« 本田泰人引退試合 | トップページ | 今さらですが、納得しかねる »

2007年8月 5日 (日)

対極な試合(オールスター、そしてU22中日戦)

夏の午後のバックスタンド観戦は極力避けるべきですね。



と、昨年・今年と二年連続オールスター観戦した反省です。
エコパは東の山から時折風が吹いてくるとはいえ日差しが
差し込むのでバックは暑くて日焼けもしましたわ。
(バックはメインに比べ高さがない分見にくいのもねー)
試合開始の17時より少し前には曇り空となり蒸し暑さは
あるもののだいぶ落ち着いたんですが。
でも、ほら、私的本番は15時からのマスコットアトラクショ
ンだから(笑)。
写真なんてめったに撮らないくせにこのために買い増した
O社デジカメで20枚ほど取りまくり。
電池が切れてしまい選手は篤人のアップで四股踏んでる
姿一枚のみ(爆)、目的達成はしたのでこれはこれでヨシ。
#画像の全くないここに初めてアップしようかと思いつつ、
   人前でお見せするような腕ではないし、今回はパスで。



スーパーエキジビジョンではゴン&カズがやはり主役。
カズは旧友に話しかけるかのように素になってしゃべって
いる。
一方、とゴンは相変わらずトークがうまい。
グランパス君を「シャチ」と呼び続けたしなめられ(笑)、ニ
ートレディア君を「名前何だっけ?」とちょっかい入れる。
レディアは例年に比べ暴走っぷりがおとなしかったかも。
今年はレイ君・モービー君が帰ってきたけど、ポケットから
カメラを出して前田アナと2ショットを敢行したロビー君が
いないのが少し淋しい、いや、少しね(笑)。
去年のレイ君がオールスターにいたら凄かっただろう(笑)。
今年のレイくんはおとなしくしてました。
そして、しかおの角は相変わらずたれてました。
東海3マスコットはノリノリで組み体操したりで仲良さそう。
主役パルちゃんは、ハーフタイムにイーストゴール裏まで
来てくれて、芝刈り機とビリーをきっちりやってくれたり、と
ことん芸達者でサービス精神旺盛でした。
この時点で試合の結果も予想ついたのかもしれない。




両チームスタメンを見て、一番期待していたのは大久保。
先日も書いたように、彼こそ今の代表に必要ではと思う
から、プレーで周囲を納得させるんじゃないかと。
結果、最後の最後に彼らしい飛び込みからのゴールで
MVP。やったね!
しかも賞金は新潟震災の人々へ寄付すると。なんと男前な。
プレーにセンスが感じられるて見ていて楽しいしやはり巧い。
国見時代、そして今の神戸で2列目が板についているので、
そういったプレーが多かったけど、FWも当然イケる。
後半寿人とのコンビとか、これは懐かしかった。
全体的に、ウェストの方が活きが良かったかもしれない。



イーストは、前半はかなり良かった。
フランサが視野の広さから右サイドの篤人を使うあたりは
イーストお目当てのコンビに萌え~。
憲剛がイイカンジでからみ、良かったと思う。
伸二はなんだかんだボールにからみ動きも見せ、ここ最近
の好調さを見せていた。要注意--とフランサは思ったかな。
しかし、後半憲剛・我那覇・闘莉王らを下げてよりカズにボ
ールを集めるようになってから躍動感が減り正直つまらなく
なってしまった。



家長(と水野)はこんなところで精度の高いクロスをあげてる
場合じゃない、今すぐ中国に行ってくれー(笑)。
右サイドが渋滞してしまうかと心配された水野と篤人、後半
開始なかなかのコンビができていた。
その後は篤人は3バックの右(でしたよね?)であがりは抑え
気味。
(なのに、いざあがる時は左サイドへ。やっぱり渋滞??)
この2人、北京五輪予選で一緒にプレーする可能性がある
訳で、篤人だけでなく水野も90分プレーさせてあげたかった。

・イーストゴール裏の声かけに手をあげて応えるヨシカツ・
  北野。2人とも楽しんでいたみたいで何より。
・福西紹介で起こったウェスト水色集団によるブーイング。
  でも交代出場時には敵軍なのに拍手・歓声があがった。
  オーレーオーレーを全体で歌うあたり、ウェストの方が応援は
  楽しそうに見えた。


しかし、こう暑くては遠征の移動も気をつけないといけない。
来週の甲府・さ来週の熊谷と恐怖のアウェイ灼熱二連戦、
鹿サポの方々、くれぐれもご自愛を。




オールスターの影でひっそり行われた鹿島VS神奈川大の
練習試合は6-0で鹿島勝利

前半ベストメンバーで1点しか得点できなかったのが心配
ではあるけど、キャンプ明けだしこれから・・・でしょう。
引退試合でも奮闘するモト・満男に比べヤナギが正直物足
りない。奮起せよ、ヤナギ。



そして、オールスターの対極な「U-22 4カ国トーナメント」。
中国戦の審判団や中国のラフプレーは、アンビリーバブル。
一番かっかしていた谷口も途中からはあきれてしまったか。
今大会の日本はメンバーが揃っているFW陣に比べ、中盤・
DFともやりくりしながらの対戦なので、特に中盤でボールロ
ストが多かったのはしかたないでしょうね(梶山がいたら・・・)。
梅崎は足をやられて別メになってしまった。ツライね。
一方、J開幕戦に続き鼻骨をやられたミノルも右足をカニばさみ
されたチュンソンも大事にはいたらなかったようで一安心と言い
たいけど、海外での負傷は慎重に処置しないと長引きますから
ぜひお気をつけください。
今夜のボツワナ戦、誓志はスタメンかな。何かを掴んで帰って
きてほしいところです。

|

« 本田泰人引退試合 | トップページ | 今さらですが、納得しかねる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16014451

この記事へのトラックバック一覧です: 対極な試合(オールスター、そしてU22中日戦):

« 本田泰人引退試合 | トップページ | 今さらですが、納得しかねる »