« 名古屋駅太閤口のデジャブー | トップページ | 瑞穂・長良川遠征---その2 »

2007年9月17日 (月)

瑞穂・長良川遠征---その1

今日の首都圏は見事に晴れた夏日。
「最高気温34度」の予報にビビリ、計画していた駒沢行き
(リーグ駒大筑波大戦)は、結局やめちゃいました。
行った友人の情報によると、今日も野本君はベンチにも
いなかったみたい。あら・・・。
大学リーグのイメージは爽風吹く晴天、汗拭き拭きの観戦
は総理大臣杯の方でしょ。

ということで、一日ゆっくり休めました。
休みといえば、鹿島トップチームは今日もオフなんですね。
えー、瑞穂の結果で2日も休むなんて余裕ですね(嫌味)。
若手の亜細亜大との練習試合はどうだったんでしょうか。


ということで、瑞穂ー長良川遠征について振り返ってみます。


瑞穂の試合。
前半出だしのプレッシングを失点してもし続ける勇気と走力が
なければ勝利はなかった---ぶっちゃけそんな印象でした。
出だし、マルキ&ヤナギのプレスはアグレッシブで有効的、
そこに満男らの惜しいシュートが決まっていたら展開は変わ
ったんでしょうけどね。
でも、アウェイでそれを逆転するタフさは今の鹿島には残念
ながらないんでしょう。(新潟戦の柏とは対照的・・・)



やや優勢気味の展開で、イバのパスミスから逆襲をくらい
フリーだった本田のそこで打つかシュートをソガが弾けず
失点。
パスミスから攻め立てられたイバも本田をフリーにした篤人
も、両SBの守備が良くなかった。
イバはともかく、篤人はカタール戦フル出場で膝の負傷まで
していたのだから、本調子ではなかった。
だからこそ、後半早々に中後に代えてほしかったのだけど、
大岩→中後の交代で篤人は結局フル出場。
なんだかなー、本田の引き立て役みたいになってしまった
じゃないか。


話はそれますが、ソリマッチはなぜ本田をカタール戦まで
U22に同行させずチームに返したんでしょうか。
出場停止だろうと最後まで一緒にいてこそチームの一体感
が出てくるんじゃないの。そんなことしてるから不協和音の噂
が出ちゃうんだよ---はい、逆きれです、失礼しました。



イバも、サイドを破られるのはままある話だけど、もう少し
タイトにいってほしいよ。ただ、ボランチノカバーが少ないのも
感じる。イバがあがった裏のスペースをきちんと守っているか。
そういう守備の連携・カバーリングが徹底されていないように
見えてしまうのよねえ。


それと、失点後とたんに動きがなくなって横パスか無理やりの
縦パスしか入れられなくなるのは、前線の選手の責任が大き
いと思う。具体的に言えば、ヤナギと拓也。
(前線があんなだからマルキが引いてボール裁きをする羽目に
なる)。
ヤナギは、失点後はらしくない強引なシュート以外は何してい
たんだかさっぱり、消えていた。
拓也も同様。
相変わらず判断が遅くて相手の起点にされそうになっていた。
後半奪われても追わないのには腹がたった。中盤の選手なの
だから守備参加は当然ですよ。
この2人を代えてほしかったのだけど、結局拓也は最後まで。
モトのほうがドリブル進入もあったし、よっぽど相手に脅威を
与えていたのになあ。
篤人を残すなら、あそこは拓也→誓志でいって田代2枚前で
クロスを競わせたら大宮戦のようなゴールが生まれたんじゃ
ないのか。



主審が流し気味だと、残念ながら鹿島には不利になる。
かっさわれ倒れてもボールは前方へというシーンが最近多い
気がする。モト・慎三あたりもっとフィジカルを強くならないと
戦えない選手になってしまう。



しかし、走って足を攣る選手が続出した名古屋に対して鹿島は
完璧に走り負けていた。中断があったのだから疲れは言い訳に
ならない。足攣るくらい走ってみてくれよ、ホント。



柏戦を見る限り前半の新潟は手ごわかった。
巌がインタビューで「後半になれば走り勝てると思っていた」と
言っていた。
いや、新潟だって昔から走力に自信のあるチーム。その相手
に対してこの自信。練習から裏打ちされているんだろうなあ。
最後まで走りきる自信があるからこそ、フランサの捌きが生き
てくるのだと思う。
こういう力強さを鹿島はどこかに忘れてしまったのか。

新潟戦では、まず守備とプレス意識をもう一度最後まで持てる
ようにしてほしい。エジミウソンは青木のマンマーク、で貴章には
岩政が徹底的につくようにしないと、やられると思う。
(新潟柏戦のことなどはまた別エントリーで・・)



ここでいったんきります。
楽しめた昨日の天皇杯FC岐阜福岡教育大戦@長良川につい
ては次のエントリーで。

|

« 名古屋駅太閤口のデジャブー | トップページ | 瑞穂・長良川遠征---その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16477791

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞穂・長良川遠征---その1:

« 名古屋駅太閤口のデジャブー | トップページ | 瑞穂・長良川遠征---その2 »