« 年齢構成---アジア杯オーストラリア戦&柏国士大戦 | トップページ | 本田引退試合前日に、つれづれ備忘メモ »

2007年7月26日 (木)

下山したら夏風邪再び

先週末長野飯田へ両親の墓参りをしたついでに、翌日中央アル
プス駒ケ岳の千畳敷カールまでロープウェイで行ってみた。
四方見渡せる山々を覆うガスが風で動く景色がかえって神秘的
だった。
うん十年前に訪れた時は頂上は嵐でびしょ濡れ、風景を楽しむ
どころではなかったのだから、それに比べたら恵まれたのだと
思いたい。



妹は「鉄の塊が飛ぶわけない」と言い切ろうとする(スチュワー
デス刑事のあすか父かい)大の飛行機嫌いで、同じ理屈---
つーか地に足がつかないものがダメらしくロープウェイも乗れず。
度胸あるクセにこういうところだけ、怪しい(爆)。
よって、妹は下のしらび平駅で待ち私だけ千畳敷まで上がった。
この2カ所ともFOMAが使えるとdocomoの看板が出ていたので、
さっそくそこらの風景を写メールで千畳敷より送って見たら妹か
ら10分後に返事が届いたのに感動(笑)。


なあんて23日は珍しく夏休みらしいことを過ごし高速バスで夜帰
宅したのですが、翌日よりまたまた体調は絶不調。
下痢と嘔吐と頭痛がいっぺんに来るもんだから、んもうーー・・・。




こっそり買っておいた昨日の西が丘ヴェルディセレッソ戦の1969
シートチケが無駄になった。
試合のチケットを無駄にすること、7月に入って3回目。
無理がきかない体になってしまったんだろうか?(泣)。
遠征部長の看板を下げるときが来たのかもしれない。
いーや。
8月のオールスター・甲府・金沢、9月の名古屋・広島には這って
でも行くのだーーー。
なぜ死んだーー、板垣ーー。なぜそこで風林火山ーー(笑)。


うは、22日放送の風林火山のラストの晴信の慟哭っぷりが
見事だったもので、つい。
裏MVPは、高遠の領主役で「おのれーおのれー(以下7回
繰返し)」の連呼とともに捕らわれる姿をけれんみ多めでかつ
コミカルに演じた上杉祥三。
芋たこなんきんの小川君と同一人物とはとても思えない。
小川君はインテリでかつ軽妙洒脱な人が良い人物を飄々と
演じていて、味があってものすごく巧かった。
夢の遊民社は彼と段田安則と両エースが素晴らしかったの
だなあ。

話を戻します(笑)。
というわけで、こんな体調ゆえアジア杯サウジアラビア戦は
ぼおっと見てました。
こんな体調でも日本のパス回しの遅さやシュートの少なさ
はわかりましたよ。
サウジ(9番、巧かった!)に残念ながら2-3で敗戦。
灼熱のベトナムで勝ち進めばこうなるんでしょうかね。
ジーコジャパンより劣るとは思いませんが、オシムを賞賛
するほど進歩したとも思えず・・・。




昨年のW杯でも思ったけど、引いて守る相手をぶち敗れる
ドリブラーなスーパーサブがいないのはなぜなんだろう?
いえ、昨年は玉田、今回は水野・太田あたりがその役割を
果たせるはずだったのではないのか。
今得点を期待できるスーパーサブ、思いつくのは大久保。
彼がいたら局面を打開してくれた気がするのだけど。
今年の神戸での活躍を見ると何かやってくれそうだと思う。
3年前のアテネでも第三戦のふっきれたような活躍だったし。
彼はどたんばで(墓穴を掘るか)何かをしでかす男だと思う。
ぜひ、今後は大久保を視野に入れてほしい。
田中達也よりドラマがあるように思えるんですわ、彼は。



攻めてるようで相手に持たされて結局シュートを打てない。
様々なJサポが悪い時の自分のチームのようだと思っている
だろうけど鹿島サポの私も当然そう思うところ。
マルキが加入して最近はやっと他チーム並みになりつあるけど、
シーズン最初はホント少なかったものなあ。



失点の多さは、闘莉王不在の手を打たなかったオシムが悪いと
思う。
大宮時代の三浦監督がよく言っていた「危機管理」が足らないよ。
(うわ、エラソー)
まあ、三浦さんの場合バルデス他が負傷・帰国した後を埋めら
れず昇格できなかった年に反省としての発言だったけど。
6月下旬のJ日程は最初からわかっていたし闘莉王がすでに
怪我がちだったのも既知なこと。
なら、文句を言うだけじゃなくもっと手を打つべきだったでしょう。
他の選手をもっと選んでおくべきだったんじゃないのかなあ。
アジアトップのFWは、本職以外が簡単に守れるレベルではない。
古賀まー君・青山直ちゃん・松田、(岩政)らをリストアップしなか
ったツケではありませんか。




日本の試合の直前の韓国イラク戦でPK戦最後キム・ジョンウが
外したのは残念だった。(表情を見たら外しそうだなあと・・)
顔がこけまくり倒れそうな彼がさらに棒きれのようになって、それ
は痛々しかったよ。
   

   
三位決定戦の日韓戦、むこうは御馴染み選手が多いですね。
チョ・ジェジン、キム・ジョンウ、ソング、イ・ドンク、そしてFC東京
にいたジャン君。
当時小平で彼は見た記憶があります。



久しぶりの燃える日韓戦が三位決定戦か。
次回予選免除がかかってるのでこれはこれで激しい試合になる
でしょうね。

|

« 年齢構成---アジア杯オーストラリア戦&柏国士大戦 | トップページ | 本田引退試合前日に、つれづれ備忘メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15907472

この記事へのトラックバック一覧です: 下山したら夏風邪再び:

» 風林火山は名作になる!!&関が原に夢抱く [ひとこと日記]
久々にキマシタネ~~これ!!! なんていっても武田軍のキャストがハンパないです。 [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 17時19分

« 年齢構成---アジア杯オーストラリア戦&柏国士大戦 | トップページ | 本田引退試合前日に、つれづれ備忘メモ »