« 西から東へ連戦その2---マリーンズバッファローズ戦 | トップページ | 等々力の憂鬱2007年版---ACL準々決勝川崎Fセバハン戦 »

2007年9月26日 (水)

絶妙な設定

ノブリン、そう来たか!

レイソルは勝ち点45達成後今シーズン次の目標を「TOP3」と
しましたかー。これこれ、どちらも説得力がありますね。
さすがに東芝サラリーマン経験のあるノブリンらしい緻密さと
説得力ある設定。
具体的な数値で(鹿島も標的にされてるけどさー)(ガクブル)
選手も受け入れやすいためモチベーションがさぞ上がると思う。
なにせ、早くもやる気満々の選手がいますから(笑)



しかも、達成するまでは新潟戦後も頑固に「あと9試合で勝ち点
2が目標」と言い放ち、実現し易い目標(いくらなんでも9試合で
三勝はするでしょ?)をあくまでも真面目に言い続けるノブリン
には笑ってしまってました。
あくまでも目標達成までは上方修正はせずに達成させ、達成後
次の目標を設定する。足場を固めながら次へと進める。
おお、プロジェクト推進の一つの手法ではないですか。
と、自分の仕事につい置き換えてしまいます。
ぜひともウチの会社にお越しいただきたい(爆)。




ご本人も自覚されてますが、ノブリンは勝負師というよりは育成
に長けた指導者ですね、それも極めて優秀な。
もしもノブリンが勝負師ならここは逆転優勝と言うかもしれない。
でも、あくまでも育成重視の彼は来年以降の優勝争いできる力
を見据えた上で選手達をさらにレベルアップするための明確な
目標設定をしたわけです。


標的にされた鹿島は立場上ギブアップ宣言はまだできない、あく
までも目標は優勝と言い続けるしかありません。
昇格一年目で残留+αを目指した柏と常に優勝を義務付けられ
ている鹿島との違い、大きいのは確かです。
で、最終的に両チームともぜひ目標達成できれば良いなと切に
願います。

 

実は、この目で確かめたいことがいくつかあり22日(土)午前、日
立台へ練習見学に赴きました。
(もともと予定の都内美容院行きを少し遅らせ、その後ダッシュで
カシマへ)

前日練習なので、鹿島同様ミニゲーム@子供の喧嘩(笑)と阿部
嵩選手の一発芸(負けチームでダッシュが一番遅かった選手に
課せられる罰ゲーム)「習志野ゴー!」(笑)を見てきました。
#習志野⇒流経柏⇒流経大と7年間一緒だった船山兄君も知っ
  ているはず。今度機会があったら本人に確認したいもんだ(笑)。
  そうそう、今月のフリークスの青木ページで船山君のネタが満載
  でしたよー(と某さんに伝えてみる・・・)




その時一番心に沁みたのは、サテメンバーによる居残り練習で
ノブリンの
「阿部ちゃん、ナイス! はい、ダイレクトー!」
の声でした。
阿部ちゃん=阿部吉朗選手は私が昔から結構好きな選手。
彼が柏に来てなるほどなーと思ったものだけど、シーズン途中
からユッキー・谷澤・鈴木達ちゃんらの後塵を拝しベンチ入りが
できてない状態です。
そんな彼を励まし続けているかのような声。これだけでじーんと
きましたよ。
ダイレクトでパスをつなぐ練習で延々と
「1、2、・・・・ さーもう一回」
を繰り返すノブリン。それはタフでした。
イメージは奥ちゃんのサテ練習をもう少しハードにした感じかな。



こういうのを目の当たりにすると選手達もそりゃついていくだろう
と強く思わさせられました。
野々村氏が何かのインタビューで
「石崎さんと話をすればするほど好きになる」
と言っていたのを見たのですが、はい、私もそうです。
フロンタ時代までは、石崎さんの指導力は凄いと思いつつこれ程
カリスマ性がある人とは知らなかった。
こういう話を知れば知るほど選手を生かすも殺すも監督次第だ
なあと思います。反面教師が全てでは選手はタマリマセン。



鹿島の選手達も、日本人でセレーゾのような人間味ある良き指
導者にそろそろ出会えたら、別の形で大きくなれるのになあと思
いました (篤人の吉田監督とかね)。
もちろん今のオリヴェイラも育成能力があり、選手達・サポに
誠実な監督です。
ただ、日本人監督ゆえの戦術の理解のさせ方や気持ちのもって
いき方があるんじゃないかなあと思ったりして。
そんな意味ではチョン・テセのコメントのように関塚さんだなあ。




なにせ感激屋なので、下平スカウト氏・宮本マネblogには何度も
泣かされてます。
特に下平氏の今回のミノルのはタマランかったぞ・・うるうる。
(レンタルでミノルのように成功する選手の方が少ないのは重々
  承知してますよ)



私が勝手に「下ちゃん」と読んでいる人(広島の下川ね)二人とも
癒し系だとも気がつきました。
スカウト氏の方は、数年前ユッキーと小平のグランドを楽しげに
ランニングしていた姿が懐かしい。
そのユッキーとまた柏で一緒になっているのも何かの縁か。



鹿島もそろそろ、選手/スタッフにblogをやらせても良いと思う。
フリークスがあるとは言っても、それでは新規ファンは掘り起こせ
ない。
柏のこのblogの存在がどれだけ新たなファンを起こしているか広
報はぜひともベンチマーケティングをしてほしいですなあ。
そういう意味で、引退した本田氏が各メディアで鹿島のことを触れ
てくれるのはとてもよいことで、もっと生かせたら良いと思います。
#鹿島で一番読んでみたいのは、同じスカウトのクマblog。
   人間味あってアメリカンジョーク満載なblog、読んでみたい(笑)。
   あ、強化部長のは別の意味で公開したいかな・・(爆)。

|

« 西から東へ連戦その2---マリーンズバッファローズ戦 | トップページ | 等々力の憂鬱2007年版---ACL準々決勝川崎Fセバハン戦 »

コメント

お陰様でFREAKSの存在へ意識がいきました。
ありがとうございました。
(自分へ向けられたものとも限らないのに、図々しい…)

人間味といえば、レイソルで主にサテライトを担当されている田村コーチも、なかなか魅力的で、指導していただけるなんて幸せだ、と思える方です。

投稿: やぶ | 2007年9月27日 (木) 00時49分

やぶさん、こんばんは。ようこそいらっしゃいましたーー(^^)。
はい、某さんとはやぶさんのことでした。先月かな、やぶさんのところの書き込みを見て、毎月フリークス船山アンテナ担当になろうと決めたのでした(笑)。

田村コーチというと、奥様と2人で散歩中をカトゥに目撃されたりベランダに向日葵を大事に育てていらっしゃるエピソードを思い出します。
私がこんなことを知っているのもオフィシャルBLOGのおかげですね。
次に練習見学に行ったら田村コーチもチェックしてみますね。情報ありがとうございました。また、どうぞお越しくださいね。

投稿: ケロマキ | 2007年9月27日 (木) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16580593

この記事へのトラックバック一覧です: 絶妙な設定:

« 西から東へ連戦その2---マリーンズバッファローズ戦 | トップページ | 等々力の憂鬱2007年版---ACL準々決勝川崎Fセバハン戦 »