« エルゴラより第26節見どころ | トップページ | 西から東へ連戦その1---柏川崎戦@日立台 »

2007年9月23日 (日)

課題はあるも勝利---新潟戦(H)

少し子供っぽいけど、チーム力を不等号で表現したりしますよね。

22日の試合後の状態は、まさに

神戸>>名古屋>>鹿島>新潟

でした。



ーーったく、名古屋ふざけんなー。中位力にも程がある。
ウチに3-0で勝っておいてなぜ神戸に5-0で負けるかねー。
H/Aの違いやら気温差らやら要因はいろいろあるでしょうけど、
結局、
「正剛が鹿サポ兼正剛ファンの友人にいいとこ見せたかった」
ことにしときました(笑)。
#瑞穂でしょーもない試合をした鹿島はこの際言及せず(爆)。





瑞穂の悪い印象が残っていたため会場に着いたときは今ひとつ
気分が高揚してなくて。
選手が登場し、投げ込みがボールに変わったなあとか、皆ボー
ルを両手で持ってるのに満男だけ1つしか持ってないとか、珍し
くマルキがメインに来たと思ったら最近目立っているブラジル人
サポにあげたのかとか、そんなことで和んでました。



スカウト氏がどなたかご一家を引き連れてメイン席へ。
来期入団予定選手のご家族かしら。 鈴木家? または・・・。




メイン上段でサインをするヤナギの髪が相変わらず金髪。
結局怪我だったんですね。(首痛?)




試合開始直後は先週の新潟柏戦のデジャブーでしたね。
動きの思い鹿島に対して開始早々からボールをつなぐ新潟。
開始三分に貴章がカウンターをドリブルで抜け、並走しきれな
かった岩政がぶっちぎられ失点。
鹿島伝統、鈍足CBの姿がそこに(怒)。
ついていけないならもっと手前でプロフェッショナルファウルを
すればいいのに。開始早々で躊躇した? いや、秋田だったら
覚悟を決めてしたと思うぞ。
確かに貴章はイメージと違って俊足。それにしても・・・・。



いきなりの失点で点を取りに行くしかない鹿島。
でも、中盤が機能していないためエンジンがなかなかなかからず。
というか、満男・中後のボランチ陣がちっともその役割を果たして
なくて、すっかすかの守備。
彼らにやらせるのが間違っているんだろうか。青木がいたら少し
は変わったのかなー。
一方、両SBがあがった穴を埋めていたのは本山。
それは献身的にカバーしまくってました。
でもそれは本来はボランチの仕事でしょうに(怒)。
肝心の攻撃ではパスミスの目だつモト。もう気の毒で・・・。

最近の傾向ですが、中盤が機能していないからCB陣は前線へ
のフィードが増えます。
今回のターゲットは田代。
落下点の憶測ミスがかなり多かったけど、後半になるにつれ少し
ずつそのボールにあわせられるようになってきたようでした。
ポスト成功率は半々くらいかな。もっと足元を丁寧にいってほしい
ところだけど。



でも、彼はチームへの貢献はゴールでといった典型的点取り屋
の側面があり、この試合の二点はまさにそれでした。


一点目。
イバのファーへのクロスを満男がはたき田代がゴール。
この流れ、いいなー(つーかイバのクロスにニコニコ)。
瑞穂の2点目がこんなカンジだったので、敵を討ったぞと。


二点目。
今度は篤人が低めの好クロスを田代がダイビングヘッド。
これは2人とも見事でした。
やっと両SBが活きてきますね。



後半の三点目。
マルキがゴール前でつぶれ、一瞬時が止まったようになった
ところを足元にフリーで受けられた拓也がズドン。
新潟DF陣は被ファウルと思い動きが止まっちゃったのかな。
でも、あれは半分はマルキのゴールでしょう。
ゴール後誰もマルキに声をかけず気の毒になってしまったよ。
#唯一声をかけた篤人、やっぱりいい子じゃー。




問題の最後のソガ退場シーン。
あれは双眼鏡でチェックしていた友人が「ソガやっちゃった」と
嘆いていたくらいだし、妥当な判定と思います。
(突っ込んできた貴章にイエローが出ないのは解せないが)
山形の豊田が報復の蹴りで6試合出場停止でしたっけ?
ソガも一試合ではすまないかもしれない。
以前からソガの激怒するプレーは個人的にはNGだったので、
これを機会に大いに反省してくれないと困ります。
#交代が取り消されて下がる誓志も、突然の出番にタオルを
   首に巻いて登場した小澤も気の毒ではありました。



それにしても奥谷主審。
それまでは「ヒドいかと思ったけど今日はまあまあじゃない?」と
友人と言っていたのに、最後の最後に鹿島の被ファウルを3本
続けて認めなかったのには腹がたった。
三田は足削ってたし永田はユニ引っ張りまくっていたではないか。
メイン前の方で物体が飛び観客が投げ込んじゃったかと思いき
や、あれは鹿島ベンチのドリンクボトルだったんですね(爆)。
某スタッフがいわゆるクルクル○○のアクションをしていたのも
見た。それほどベンチ自体激昂していたのでしょう。
しかし、あと数分だったのだから、ゴール裏の「ヘッタクソ」コール
は終了後まで我慢してほしかった。
あれだけ揃う声を試合開始時からできないのはどうしてかな(ぼそ)



中盤・DF陣に問題山積みのまま、FWの決定力で勝利しました。
こういう試合もあるよねと言いたいけど、最近ずっと課題が解決
されていない気がします。青木、とにかく頑張れ。




次の広島戦は小澤先発。
登場直後彼に声をかけていた剛ちゃん(審判に激怒し周りに指
示まくりで一番カッコヨカッタと思われ)とともに、三十代パワーで
ぜひ勝ちましょう。



今日は味スタ→日立台ハシゴ。
どちらもホーム勝利を。めでたく地球滅亡しますように(笑)。


【追記】
深井はエジミウソン負傷のチャンスを生かせなかったですね。
交代で出場した河原の方が動き方・パスの受け方にセンスを
感じた。
来年どうなるだろう?
帰ってくるならもう少し活躍してほしいのだけど。


【追記2】
書き忘れたけど、ダニーロのベンチイン&プレーが見られて
よかった。どうしたかなと心配してました。
しかも、ものすごく利いてましたね。
パスは必ずつなぎ効果的に散らすしヘッドはきちんと落とす。
慎三と2人セットで登場したらもっともっと威力を発揮しそう。
出来の良くない中盤陣にぜひカツを入れてほしい。
ダニ、頑張れよー。

|

« エルゴラより第26節見どころ | トップページ | 西から東へ連戦その1---柏川崎戦@日立台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16539471

この記事へのトラックバック一覧です: 課題はあるも勝利---新潟戦(H):

« エルゴラより第26節見どころ | トップページ | 西から東へ連戦その1---柏川崎戦@日立台 »