« 絶妙な設定 | トップページ | 西から東へ連戦その3---東京清水戦@味スタ »

2007年9月27日 (木)

等々力の憂鬱2007年版---ACL準々決勝川崎Fセバハン戦

「このカンジ、以前もあったなあ・・・」
と最近よく経験する既視感を感じたのは、PK戦に突入し谷口が
外した時。




そう、夜の等々力の試合終盤に帰路を気にしつつバック・ホーム
ゴール裏通路で憤りかつしょぼんとしたのは、2003年ノブリン時
代の新潟戦でした。
今村主審(今どうしているんでしょう)によって試合が壊され茂原
がありえない退場(最近とは違いこの頃はそれほど審判を敵に
していなかった)もあり0-4で大敗した試合(ちなみに仲間内で
は「スパルタン等々力」と呼んでいる)を思い出しました。
スパルタンというくらいだから、荒れ方は先日の鹿島新潟戦なん
て可愛いもの。
そういえば、この年新潟は大宮にも二度大勝し私にとっては天敵
でした。
そーか、当時から私は新潟には良い印象を持ってなかったのか、
納得(爆)。





両チーム選手が激しくぶつかりあいセパバン選手2人が頭に包帯
を巻くほどだったけど、いや、スパルタン等々力の時ほど試合が荒
れた訳ではないです。
しかし、苦くてやるせない気持ちが何となく似通っていて。
個人的には「夜の等々力の憂鬱2007年版」でしたね。



現地SS席に座ったのは19時15分頃。
贅沢するつもりではなかったけど、早めに着けないのがわかって
いたので指定にせざるを得なかった。
等々力のSSってクッションシートのサービスがつくんですね(^^)。
バック1Fのゆるゆる傾斜席とは違い確かに見やすい席でした。


フロンタは3日前の日立台とは異なりベストメンバー。
憲剛が入るとさすがにボールがよく回りサイドの使い方も巧い。
意外だったのは、チョンテセが剛一辺倒ではなくターン・パスの
受け方・出し方にセンスを感じたこと。柔らかさも見せ、へばる
後半途中まではジュニとのコンビで結構かき回していました。




ただ、肝心のジュニーニョがカシマの試合同様外しまくりで・・・。
腰痛情報は本当だったのか。打てども打てどもゴールにならない。
打つまでのドリブルの入り方は相変わらず天下一品なのに。

また、いざという時のセパバンの引きっぷりたるや凄い。
GKを含め9人で守りきる。GKの神がかりなセーブ連発。
あれだけスペースがなくてはサイドからの速い攻めをするしかない。
右サイドは森が痛み井川登場。
憲剛がいるうちはうまーくサイドに散らしていたけど、憲剛⇒大橋
になってからは今ひとつとなってしまいました。
大橋には荷の重いポジションだったかな。




疲れの見えたテセを延長後半初めまで引っ張らざるを得なかった
のは関塚さんの信頼なのか。
でも日立台で前半途中弾丸シュートを放ったガナピー(かろうじて
南が片足で蹴り出した)は怖かった。
せめて延長前半から使えなかったかだろうか。

ここ3試合、実に300分無得点のフロンタ。
野球で言う「打線は水モノ」状態なんでしょうかね。
昨年あれだけ点を取りまくったフロンタらしさが見られないのが
残念でした。

結局PK戦で谷口の失敗が響き敗退。
でも、谷口は責められない。
複数で相手を囲んで粘り強くボール奪取し、前線へ飛び出しと
ボランチとして奮闘していたのがよくわかりました。
接触プレー後の笑顔などを見ると、彼は表情が感情について
いけないのかと思えてしまう。(福西の薄ら笑いとは違うような・・・)
3日前の日立台では、五輪二次予選で同部屋だった20番同士
29番がガチンコだったのだけど、その時も谷口はにーっとして
ました。
知った仲でもやりとりしないのが妙に印象に残ったりして。
そんな彼ゆえ、今回の負け方が彼に何かをもたらす気がします。
いえ、そうなってほしい(でないと、応援したこちらもやりきれない)
【追記】
試合後声をかけても答えずただ号泣しっぱなしだったらしい。
なんだか、99年ナビスコ決勝の満男を思い出しますねえ・・。



しかし、フロンタの応援は一緒にやってみるとテンポが良くてノリ
ノリになれますね。メイン・バック全体で手拍子が出るのも納得。
彼らは敗戦後もフロンターレコールを長いことしていました。
この一週間、選手もサポも何かと大変だったでしょう。
とにかくお疲れ様でした。
できたら、ナビスコ決勝は彼らと対戦したいなあ(2000年の再来と
いうことで)。





ところで、今日の報知にこんな記事が。
ちょっと、ふざけんな専務理事。
関塚さんだって最初から考えていた訳ではなく苦渋の決断だった。
イランでの移動がどれほど厳しいのかわかって言っているんですか。
こんな日程を組んどいて何言っているんだか。
百歩譲って何か言うなら柏戦直後に言えば良いでしょう。
あー、腹立つ。
闘莉王の柏戦肘打ちといいレッズだけが優遇されて良い訳ない。
【追記】
言葉が足らなかったですが、何より腹だたしいのはフロンタのメンバ
ーは規定以内だったのに文句を言われたこと。なんじゃそれ。
はいはい、浦和はメンバーを変えずリーグもACLも頑張ってますよ。
でも、チームそれぞれのやり方があるじゃないですか。ったく・・・。

|

« 絶妙な設定 | トップページ | 西から東へ連戦その3---東京清水戦@味スタ »

コメント

携帯より自己レスですが、谷口は20番ではなかったですね(--;)。
大変失礼しました。後程PCが使えるようになったら本文を修正しますです。

投稿: ケロマキ | 2007年9月27日 (木) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16586881

この記事へのトラックバック一覧です: 等々力の憂鬱2007年版---ACL準々決勝川崎Fセバハン戦:

« 絶妙な設定 | トップページ | 西から東へ連戦その3---東京清水戦@味スタ »