« 神戸戦@カシマ展望&日立台決戦に一言 | トップページ | 久しぶりのユース観戦その1---Jユースカップ甲府鹿島戦 »

2007年10月 7日 (日)

個の勝負---神戸戦@カシマ

結局は「個の勝負」がモノを言う。
当たり前のことだろうけど、神戸戦、FW陣を見ての感想です。



それにしても、慎三、ついにやったねー!
2得点1アシストの目に見えた活躍(プラス幻のハットもあり)に
加え、それ以外のところでもスピードの加速やら空中での足首
の柔らかさなど、本人が目指している「見ていて楽しいと思わせ
るプレーヤーになりたい」にひとつ近づいたんじゃない?
退団時セレーゾがブラジルに連れて帰りたいと言ったのが納得
のプレーがやっとトップの試合でできるようになったと思います。



試合中、彼が高三の時の高円宮杯準々決勝@埼スタ第二を思
い出しました。
この年の鵬翔は慎三のワンマンチーム。
「プレー中消えている時間もあるけどいざとなると決める」
とそばにいた記者さんが評したプレーをし続ける中圧巻だった
のは。
後方ロングボールを空中で足を投げ出しトラップしながらその
まま回転レシーブのようにゴロリと着地、そのまま体を前へ体
勢を立て直しドリブルで持ちこんだプレーでした。


なんだあれ? まるで忍者みたい。
と、足首の柔らかさに度肝を抜かれたものでした。
ヤナギが「体がぐにゃぐにゃで見てて気持ち悪い」と言う(笑)のも
わかるような気がします。
あの頃のキレがようやく出てきた気がする。
あとは90分走れる体力ですね。足を攣っている彼を敢えてフル
出場させたオリベイラの鬼采配(笑)の真意をよーく汲み取って
ほしい。




そして相方田代(長女誕生おめでとう)も、本人の特徴が十二分に
出ていました。
ヘッドの高さ・滞空時間の長さ、足元のキープのおぼつかなさ(爆)、
それでも動きもスピードもあるのでただの電柱ではない。
彼のゴール、「何も考えず」空中で足を投げ出しバイセクルをしつ
つずどん。
バイセクルでも滞空時間があるとは珍しい。だからタイミングが早く
ても帳尻をあわせて足をあわせられたんですね。
慎三と田代、それぞれ最近の鹿島にはないフィジカルの特徴を生
かしたプレーが見られ、これはこれでものすごく楽しいですよ。



・・・そこへいくと、個の勝負に負けっぱなしだったヤナギ、うーん、
厳しいなあ・・・。
珍しくすぐパスを出さずDFと競い合うシーンが多かった。それは
それでいいことだとは思うけど、後半途中から出てきて神戸のCB
に一対一で負けてしまうとはねえ・・・。衰えたんですかね。
ハセは、プレーヤーとして峠を越えてからも工夫をしてプレーを
していたと思う。ヤナギもハセを目指してくれ。老け込む年でも
ない、やり方次第でまだまだいけるはず。




それと、拓也は迷路に入ってしまったのか。
あれだけ決定的な一対一を何本も外してしまうとは。
それと、ゴールライン近くのスペースに出たボールを一回は拾って
モノにしてほしい。最初からあきらめているっぽいプレーは全体の
士気に影響するぞ、あれ・・・・。
拓也に決めてほしくて、何度も願いがこもったようなパスを出し続け
るモトの思いを想像して泣けてきた。
このまま不調の一年で終わってしまいませんように・・・。




慎三が表MVPなら裏MVPは青木。
青木がいてくれて良かったと今日も思わせてくれました。もう、青木
から目が離せません。
レアンドロに苦労しつつマンマーク、そして得意のロングサイドチェン
ジパスを何本も通す。これをコンスタントにしてほしいのよね。
かと思えば、メイン側ゴールライン際でこてっとこけること数回。
日なたのバック側でのプレーではそんなことなかったので、たぶん
寒かったんでしょう(嘘)。
今日のDFラインは見かけ3バック。
時間帯で3人のポジション取りが代わり面白いなあと思っていたら、
あれは相手FW陣にあわせて
のことだったんですね。




決定機が多く、本当ならあと3点は取れた試合だったでしょうね。
しかし、終盤2点リードとはいえ変に攻守に中途半端で相手に押し
こまれ結局一失点するとは、試合巧者とは決して言えない。
マルキ・ダニーロがいたら絶対にカシマっていたはずです。
なにしろ、先日の三ツ沢では流経大学生が見事にやってのけた
んですよ。
弟が見事にカシマったのだから兄もそうしてほしかったよ、船山君。
#これで大久保がいたら・・と思うと、けっして満足してはいけない。
   大久保不在のためか、近藤が必死でボールを捌いているシーン
   が何度か(400ゴールはおめでとうと言っておきますか)。
   左SBの茂木もだけど、何だか不憫でした。





あとは箇条書きに雑感を。
・試合前練習では、青木が坪内と話しこむ。前育の一年先輩後輩、
そこに北本も加わって話していた。
  この両チーム、知り合い選手が多く、ビデオでは小澤&近藤祐介
  の旧東京コンビが笑顔で握手。こういう時の小澤ってホント素敵。
  あとは、モトと古賀誠ちゃん(こんなところにいたのか・・・)とかね。
  平瀬はベンチ外で姿がなく。
  かわりに平瀬っぽい髪型の選手、あら、純マーカスだわ。
  大宮時代の坊主頭とはもう別人。神戸で洗練されたかな?(笑) 


・試合前練習、気がつくと小澤の姿がなくあせった一幕も(何だろ)。


・録画で見ると、剛ちゃんは入場時ペアを組む子供の肩に手をかけ
いろいろ話しかけていた。パパそのものの優しいお姿(^^)。
小澤・剛ちゃんと鹿島の良心2人それぞれの様子は嬉しい。
そうそう、剛ちゃん、350試合出場おめでとう。


・一方すぐ前の満男はストレッチに専念。
  満男と手をつなぐはずの子供からは満男を怖いものを見るかの
ような目線が(笑)。


・ハーフタイム、松田監督が高山主審とモメていた姿が映りました。
  あれは、前半終盤神戸のファウルに激怒したオリベイラが松田
  監督に文句を言い続け2人で口論っぽく見えたシーンの続きだっ
  たのだと思う。オリベイラ、ものすごく激怒してました。
  ハーフタイムは、代わりに奥ちゃんが松田監督・コーチと話をし
  にいき、最後は無理やり握手をしていましたね。
  松田さんからすればお互い様と言いたかったのかな? 謎だ・・。





さて、帰りのバス内で見たワンセグ携帯で見た柏ガンバ戦。
高速が千葉市内に入ったあたりでやっと画像がきちんと見えた
直後、チュンソンの突破&ノールックパス(^^)がフランサに通り、
これまた見事な弾道のフランサのゴールでにっこにこ。
バンちゃんにやられたヘッドは祐三・石川コンビがはさみきれず
フリーにしてしまったからねえ・・。でもこの2人他の場面では
よくやったんじゃないかな。
#バレーは負傷退場、でも13日予定だったマグノ復帰が早まる
   だけだろうから、怖さには変わらないですけどね。
こちらの試合も、明日にでもビデオで見直してみることにします。



連休2日め、今日は韮崎へサハラカップ観戦に行ってきます
行楽シーズン、観光にも期待して(笑)。

|

« 神戸戦@カシマ展望&日立台決戦に一言 | トップページ | 久しぶりのユース観戦その1---Jユースカップ甲府鹿島戦 »

コメント

白星おめでとうございます。

柳沢さんは、嗅覚で勝負してきたFWではないですから、工夫は苦にならないはず。
まだまだ頑張っていただきたいです。

船山(弟)さんは、俗に言う「カシマる」のがユース時代から得意で、カシマるのを良しとしないトラウマを有する柏サポから不評を被ったりもしてました。

投稿: やぶ | 2007年10月 7日 (日) 09時57分

やぶさん、おはようございます。昨日は韮崎詣で帰宅後すぐ寝てしまったのでお返事遅くなり失礼しました。書き込みどうもありがとうございました。
船山貴之君は、ユースの頃からカシマるプレーが得意だったんですかー(^^)。なるほど、板についていた訳ですね。それは素晴らしい。
柏サポの不評とは2000年2ST最終戦のことですね。あれはやられた方はイライラしますからね(^^;)。鹿島もいつだったかホームで大久保に見事にやられセレッソ苦手意識と重なりあっぱれとわかりつつ腹がたった覚えが・・・(笑)。でも勝つために大事なプレーですよね(ノブリンはやらせないだろうけど・・・)。

ヤナギには自身のプレーの新たな工夫だけでなく、チームのために何ができるかをもっと前面に打ち出してほしいと願っているんですよ。それが30代プレーヤーの工夫だと思うんですよね(それこそ、ヤナギが慕っていて柏で最後奮闘していた増田のように・・・)。

今日は柏ユースは湘南ユースと対戦ですね。湘南は次は鹿島と対戦、予選の鍵になりそうな展開となりそう。そして21日は鹿島と柏が激突ですか。今年の柏は強いですものね。良い試合になることを期待しています。(今年の鹿島は厳しい面があったりして・・・)(ごにょごにょ)

投稿: ケロマキ | 2007年10月 8日 (月) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16679513

この記事へのトラックバック一覧です: 個の勝負---神戸戦@カシマ:

« 神戸戦@カシマ展望&日立台決戦に一言 | トップページ | 久しぶりのユース観戦その1---Jユースカップ甲府鹿島戦 »