« 柏鹿島戦@日立台を終え | トップページ | こういう試合もある---名古屋戦(H) »

2007年6月24日 (日)

横浜FC柏戦@三ツ沢

ドピーカンの暑い中、昨日は予定通り三ツ沢へ行ってまいりました。


帰りは横浜で食事後23時近くに帰宅。
疲れきっていたのでスーパーサッカーも見ずに寝てしまい、朝方
録画を見ました。


三ツ沢で2ゴールとタイミング良くチュンソン特集。
彼の「覚悟」が今さらながら好きだ。
うるっときたのだけど特集としてはややモノ足りなかった気も。
#昨年に続き横浜FCキラーぶりを発揮、カレンを抜いて7ゴール。
   次の清水戦も期待してまっせ。

アジアカップ特集では92年広島大会の核弾頭姿のFW高木。
三ツ沢で見てきたばかりのダンディなお姿とはもう別人。
すっかり垢抜けましたなあ。



試合の録画はゴールシーン・試合後インタビューシーンしかまだ
見てませんが、これからカシマに向かうので、三ツ沢の感想を
少し書いておきます。



22日のJR東日本架線事故で埼京線に1時間半閉じ込められた
クセに懲りずに湘南新宿ライナーで横浜へ。
(東横線利用で等々力へ向かうフロンタ・磐田サポを避けたかった
  からなんですけどね)
無事予定通り15時に横浜駅へ、現地にはバスで15時半頃到着。



メインですらかなりのエリアがキックオフ直前まで日向状態。
アウェイ側中央よりで何とか日陰に席を確保。
ゴール裏を見ると、皆さん日差しを受けて暑そうで。
上半身裸・パンツ一丁のお兄さんを双眼鏡で確認(見ちゃった)(^^;;)。



予想通り、チュンソンの1トップ、谷澤トップ下、達ちゃん右、ミノル左。
アルセウのかわりは俊太。
俊太は三ツ沢真裏の古河電工社宅で育ったとどこかで読んだ記憶が
ある。幼少時代過した地で試合に出て、気持ちが入っただろう。


横浜FCの選手は挨拶好き(笑)。
試合直前には奥がチュンソンに握手を求め、試合開始直後プレー
が切れたところで山卓がベンチのノブリンに挨拶を。
途中で出てきたユッキーには平本まで。
その礼儀正しさをプレーに生かしてほしかった(爆)。


横浜FCの選手はかなり荒っぽかった--というか、ファウルで止め
ざるを得ないほど柏がボールを巧くまわしていた。
それができたのは前からのプレスが効いて即ボールを奪えたから。
このあたりは、同じくフランサ不在の名古屋戦と同じで前半はフラ
ンサ不在の形を作ったと思う。


前半は皆出来は良かったと思うけど、特に谷澤の個人技にはうっとり。
やっぱり拓也に似てる--は置いといて、二点目はほぼ谷澤のゴールだ。
前線に出たボールをすばやく飛び出してゴールライン際で競い合い、
スライディングしながらボールキープしてトラップ、自分で持込んで
ユッキーへのクロス。
手前にはチュンソンもいた、人数多くいたからこそゴールになったとも
言える。
スライディングからのトラップあたりは谷澤らしいけど、驚いたのは
前線まで思い切って谷澤が走りこんだこと。あきらめないプレーも
やるときはやるのさといった印象(それを続けてね)



前線で奮闘していた達ちゃんの前半での負傷には凍りついた。
何せ、彼のすぐそばにいた山口素が大きく手を上げて担架を要求
していたほど事は重大だったのだ。
病院への検査の結果大事にはならなかったようで安心したが・・。


アップもそこそこに彼の代わりに入ったユッキーがトップ下らしい
働きをして、チームをより活性化させたと思う。
裏抜けする前線へのフィードにおいては柏ではフランサと双璧かも
しれない。
東京時代から右からのクロスが巧かったけど、チュンソン二点目は
左から、これもドンピシャ。


で、一点目ハミノルの運動量とチュンソンへのパスを選択した視野の
広さが生んだもの。これもほとんどミノルのゴールとも言える。
お互いがお互いを助け合うプレーが続けば活性化してくるからね。


後半は、どうも遊びのプレーが出始め、カズと交代で入った難ちゃん
が激しく動き押され始めるシーンが増え、難ちゃんに1ゴール1アシスト
されてしまった(難ちゃんらしいプレー、これはこれで嬉しかった)。
このあたりはDFラインの反省材料とともに、バランスを取りつつ時間を
うまく使って追加点を狙うプレーができなかった攻撃陣も反省でしょう。



終盤、古賀まー君をなだめる山口素。
おお、この2人は名古屋でずっとやってきた仲間で山口はまー君の
師匠だったっけ。
そうそう、名古屋同期入団のタッキーとは交流してたか確認し損ねた。



終盤のドゥンビア祭りで盛り上がり、そのまま終了。
ボールがくれば必ず前へ走るドゥンビアにはオフサイドはない(笑)。



1ゴール2アシストのユッキーのトラメガリードでレッツゴー柏を歌い
湧き上がる柏ゴール裏は、三日前の鹿島のそれを彷彿とさせた。
皆さん、あの試合の分も喜んだようで、ヨカッタヨカッタ。


さて、そろそろカシマに向かわないと。
今日も名古屋に勝ちカシマ神話を守りましょう。
藤田が1ボランチからポジションをあげてきているみたい。
トップ下藤田を鹿島はずっと苦手にしてきた。
でも、メンバーも変わってきているし看板負けしないよう奮起せよ、
特に青木に期待して。

|

« 柏鹿島戦@日立台を終え | トップページ | こういう試合もある---名古屋戦(H) »

コメント

…お言葉に甘えて、また参りました。
久々、溜飲の下がるような試合だったそうで、現場に居られなかった柏者としてはちと羨ましゅうございます。(後半は、また魔境・三ツ沢の泥沼に嵌るかと青くもなりましたが)

柏の今季のスタートダッシュがフランサの存在に因るところが大きいのは誰の目にも明らかなわけですが、
同時にフランサ不在の場合のサッカーの方が変化に富んでいるという、実に不思議な二律背反が証明されてしまった試合でしたね。
フランサが居ることでフランサに依存してしまい、それ故に敵のマークが容易になるのは素人目にも明らかなのですが、
それでもフランサと、魔法使いの弟子達の更なる化学変化を夢見てしまいます。
やー、今年はサッカー見るの楽しいなあ(笑)

上のエントリーでも書いていらっしゃいましたが、選手とサポの距離はお互いの努力で幾らでも近くなるらしいです。
(本田さんに相談する青木選手のエピソードは、ちょっとたまらないくらい可愛いですね!)
それは双方にとって、とてもとても幸せなことで。

去年のうちに限って言えば、連敗が続いてグダグダになった時期も、罵声と野次の代わりに選手たちを鼓舞し続けられたことは誇りに思っています。…大変苦い05年の経験を踏まえて、二の舞をしないで済んだともいえますが。
それもこれも、信頼できる監督が居てこそのこと。

後期は寝首をかきにカシマスタジアムへ参上しますので、是非そのときは首位につけていて下さいまし。

あと、蛇足ですが『古賀まー君をなだめる山口素』に思わず笑ってしまいました。
今季、かつてのミョンボ兄さんを引き合いに出されるほど頼りにされる古賀まーですが、たまに相手選手とやりあったときに『ああっ、今のうちには止めに入る選手が居ないっっ』と頭を抱えてたもんですから。
興味の無いものは端から無視する山口モト(あ、私元の翼者です)なので、それでも師匠の自覚はあったのかと妙なところで感動してしまいました。

ではでは、またこそっとROMらせて頂きます。お邪魔致しました。

投稿: いちむら | 2007年6月26日 (火) 02時03分

いちむらさん、こんにちは。
いちむらさんの分も応援した甲斐あってレイソル勝ちましたよーー(^^)。
2点メ入れられた時は昨年終盤の横浜FC戦を思い出しました(現地に
いました)が、イカンイカンと幻影を振り切った結果ドゥンビア祭りに
突入できたのでした。
今シーズン私が見たフランサ不在の試合では前半限定すれば一番出来が
良かったでしたね。
途中出場のユッキーがよくボールにからんでましたよ。
確かノブリンも彼のトップ下起用を期待していたはずなので、あとは
高不調の波がなければというところでしょうね。
確実に存在するフランサにからむ二律背反現象、うーん、どうしたもの
か(^^;)。
前線の若い選手達がフランサに頼らず逆に利用できるくらいに独り立ち
してくるとブレない強さを発揮できるようになるのでは・・・と期待してます。
#その時鹿島は寝首をかかれないようにしないと・・・(爆)。
あ、チュンソンゴールは私が許します(笑)。
そう、昨年後半なかなか勝ち星が拾えなくなってからの柏ゴール裏がお手本
にしたいです。

青木のエピソードは本人の横にいた本田がばらしたものなんですが、その
時も本人はでへへと照れ笑いしてました。

いちむらさんは元フリエサポの方だったのですね、そうでしたか。
ひょっとして薩川移籍と同時に柏へとか?
山口のシレっとした雰囲気は福西に通じる気がするんですけど・・(殴られる?)
2人ともなんだかんだベテランの味は発揮しているように見えます。
そして、まー君もついにその段階に入ったのかぁ・・感慨深い。
彼を止められるのは山根でしょうか。

柏・サッカーにとても造詣が深いいちむらさん、もしblogがあるのでしたら
ばぜひとも拝させていただきたいです。
いちむらさんはblog・HPをお持ちではありませんか?
今はなくともご予定があればぜひまたお知らせくださると幸いです。
またどうぞお越しくださいね。

投稿: ケロマキ | 2007年6月26日 (火) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15540475

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FC柏戦@三ツ沢:

« 柏鹿島戦@日立台を終え | トップページ | こういう試合もある---名古屋戦(H) »