前線フィードだった気が少ししています。
その証拠に、徐々にボールを支配し始めた柏は、中盤からのつな
ぎ・連動性が顕著になりいわゆるユースらしいサッカーを展開して
いました。
特に、19番の比嘉君・8番の仙石君あたりが良かったなあと。
また、大西君に対抗して柏も指宿君が長身FWで対抗。
何となく遠目には佇まいがチュンソンに似てたような・・・?(黄色ユ
ニのFWだからそう見えたんでしょうけど)。
ちなみに柏20番はCB島川君。こちらはポジションも外見も似ては
いませんでした(笑)。



二点リードで安心したのか、後半鹿島は攻め手が少なくなり徐々
に柏に押し込まれます。
そこをドリブル突破されて失点、さらに相手を倒しPKを与えてしま
い同点に追いつかれました。
その後はお互いに攻めを見せるものの決定打を欠きそのまま終
了、引分けました。




来週の柏戦は柏の葉で鹿島アウェイ、でも、トップのようにあまり
守備的にはならず攻めてほしいのが個人的願望です。
野林君のスピードをより生かせるようになるかどうかが鍵かな。
予選の行方を占う決戦になりましたね。



考えてみたら、今週末は27日は日立台、28日は柏の葉と普通の
柏サポなみに柏のトップ・ユース連戦予定です(爆)。
雨が降りそうなのがちょっと憂鬱ですが・・・。



振り返れば、日・月と二日続けてのCH通いどころかCHに行くこと
自体かなり久し振りなわけで、やぶさんをはじめ珍しい方にお会い
できたり、なかなか楽しかったのでした。
#青木と井川の関係を教えてくれたSさん、ありがとう~(^^)。

|

« エコパ追記、そしてCH連続通い | トップページ | J1第30節のみどころ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エコパ追記、そしてCH連続通い | トップページ | J1第30節のみどころ »