« 横浜FC戦(H)を前に | トップページ | ホームタウンもいろいろあって »

2007年8月26日 (日)

チームの肝--横浜FC戦(H)

今日は7月に亡くなった伯父の四十九日法要だった。
母方実家の先祖代々の墓は小平霊園にあり、そちらで
法要後墓地で納骨。
剃髪のお坊様の頭皮も我々も汗びっしょりで湯気が全身
から湧き出てるんじゃなかろうかという状態で何とか終了
し、精進落としを済ませて一同解散となった。




小平はFC東京の本拠地、お墓参りがてらでも練習見学に
何度か行ったことがある。
今日はちょうど15時練習開始で時間的にはぴったりだった
けど、さすが今日喪服のまま見学したら縁起悪すぎでFC東
京にあまりに失礼な話だし、当方も倒れそうだからやめてお
いた。



東京は昨晩は浦和に3-2で惜しくも敗戦、これで再開後
4連敗ですか・・・。
柏戦を見る限りそれほど悪くはないのになあ。
結果がつながりにくい点では今シーズンの千葉と同じ傾向
な気がする。



逆に、内容はあまり良くはないけどしぶとく勝ち星を重ねて
いるのは、鹿島も柏も同様。
鹿島は昔のしぶとさが出てきた(の?)。
柏は、とにかく古賀&南の獅子奮迅の働きでまたも完封。
昨日の試合では両チームともボランチに苦労したようだけど、
鹿島に比べたら柏の苦労はたいしたことないと思う。



というくらい、横浜FC戦の両ボランチ(誓志は右サイドという
説もあるけど、あえてボランチでの拙いポジショニングと言っ
ておこう)は酷かった。
どのくらいかというと、言いたかないけどJ1最弱かっつー位。
どんだけパスミスをし守備ではマークをはずしっぱなしなのか。



やはり誓志は前目で前節のようにヘッドを買ってサブで使う
べきだ。
しかも、中後自身がパスミスがいまだに多い状況で誓志を
リードすることなんて期待してはいけない。
鹿島で一番やっちゃいけないボランチコンビじゃないか。
満男復帰直前で好調だった青木をなぜ中後のパートナー
に使わないかなあ。
中後はどうしたって前がかりの選手、青木はアンカーとして
働き時折体力ある突破を試みると。
次のガンバ戦は満男の展開力を生かすために青木をぜひ
パートナーにしてほしいんですけどね、オズ監督。
#私は見損ねたけど、昨晩は鈴木修人君がメインで見学
   していたらしい。
   彼にはあのボランチ陣はどう写ったかな、チャンスありと
   思っただろうか。




スミマセン、辛口で。
でも、首位奪還を目指すべき展開で相手にスキを見せる試
合を続けていては調子があがらないと思う。
イバらがいくら
「これからはトーナメントのつもりで全て勝つ」
といおうが、リーグ戦は内容を追求しなければ絶対にだめ。
なぜって、長丁場を戦うのに結果だけ求めていたら一度こけ
たら建て直しできないままずるずるいくはずだから。
第一、あんな試合していたら観客は増えないと思う。
(劇的に勝つといっても、昨日のは自分で巻いた種、自作自演
  の域でしょう)



あと気になるのは、ラインを高く維持できなくなり、そのため
ロングボールの精度を欠き相手のポゼッションを許したこと。
もう少しつないでいってほしいのだけどなあ。
(ボランチがあれなので不安でCB陣は前目に蹴ったのかな)
うーん、やはりチームの肝はボランチですわ。


それもこれも横浜FCのマルコパウロがすばらしかったから
なんですけどね。いいなー、彼。
どうしてこういう選手を鹿島は取れない(取りにいかない)の
だろう?   彼が今鹿島にいてくれたら---と夢想してもしかた
ないから今シーズンは満男に賭けますが、来年こそは即戦力
スーパーボランチを獲得してくれ。
(少なくともダニーロをベンチで置いている余裕は鹿島にはない)




そのダニーロが入ってから昨日はボール回しが落ち着いて
決勝点を演出したサイドチェンジパスなど素晴らしかった。
彼はボランチは守備が無理なのでFWとして田代と競って
もらうかやはり今のような二列目のサブの働きがベストかな。



マルキはヤナギゴールのアシストを含め決定的チャンスを再三
つくり、体の使い方もうまく素晴らしかった。持ちすぎな面も今の
彼なら許しますよ。
もう、彼のいない鹿島は考えられない。
とにかく怪我をなるべくしないようにケアをしっかりしてくださいな。
(田代、こんなところで怪我している場合じゃないよーー)(泣)



次の金沢は柳沢敦応援倶楽部の皆さんが大挙押し寄せてくだ
さるはず。
彼らの期待を裏切らないためにも、ヤナギ、もっともっと積極的
行ってください。
(GKと一対一なのにマルキパスはありえない)


そうそう、慎三のファーストタッチ=ゴールは嬉しかった。
体のキレがよさそうでやってくれそうと思った矢先即ゴール。
(マルキのつぶれも効いていたと思う)。
しかし、試合後ゴール裏に上がりトラメガ持って自分のチャン
トをリードする選手なんて、鹿島では後にも先にも慎三以外
出てこないでしょう(笑)。FWっぽいね(岡山も気質はFW)。





ガンバはかなり下降線らしいけど、そういう相手の力を引き出さ
せてしまうのが鹿島の伝統(嫌)。
グダグダな試合になりそうな気がする。
それでも勝ちたいのは当然だけど、いや、二年前の万博のよう
な素晴らしい試合になってほしいと切に願ってます。
とにかく、行ってよかったという試合になりますように。

■追記
そういえば、昨晩は久っしぶりの室井ちゃんを見られた(^^)。
横浜FCサポもほとんど彼のプレーは見てないはず(爆)。
パワープレー要員というのもある意味彼っぽくって嬉しかった。
#試合前ホームゴール裏コンコースに阿部敏にそっくりな
   人を見かけ、もしかしたら室井ちゃんの応援に来たのかと
   思ってしまったよ(笑)。ちなみに、赤の他人だった模様。


試合後、モトはまずカズに挨拶にすっ飛んで行き、次に室井
ちゃんに握手をしに出ていっていた。
確かモトは室井ちゃんと仲良かったはず。
昨日のメンバーで室井ちゃんと一緒にやったことあるのは、
モト・ソガ・小澤くらい、選手は入れ替わったものだ。

|

« 横浜FC戦(H)を前に | トップページ | ホームタウンもいろいろあって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16239526

この記事へのトラックバック一覧です: チームの肝--横浜FC戦(H):

« 横浜FC戦(H)を前に | トップページ | ホームタウンもいろいろあって »