« 一枚の写真から | トップページ | U22世代それぞれの奮闘 »

2007年9月 8日 (土)

代表戦もJも地道な努力から

猛威をふるった台風9号、こちらもそれなりの被害を受けました。
出勤に三時間かかったり水をかぶり一時給湯設備が故障したり。
一番大変だったのは洗濯物が溜まりに溜まったことかな(^^;)。
被害に遭われた方々へはお見舞い申上げます。



過ぎ去ってみれば台風一過。今日はドピーカンですね。
今日から秋季関東大学リーグが開幕。
修人君@早大を見に行きたい気持ちはあったのですが、西が
丘は暑そう、夜中の代表戦を見て眠い、まずは大量の洗濯を
せねば(^^;)---ということで今日はやめました。
(明日は涼しそうなら流経見にたつのこ初観戦しようかと)




ところどころ気を失いないつつ見たA代表オーストリー戦。
印象に残ったのは
・弾丸ミドルを放った憲剛、やっと自分を取り戻せたかな。
  鹿島戦の後でよかったよ(爆) 。
・遠藤は相変わらずPKはうまい。
・中沢、先日の国立に続きやっちゃったか(^^;)。


こんなところかな、感想内容が薄くてスミマセン。
酷暑のサウジと違い雪が降るほど寒いらしいオーストーで走ら
ない足元サッカーを繰り広げるのはどうなのかと思ってしまった。
パスはつなげどシュート打たず、両サイドの突破は不発。
相馬の言うようにアジアカップから変わってない。
今年の鹿島ならこの代表よりは走る自信がある(爆)。
それと、ピッチのめくれ具合が出来立て時の埼スタのようで、
変に懐かしかった。ああいうピッチだと怪我もしやすいですね。
松井は期待ほどのプレーはなく、あれなら大久保・山瀬を連れ
て行けばよかったのになあ(贔屓目の欲目ですが)。



で今夜の五輪予選サウジ戦でついに篤人がスタメン濃厚とか。
しかも3バックの右WB。
なんでそんなフォーメーションで彼を使うかなあ。
賢い彼のことだから何とかこなすと思う(信じたい)けど、五輪
代表デビュー戦は慣れたポジションでやらせてあげたかった。
本人はそのあたりは覚悟&前向きに捉えているようなので心
配しなくても良いかもしれないですけどね。
発言からも、可愛い容姿とは裏腹で相当な大人だと思います。
しかし、ソリマッチのこの発言は何だかなあ、正直気持ち悪い。
まあ考えたら新潟監督時代清水東ラインをぶっちぎられ鹿島
にさらわれた時から鬱屈した思いを持っていたんでしょうか。



出番があれば篤人頑張れ。平山にとにかくクロスを放れ(^^;)。
チュンソンのほうは1トップ濃厚のため出番はないかもしれない
けど、出番があるとしたら厳しい場面だと思う。
君はアウェイに強くそういう時こそ真価を発揮できる選手のはず。






話は変わりますが。
昨日会社の後輩の男の子と話していたら突然
「僕、8月11日の浦和柏戦見に埼スタに行ってたんですよ」
と言い出した。ゴール裏そばのホームSA席だったらしい。
なんでも夏休みに合わせ試合をチェックし発売日に買ったとか。


「レッズ戦だけはアウェイメインでも居場所がなくなるカンジが
するから柏ゴール裏にいた」
と言ったところ、ホームメイン端からも良く聞こえたらしい柏
ゴール裏の熱さを絶賛し始めました。
ひとしきり柏ゴール裏の話をし、続いて闘莉王&穴沢の巌への
仕打ちを訴え、さらに埼玉ダービー後の闘莉王の態度の悪さ
(妹が相当怒っていた)なども話題に。
「柏戦の時は大宮引分を聞いてレッズサポが拍手をしていて、
大宮も応援しているんだなあと思ったのに」
とダービー敗戦後ブーイングしたレッズサポにがっかりしたよう
だったので、
「ホームのダービーで下位の大宮に負けるのは許されない」
とレッズサポを擁護し。・・・あれ?



彼はどこのチームのサポでもなくサッカーそのものに興味を
持ち始めたところ。
鹿島サポにしたいところだけど、次に興味あるのは新潟らしい
ので、16日に新潟柏戦があると教えてあげました。


もうひとつ会社関連。
実は、最近日立関連社員の人達と仕事をしています。
彼らに先日の日立デー(横浜FM戦)の話を振ってみたところ、
チケットが回ってきても興味がないのでそのままだったとか。
あらー、従兄弟の子に続き努力すべき対象を見つけました(笑)。

|

« 一枚の写真から | トップページ | U22世代それぞれの奮闘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16379843

この記事へのトラックバック一覧です: 代表戦もJも地道な努力から:

« 一枚の写真から | トップページ | U22世代それぞれの奮闘 »