« 対照的な今夜の代表戦2試合について | トップページ | 横浜FC戦(H)を前に »

2007年8月23日 (木)

内容より結果、だけど---五輪最終予選ベトナム戦(H)

内容より結果が大事、その意味で最低のノルマは果たした。
でも、最終予選の荒波を想像するとベトナムにホームで1-0の
初戦はやはり厳しいと言わざるを得ないと思う。
---とはいえ、前エントリーのように前回最終予選では初戦を
ホームで落としたくらいなのだから、これからこれから。
と、まずは言っておこうかと。
試合開始と同時に雨が降り出して結構蒸し暑かった印象。




試合を振り返ってまず一言。
青山直ちゃん、セットプレーからのゴールを決めてありがとう。
そして、チュンソンの働きに触れてくれて、こちらもありがとう。




CKではチュンソンは必ずニアにいてDFをひきつける囮の動
きを何度も繰り返していた。
ファーの平山らのヘッドのための約束事だとは素人の私にも
すぐわかった。
ベトナムDFもわかっているだろうにチュンソンの動きを毎回
マークしていた。
その繰り返しがゴールを生んだ--と極めて前向きに解釈して
おこうっと。報われて良かったよ。
地道に繰り返す姿は不憫ながらこちらに伝わるものがあった。
中国の4カ国戦ではヘッドを外し続けたつづけたから仕方なか
ったろうけど、一度くらいは普通にヘッドをしても良かったのに
平山がアレなんだもの・・。




ついでにチュンソン贔屓目線で注文を出しちゃおう。
まずは本田圭佑へ。
チュンソンが良いフリーランやパス&ゴーを再三仕掛けている
のに無視してバックパスばかりだったのはがっかりだった。
鹿島でヤナギが良い動き出しをしているのに中盤がボールを
出さない過去を連想したりもした。こういうのが連携の無さか。
セットプレーもたぶん一度も蹴らせてもらえずやる気がなかっ
たのかはたまた疲れか?
活性化しない左サイドを見て「ここがミノルだったら」と何度も
思ったよ。
チュンソンの左サイドへ出したパスがかなり前方だった(本田
には全然あわず)のもミノルへあわせる感覚(柏のパターン)
で前へ出したからに見えた。
本田は逆サイドにきた水野ともあわせようとしなかった。




そして平山。
後半、チュンソンがボール奪取&サイド突破後平山へのスル
ーパスを無にするのはやめてほしい(チュンソンの動きはミノ
ルっぽかったなあ)。
ヘッドや胸で落とし平山へパスを何度か送っていたけど、その
逆は一本もなかった気がする。
このチームはとにかく平山にシュートを打ってもらうため他の
選手は下僕になるのが義務付けられているように見える。
それなら平山、頼むから一本は決めてくれ。
決定機があれだけあるのはさすがかもしれないけど、それを
全てモノにできないのは・・・。
フリーのヘッドを肩で打ったり、ボールをキャッチしたり、彼は
肩から腕の使い方が下手なのは何とかなら無いのか。あれで
はファウルも取られて仕方ない。
正直、この2人とは相性が悪そうに見える。
尤もチュンソン自身相性が良いのはミノル・家長くらいかと(爆)。




そして、チュンソン本人にも注文。
彼は周囲と連携を取るのに時間がかかるタイプだと思う。
でもそれなら、まずはもっとコミュニケーションを取ろうよ。
柏でミノルとあうようになってきたのも最近のこと。
だから下がってボールに触ろうとして肝心のところでポジション
取りができなかったケースも多かった。
あとは、自分の動き出しにあわせるよう周囲(圭佑)に要求しな
いとダメと思うよ。



前半の飛び込みや後半萌ちゃんのクロスにあわせたヘッドなど
は彼らしかった。
しかし、あとは回りを生かそうというかパスが第一のプレーが多
かった(柏でも最近は同じ)。
でも、ゴール前で平山や周囲へのパスの選択の前に強引にシ
ュートにいっても良いんだからね。
(あるインタビューを読んだときも悪い意味でヤナギっぽいと心
配になったりした)
難しいプレーをする前にまずはシュートを選択してほしいなあ。
フランサの影響なのか、柏でのトップ下のポジションが影響して
いるのか・・・。
前半の飛び込みの後足をひきずっていたのでかなり心配したの
だけど、後半30分まで出場したので大丈夫と信じたい。
(終了後スタンドへの挨拶に出てこなかったのは治療?)
柏でも一度スタメンから外れてサブで途中出場する方が4月頃
の闘争心を思い出して彼のためになるような気がしている。
少しプレーを見直すというか・・・ね。
不器用で一途な印象の彼だからこそ、そういう機会がほしい。





他の選手だと、柏木は動き出しは良いのだけどボールがあまり
来ず周囲とあっていなかった。ぶっちゃけチュンソンと一緒。
家長の方が周囲とはフィットしている。
しかし、後半出てきての使われ方が最近のダニーロみたいで。
彼のキープ力は効くと思う。でももっと違う使い方があるだろうに。



梶山はゲーム勘がないプレーをしているように見えた。
伊野波が抜けて3バックで始まったけど途中から4バックだった
りいろいろ試したようだった。
それだったら、篤人&安田のイケイケSB起用も見たかったな。




あと半月あまりで次はアウェイサウジ戦。
カタールに負けた分しゃかりきになってきそうでなおさら怖い。
どうメンバー・戦い方をいじってくるかホント、正念場ですね。

|

« 対照的な今夜の代表戦2試合について | トップページ | 横浜FC戦(H)を前に »

コメント

はじめまして。
私もチュンソンには期待しています。同じくらい本田圭にも期待しているのですが。この試合では途中から4バックに変更したわけですよね?それに伴うポジションの修正が柏木だけ出来てなかったように思います。
それが左サイドが薄くなったり攻撃陣が機能しなかった原因であるためで、家長選手が入ってからは、左サイドも機能したように思います。チュンソンが左に流れるシーンも多かったのも本田のスペースを消しているのでは?しかし、そうはいってもやはり、SBとしては安田を使ってほしかったです。
長文失礼しました。

投稿: yukari | 2007年8月24日 (金) 16時37分

yukariさん、はじめまして。こちらへどうぞお越しくださいました。
チュンソン贔屓目線から本田圭佑に不満を言ってしまい大変失礼しま
した(^^;)。
メイン中央で見ていたので、後半気がつくと本田圭がこちらに背中を
向けてはバックパスばかりなのがあまりに目についたんですよね。
前線のスペースへ抜け出すチュンソンを何度か目で捉えては、そのたび
あーまたボールが来ないよーとがっかりしてた次第でした。
どちらがではなく両者の意思疎通の問題でしょうか、あれは。
私はそれほどチュンソンが左サイドに張っている風にも見えなかった
んですよね。それより下がってくるなあと。
でもそれは柏でも結構あり、良い時はミノルとうまーくポジションチェ
ンジをしながら二人で動いてボールを運んだりする印象があります。
このチームの一番の課題は守⇒攻への切替の早さかなと思います。
そういう意味では梶山にはもっと頑張ってもらいたいところです。

こんなところですが、またどうぞお越しくださいね。

投稿: ケロマキ | 2007年8月24日 (金) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/16211896

この記事へのトラックバック一覧です: 内容より結果、だけど---五輪最終予選ベトナム戦(H):

« 対照的な今夜の代表戦2試合について | トップページ | 横浜FC戦(H)を前に »