« これはヒドイぞ・・・ナビ準々決勝広島戦(A) | トップページ | 雨の三ツ沢の献花 »

2007年7月10日 (火)

広島戦補足&追悼

まず一昨日の広島戦について補足です(録画は見てませんけど)。




動けなかったのは暑さが理由と思われた方が多いようですが、
曇天で湿気はあったにせよ気温はおそらく25度なかったのでは
ないでしょうか。試合前風で寒く感じた瞬間があったくらいでした。
少なくとも昨晩のアジアカップよりはずっと好条件でしょう。
(これまた見てないけど)
またアウェイだから前半は様子見かとも思いますが、そのレベル
を超える運動量の無さでした、残念ながら。
そのくせ、中途半端に上がった石神が戻れてないシーンが再三。
スピード不足のSBはうーん・・・。



また、監督の「右のサイド攻撃がなかった」発言について。
・・・いや、前半数回、イバは前線へオーバーラップ気味のことは
していたんですよ。
ただ拓也らが使ってくれなくて、その後はほとんど上がらなくなっ
てました。
イバで気になったのは右にいるのに岩政を超えた大岩への横パ
スの多さ。サイド逆なんだから柔軟に対応してくれい。
でも、大岩が再三後方からのフィードで何とか攻撃へ転じようと
しているのはさすがだなあと思いました。




いつもハーフタイムで立て直してくるので注目した後半開始。
いきなりイバとマルキのワンツーからイバのミドルがポスト直撃。
唯一といってよいくらいの攻撃の形でした。


イバもいつもよりは出来が悪い訳ではなかった(^^;)ので、イバを
下げず石神アウトで青木を右SB、ダニ投入で中盤再構成をして
ほしかった展開でした。
ダニーロが入りキープ力がアップ、チャンスが作れてましたよね。



思い出すのはこんなところかな。
次の試合の両SBをどうするかで、オリベイラの柔軟さが判断で
きると思います。
おめおめ簡単に敗退するわけにはいきません。
選手達よ、意地を見せてくれ。


ところで。
昨朝、広島駅⇒広島空港のバス移動中携帯でアレモンの訃報を
知りました。
某巨大掲示板京都スレッドを読み始め、鼻風邪とのコラボで鼻が
詰まり金魚みたいな口呼吸になるほど涙が止まらなくなりました。



京都・横浜FC時代の彼のプレーを何度か見た端くれとして追悼の
気持ちが湧いてきました。
一昨年京都でプレーしていた頃、最初に生で見た試合ではパウリ
ーニョと区別がつかず
「小さくてサンパイオに似ている方がパウリーニョ、大きくて笑顔が
ワイルドな方がアレモン」
と覚えた記憶があります。(5月三ツ沢の横浜FCだったか・・・)
その後、再度三ツ沢の横浜FC戦、西京極の札幌戦。
パウリーニョに比べると足元が巧いわけでもなかったけど、豪快な
雰囲気とスピードを持った選手でした。対戦相手として嫌なタイプ。
また、ゴールを決めた後変なアクションをしていた記憶もあります。
愛嬌ある選手だなあと思ってました。



昨年J1で鹿島と対戦したときはナビ含めパッとしなかったけど、
6月に横浜FCに移籍してからはJ1京都時代よりさらに点取り屋と
して活躍したのは、舞台がJ2だからだけな理由ではない気もしま
す。
10月の札幌戦・柏戦と立て続けに観戦した試合で獅子奮迅の活躍
をして勝利/引分けに大いに貢献していましたっけ。
そのまま横浜FCに残ったら今年の成績は違ったかもしれません。
代理人が話をこじらせるというと、今年のディエゴを思い出します。
2人とも戦う気持ちも愛嬌も持ち合わせたナイスガイなだけに、
残念な話でした。



パウリーニョがどれほどショックを受けているかと思うと辛いなあ・・。
職場と近いので仕事の切りがつけば献花に三ツ沢へ行ってこよう
かと思ってますが、どうなるかな・・・?

|

« これはヒドイぞ・・・ナビ準々決勝広島戦(A) | トップページ | 雨の三ツ沢の献花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15704652

この記事へのトラックバック一覧です: 広島戦補足&追悼:

« これはヒドイぞ・・・ナビ準々決勝広島戦(A) | トップページ | 雨の三ツ沢の献花 »