« 川崎F戦直前にひとこと | トップページ | こういう勝利もまた堪らん---柏横浜FM戦 »

2007年9月 2日 (日)

自信を持つこと---鹿島川崎F戦(H)

カシマからの帰り、普段は東京駅から池袋経由の帰宅が多い。
しかし。
昨晩は大宮駅経由(通勤と同じ経路)で帰ってみたりした。
定期利用でいつもそのルートにすりゃいいんだけど、実は新幹
線定期が高くて買わないままでなもので(会社から交通費は振
り込まれてるのに、何やってるんだか)(爆)。

なぜか。
はい、埼玉ダービーの結果を知ってたから(性格悪ー)。
大宮駅からは残念ながら赤・オレンジ両サポには出くわさず。
地元駅前のおしゃれ系立ち飲み屋でしょぼんと飲む赤な人を
発見できたので目的達成(やっぱり性格悪ーー)。
#それでも帰宅後妹には顔をあわせないよう気を遣った。
  先日金沢から私が帰ったときもそうしてくれたので、お互い
  さまなのはこれでも自覚しているんですよ。





さて、さすが寒いほどのカシマでの川崎F戦。
試合前練習では、(イバでなく)青木が井川と談笑。
確かに同い年同士ではあるけど、この2人仲良かったっけ?



イエローハットからの花束贈呈では、キャンペーン嬢から受
け取りにっこにこだった恩氏四審。
松尾主審はそれが面白くなかったか、嫌な予感が。
ジュニ・マギヌンが試合開始直前に鹿島ベンチに来てオリベ
イラ・ダニーロとかなり長いこと談笑していた。
同胞の絆はこちらの想像以上に強いをブラジル人つながりを
感じる。
---ということで久しぶりに時系列で試合を振り返ってみます。
長いですよー。




開始すぐ「そうだ、フロンタは荒っぽかったんだ」と思い出した。
メインの我々の目の前で肘打ちやらなにやらやってくれてる。
また、気がつくとチョンテセと岩政がやりあっている。
しかし、ファウルはほとんど取らない。
そのくせハンドには厳しい。前半は手を使わなければ何して
も良いらしい判定(爆)が続いた。



で、青木がジュニーニョに密着マンマークをし続けていた。
これがサマになってた。いいぞ、青木~と何度叫んだか。
前半最初のフロンタ決定的なシーンをジュニがはずしたときは
助かった。
見ている方は鹿島に運があると思ったしあれで青木もイケルと
思ったんじゃなかろうか。
J'SGOALコメントだとボランチのアンカーというより3バックに
近かったらしい。
青木が入るとボランチとしても守備がしっかりする。
試合前からの大きな期待をこれだけ応えられらた青木、私的
にはMVPは彼と思う。おばちゃん嬉しい(感涙)。
一点は彼に決めれらたものの、あれは直前のタッチライン割
れ判定が見事な差し違えミスで、そこを突かれた印象。
しかも最後までコースを切っていたからあれは許すよ(甘い?)
後半終盤にはランして最前線へ、でドッカーンのシュート、これ
がまた彼らしい(^^;)。
あれだけマークし続け体力余っていたとは、さすがだねー。
強豪相手にはボランチの底に青木を入れて守備をまず安定
させてほしいものだぞ。
中後は昨日も交代出場直後にパスミスでカウンターの餌食に
なっていた。
彼は視野の広さにパスの強さが伴っていない印象。キック練
習をどんどんしてくれ。




先制点の拓也のFKは、93年開幕戦のジーコのようだった。
わざとポストに当てて落としたのかと思ったくらい。
謎ダンスを披露。
まだまだパスの判断が遅く本調子ではない。これで少しは
元気になってくれるだろうか。



満男の2点目のミドルはあのスペースへ走りこんだのもそ
こからドライブかけたシュートもさすが。
そう、憲剛のお株を奪うようなプレーだった。
憲剛はモト・拓也が抑えたにしろ存在感がないのが心配。
オシムの叱責は忘れどんどんミドル打っちゃえよー。



で、前半終了間際チョンテセらの怒涛の押し込みの煽りを
受けファボンが負傷退場。
どうやら足首骨折、全治3~4ケ月らしい(涙)。
やっとフロンタ戦で良いプレーができるようになったのに。
天皇杯には間に合うのだろうか・・・。
(たぶん)マギヌンがハーフタイム終了後も鹿島ベンチに来て
いたのは、ファボンの怪我が心配だったからだろうか・・・?



ロスタイム、アップし続けた剛ちゃんが後半開始から出場。
いきなり彼が手を前方へ振り上げ前線の選手を動かしながら
ロングフィード二本、
彼が一番追加点を取りたかったのだと思った。そう、その意気。



その後、失点シーンを含めやや押され気味となるが、最終ライ
ン+青木ががっちり守っていた。
そして終盤。
マルキがカウンターで走りこみモトとのワンツーを抜け綺麗に
ゴールに流し込む。
会心のゴールだったんでしょう、鹿島で初?のバック転を披露。
やっと見られたよ。
モトの変態ワンタッチパスも見事だった。昨年のナビ準々決勝
@万博を思い出すようなプレーじゃないか。
モトはマルキともアレックスとも相性が良いなあ。




話はそれるけど、チュンソンもモトのこういうプレーをしたいの
だろうなー。ワンタッチを多用しているし。
ミスとなり相手にかっさらわれるケースが多いのも同じ(爆)。
でも、先日の大宮戦の彼のゴールはミノルへ出したワンタッチ
パスから生まれた。
あれは、ミノルへのパスもミノルシュートこぼれ球をつめたのも
素晴らしかった(川勝さんにほめられていたね)。
#こぼれ球をつめるといえば、前半篤人のシュートをなぜヤナ
  ギはつめなかったのだろう。貪欲さが足らないのは持ち味だ
  けでなく、やはり調子が悪いのだと思う。
さて、あのパス。
変態っぷりはモトに軍配があがるけどスピード感はチュンソン
の持ち味、ああいうパスを磨くのもひとつの方向として良いと
思うよとあえて言っちゃおう。



その後、あがったイバからのパスがマルキに通り、右からの
ラストパスを慎三がつめて4点目。
後は、青木の例のラン&シュートやらマルキショー(^^)やら、
いろいろ見せてくれて終了。
そういえば、試合中ずっと恩氏のマークを受けていた関塚さ
んが、終盤はベンチに座ったままのようだった。
力尽きちゃったかなあ・・・。



3日前の自分達との戦いに主審との戦いに、フロンタ以外
にもたくさんの敵と戦った試合をモノにできたのは大きい。
これが自信になればと思う。
(正直私は、同等以上のチームには勝てないんじゃないか
なんて弱気虫になっていた、ごめんなさい)



イバがガンバ戦の不甲斐なさ・ショックを乗り越えるように普通
に働けて(良い出来とは言わない)(爆)、こちらも嬉しい。
森とお互いに手が顔にかかり2人倒れ立ち上がってから一
触即発状態になったり、いろいろバトっていた模様で。
そっか、中村直志の続き森なのね(笑)。
ボールを取りに走ったのに遅延というありえない判定にも
めげず頑張った。次の名古屋戦は直志に負けないでね(笑)。



ここで二週間空くのが勿体ないとは思う。
でも、相当溜まっているだろう連戦の疲れをまず癒して次の
試合に備えていこう。




今夜の国立も昨晩同様涼しそう。風邪に気をつけようっと。
連戦で芝の状態が気になります。
絶好調ハヤノスの恐ろしさには私までビビリそう。
いえ、柏の選手達は先手必勝で必死に臨むはず。
この試合、楽しみです。

|

« 川崎F戦直前にひとこと | トップページ | こういう勝利もまた堪らん---柏横浜FM戦 »

コメント

お久しぶりです(^^)
いつも楽しく拝見させて頂いてます。相変わらず物凄いペースで観戦されているようで、お体の方大丈夫かな~なんて思ったりしています。でも応援しているチームが勝つと一気に疲れも吹き飛びますよね。

鹿島は前節のガンバ戦でコテンパンにやられて、正直リーグ優勝はもうないかな、なんて勝手に半分諦めモードに入っていたのですが、まだやれるってところを見せてくれて嬉しいです。
ただ、ほとんどマルキーニョスと内田、曽ヶ端でもっているようなもので、このうち誰か一人でも欠けると相当苦しいだろうなあと思います。
柳沢がすぐに復活してくれるようにも思えないので、ダニーロにかなり期待しているのですが・・。

中断期間中、内田がU22に取られて疲労が心配されますが、残りのメンバーにはしっかり休んで貰って、次節名古屋戦に備えてもらいたいですね。

年末には「優勝」の喜びをこちらにも書き込めるよう、引き続き応援します。ではまた。

投稿: ぐで | 2007年9月 2日 (日) 19時03分

ぐでさん、こんにちは。おひさしぶりです。
7月のナビ準々決勝広島戦(A)記事のコメントをくださっていたのにお返事をしないままにしてしまい大変失礼いたしました。
見捨てずにこちらを見てくださっていてありがとうございます。
好きなことをしてなので体調云々は言ってられないのですけど、さすがにこの夏の暑さは堪えました。
(夏場は並びを避ける意味でも極力指定席観戦を心がけています)
一昨日のカシマ・昨晩の国立とぐっと涼しくったので助かりました。

今の鹿島は、おっしゃるようにマルキ・ソガ・篤人でもっているようなものですね。あとは交代で出てくる慎三・誓志・ダニーロらの
働きが大きいかな?
ただ、フロンタ戦は今後の鹿島の方向性が見えた気がしました。体力ある青木をとことん使え!ですよ(笑)。
そうそう、篤人が五輪予選に取られるのはとても厳しいですねえ。昨年はU19合宿がリフレッシュの場になっていたそうですが、
ソリマチジャパンではそうはいくまい(爆)。とにかく怪我せずに帰ってきてほしいです。
ファボンの負傷でCB陣のやりくりがいよいよ苦しくなってきました。名古屋戦ではヨンセン復帰が間に合わないことを祈ります。
大岩が古巣相手にぜひとも完封してほしいですね。

投稿: ケロマキ | 2007年9月 3日 (月) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16315528

この記事へのトラックバック一覧です: 自信を持つこと---鹿島川崎F戦(H):

« 川崎F戦直前にひとこと | トップページ | こういう勝利もまた堪らん---柏横浜FM戦 »