« 選手と監督の信頼関係 | トップページ | 五輪予選勝利の代償・・・ »

2007年9月13日 (木)

ドキドキさせられるも勝利---五輪予選カタール戦(H)

んまー、最後までドキドキもんの薄氷の試合、勝ってよかった。
とにかく、ほっとしましたよ。
これで、勝ち点7でカタールに勝ち点差3をつけC組一位。
これなら10月の長期合宿はいらんでしょう、頼む、そうしてくれ。




出掛けであまり時間がないので箇条書きでいくつか。

・とにかく、篤人2試合連続フル出場お疲れ様。
  終了後の場内一周挨拶に結局出てこなかったのは、早く帰る
  ためと思いたい(ベトナム戦のチュンソンも結局無事だったから)。
  倒された後足をやや引きずっていたのが気になる。
  なんとしても無事に名古屋に行こう。
  本職の守備では不安定な面もあった。日々精進。


・篤人にまだなかなかボールがこないのは、お隣の青山直ちゃん
  はじめDF陣・ボランチが篤人をわかっていないからか。
  直ちゃんには市川と思ってどんどんパス出してほしいのになあ。
  後半10人になってから家長あたりがずいぶんと出してくれた。

・家長はサイドFWへのパス出しでも重要な選手になった。
  他の選手とはダメでも彼と相性悪い選手はまずいないと思う。
  運動量は少なくともいざとなればボールを奪い鬼キープに
  一対一の間合い等々、他の選手にないものを持っている。
  そして最後の鹿島る姿は感涙ものでした。
  容貌からも若かりし頃の満男かと思わせたり。
  左SB伊野波が中に絞り込みすぎの守備をしていたので、
  サイドで家長が一対一の守備をしていたのはうーん。
  あれは東京でCBをやり続けた弊害か?


・家長が満男なら柏木は若かりし頃のモトのようだった。
  ワンタッチパス多用し、通ればビッグチャンス、でも相手に
  奪われる点も多い(運動量はモトのほうがずっと少ないが)。
  要は軽いプレーをしていた頃のモトに似ているなあと(爆)。
  受け手との連携がまだまだな面、今後は少しずつ良くなる
  と期待したい。でも、どっしりキープも必要と思うよ、柏木君。


・デカモリシもサウジ戦に続きほぼフル出場。
今日も1トップでお疲れさま。
そばにいるのが水野・家長でシャドーではないため、シュート
チャンスは彼だけだったのはホント厳しかった。
2トップでやらせてあげたかったと思う。
後半10分頃に足をつってからはかなりガス欠。あそこで
交代していればさらに加速できたのではとも思う。


・しかし、梶山負傷(大事には至らなかったかな)、本田拓也
退場とアクシデントが続き、ボランチ二枚を交代する羽目に
  なり、いよいよ守備的にいかざるをえなくなった。
  祐三は慣れないボランチを何とかこなしたんじゃないかな。
  しかしあれなら、伊野波をあげて祐三がCBでよいのにね。
  もともとはボランチが本職だったのに。
  青山敏もミスせず前へ走りとなかなか良かった。

・で、最後ロスタイムに登場したチュンソン。
んもー、デカモリシが疲労困憊なんだからもっと早く交代して
ほしかった。
チュンソンも1トップはこなせるんですよ、反町さん。
しかも名古屋戦・横浜FC戦・大宮戦と全てゴールし負けてない。
前線からの守備は柏で彼がさんざやってきているし。
次はぜひ彼の1トップも代表で見たいです。
つーか、デカモリシとチュンソンの2トップなら両者動けるし
  いいと思うけどねー。


・振り返れば、10日前に同じ国立で行われた柏横浜FM戦に
  よく似た展開だったような気がする。
  前半早々にゴールし、その後は相手に攻められ続けるものの
  DF陣をはじめとした守備で奮闘。
  時折りカウンターからの攻撃でシュートするも決まらず。
  最後の最後にFWを変え前線からの守備をさせて完封。
  まあ、こういう試合を勝ってこそ次へつながる。



涼しすぎる国立観戦の雑感でした。とりあえずこんなところで。 

|

« 選手と監督の信頼関係 | トップページ | 五輪予選勝利の代償・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16431974

この記事へのトラックバック一覧です: ドキドキさせられるも勝利---五輪予選カタール戦(H):

« 選手と監督の信頼関係 | トップページ | 五輪予選勝利の代償・・・ »