« 本田引退試合前日に、つれづれ備忘メモ | トップページ | 本田泰人引退試合 »

2007年7月29日 (日)

アジア杯三位決定戦(日韓戦)

もう少ししたら本田引退試合でカシマへ向かうため少しだけに
しますが。


キムジョンウ、PKキッカーが回って来なくてよかったね(^^;)。
棒を越し紙のように痩せやつれた姿を見ていて、イラク戦と同じ
く彼が外したらもう気の毒で見てられなかっただろうから。
彼もチョジェジンも中断前のJ最後は代表合宿で抜けていた。
(調べたら2人とも17節は出場停止で18節は不在とはかった
ように同じ、ひょっとして計画的出場停止か?)(笑)。
ジェジンも随分と痩せて顎が尖っていたなあ。
大会前からいろいろとコンディション作りなど大変だったのかも
しれない。



気の毒といえば羽生。彼は運がなさすぎた。
サウジ戦のポスト直撃シュート、韓国戦では  DFにスーパー
セーブされ、PK戦最後はイウンジェに神がかったセーブをされ。
(今大会、彼の守護神ぶりは素晴らしかった・・)



正直言って試合内容はク○試合といってもいいくらい、ヒド
かった。
いや、前半はよかったと思う。
久しぶりに足が動きスピード感と連携があり、ハノイに比べ
涼しいんだろうなと思わせた。
でも時間がたつにつれ攻撃は硬直してしまったように見えた。
サイドがサイドの機能を果たせず(2人とも怪我から完全復調
してない。そもそも駒野はやはり右で、となると左は誰?)、
高原もポスト機能せず。
ドリブラー不在でパスをカットされたら終わりというサウジ戦と
同じパターンにはまる。


韓国は韓国で、ジェジンのポストは散発、攻撃の形があまりなく
それほど怖くはないけどそれでもすきあらばシュートを打ってくる
ので何が起こるかわからない怖さはあった。
10人になりガッツリ守ってカウンターがはっきりしていた。
DF陣はU22世代が多いらしく、五輪最終予選で日本があたらな
くてよかったと思ってしまったほど。


オシムのやりたいサッカーの形はところどころ見えるし、方向性は
間違っていないんだろうなとも思う。
でもその前に、采配・交代策・選手人選などは硬直していて疑問
が大きい。



最後は、韓国の執念が上回ったのでしょう(by 張本氏)。
こういう修羅場かつク○試合を最後落とした経験は、生きる
はずだと思う。
啓太あたりはそのへんわかっていそうな気がする。
と、代表話はこのへんで。



昨日のファン感前夜祭のオークションでは、新人選手たちの
コスプレサプライズがあった模様で、某所で見て爆笑かつ
びっくらこきました。
當間君の天然さ・いじられっぷりは大物かもしれん。
さすがガナピーと同郷の後輩だわ(笑)。
今日もサプライズを楽しみに行ってきます。


【追記】
韓国ベンチといえば、ピムとホンミョンボ、お馴染みメンバー。
いっせいの退席処分にはあんぐり。
(そういえば2000年平瀬ハットの神戸ユニバでもセレーゾと
関塚さん・国弘さんもいっせいに退席しなかったっけかな・・?)
あの主審、両チームに怪しかったですね。
ミョンボ兄さん、退席処分なの延長突入時ピッチに入り選手と
円陣くんでいました(爆)。
主審に見つからないようにと思わず願っちゃいましたよ。
ピムはやめるようです。ミョンボはどうするんだろう・・・?

|

« 本田引退試合前日に、つれづれ備忘メモ | トップページ | 本田泰人引退試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15934549

この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯三位決定戦(日韓戦):

« 本田引退試合前日に、つれづれ備忘メモ | トップページ | 本田泰人引退試合 »