« 五輪最終予選カタール戦(A) | トップページ | エコパ追記、そしてCH連続通い »

2007年10月23日 (火)

祝初エコパ勝利---リーグ磐田戦(A)

エコパって鹿島サポ的には2001年以来一度も勝ったことがなく
苦手意識が強いスタジアム。
実は磐田サポも同じような思いだったと後から知りました。
確かに、最初の2年はゴン&藤田にやられそりゃ悔しい思いを
したけど、その次の年からはエコパに限っては引き分け続き。
ということは、向こうにとっても鹿島には勝てないスタジアムという
ことになる訳ですね。
なんだ、そんなら、両者の願いを取り入れて来年からはヤマハ
スタジアムでやりましょうよ、鹿島アウェイゴール裏動員力もめっ
きり衰えたことだし(自爆)。
---とにかくその苦手なエコパで初勝利(^^)。
おかげさまで、帰路恒例の沼津港寿司屋が美味かったこと。



この週末は、エコパ&クラブハウスとトップ・ユースの戦いを見て
きました。
結果は違ったけどこの2試合、鹿島のトップ&ユースは戦い方が
似ているなあとしみじみ思いました(良い悪いは抜きにして)。
一方、柏のそれはちょっと違っていた印象でしたね。
書き込みできる時間がなかなか取れず遅くなってしまいましたが、
まずは20日エコパの試合のことを。




出掛け直前に宅配ニッカン紙面で「石崎監督李温存」を読み気が
気でなくなり、友人との待ち合わせ駅でスポ新を4誌解買い込み紙
面チェックするも他誌では記事がなくこれまた心配に。
軽症ってどのくらいの怪我なんだろう?
熊本には行っていない?  来週の神戸戦には出場できるの?
というか、開始一分で負傷してあのパフォーマンス?
えー・・・、凄すぎる、チュンソン。
---話が進まなくなるので、この件は別エントリーにします(^^;)。


とまあ、心配事を胸に収めつつ友人の車でいざエコパへ。
川崎ICからはほとんど渋滞知らず、御殿場手前で正面に見事に見
えた富士山。
その後静岡に入り右手に見えるはずの富士山がきちんと見えない。
がっかりしていると
「俺らが右手に富士山を見ると今まで負けっぱなしだったじゃん。
  だから今日は縁起がいいんだよ」。
あー、言われてみれば、新幹線・車いずれも晴れて富士山を見た
ときはエコパだけじゃなく瑞穂・日本平でも勝てなかった。
#ちなみに、彼と私は仲間内でもトップクラスの雨男・雨女だが(笑)。
あ、正面に見えた件は対象外だそうで(笑)。
このジンクスが効き快晴のエコパにも拘らず1-3で勝利でした。




試合の見どころは、岩政ゴール直前の剛ちゃんフライング万歳(笑)。
照れ隠し?にゴールした岩政を即羽交い絞め。ひょー、可愛かった。
#解説山野さんにもつっこまれてましたね(笑)。
引退誤報にからんで鹿島サポとの「絆」を意識したという大人な発言
とはまた別の側面。人となりの幅の大きさが素敵です。
一方の岩政は
「竜太に常につめろと言っている手前自分もしないと示しが付かない」
と竜太の兄貴分らしい頼もしい発言をしてました。



特に前半、ロングボールがものすごく多く何でこんな縦ポンなんだ
ろうと疑問だったのだけど、長すぎる芝に足をとられるための対策を
選手達がとった結果のようでした。
磐田選手達も苦労していたらしく。本家パスサッカー磐田のホーム
なのに、アドバンテージが全くないとは。やはり来年はヤマハで。




もうひとつの見所は、ヤナギのGK一対一外し(爆)---ではなくその
次にきっちりと一対一を決めたところかな。
予行演習となった一回目は予想通り外してくれた(^^;)ので思わず
座り込んで笑っちゃった。ゴメン、ヤナギ。
二回目も同じようになあんて予想してた、ゴメン×2、ヤナギ。
サブで登場した彼のゴールでダメ押し点なんていつ以来?
昨年あたりは深井がそういうゴールを結構決めていたっけ。
GKとの一対一を作り出す彼の動き出しはさすがだと思いました。
ただ、まだ相手を背負ってのプレーでフィジカルで負けることが
多く起点にならないため、しばらくはサブでしょうね。



前線の2人がきっちりとボールを追い競り勝ってと、守備への
貢献度がとても高かったでした。
マルキが先制点を生んだので次は田代にゴールを取らせた
かったなあ。
最後にヤナギにパスを出さずに打った田代。
そう、FWはそのくらいで良いよ。しかも2点リードな訳だし。
前線へのフィードに果敢に飛び出し追いついたスピード&マルキ
へのつなぎ、やっとこの2トップのコンビが見られたのも○。
次の大分戦は日本有数のポストプレーヤーの高松との対戦。
大学時代一緒にプレーしたことがある田代も自分らしさを見せて
ほしいところです。
#田代ともつれて負傷退場の茶野には謝っておこう。




とにかくプレスをかけてソリッドな守備ができるようになった鹿島。
「寄せが早い」との解説のお言葉。なんだか夢見たい(笑)。
磐田が足元パスが多かったから鹿島「でも」カットできたのかな。
まあ、磐田の方が中盤からつなぐ形はそれなりにできていたん
ですが、フィニッシュ・フィニッシュ一歩手前が雑なプレーが多く
助かりました。
あの西のシュート、足でちょんとあわせるだけだったのにねえ。
それと、成岡がトップ下でなく右サイドだったのも助かりました。
ドリブルやクロスへ持ち込むプレーはさすがなんだけど、肝心の
クロスがどっかーんなんだもの。普段のように彼がクロスを受け
るポジションだったら、鹿島も失点喰らった可能性はあるなあと。
前田をきっちり抑えたのが勝因かな。
カレンはシュートは放つものの今ひとつ存在感がなかった気が
する。11月ベトナム戦に備え復活してくれないと困るんだけど。




終了後ゴール裏に来る選手達。
先にベンチに下がったモトが一人一人に声をかけ祝福した姿が
印象的でした。
特にモトとイバの嬉しそうな様子にこちらも萌え。そう、ナビ二試
合で見られた(私は見てないが)イバを励ますモトという構図が、
ここで変わったのですからね。その意気で勝ち続けましょう。

|

« 五輪最終予選カタール戦(A) | トップページ | エコパ追記、そしてCH連続通い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16832127

この記事へのトラックバック一覧です: 祝初エコパ勝利---リーグ磐田戦(A) :

« 五輪最終予選カタール戦(A) | トップページ | エコパ追記、そしてCH連続通い »