« 縁は異なもの---東京浦和戦@味スタ | トップページ | 柏鹿島戦@日立台を終え »

2007年6月19日 (火)

どちらからどちらへ?の傾向と対策---柏戦@日立台前日

明日の話の前に、昨晩やっと見た広島戦録画の雑感をまず。



1.岩政の笑顔はジャックニコルスン@シャイニングに似てる(怖)。
     ---岩政ごめん、以前から思っていたよ(爆)。
     ニッカンによればお祖父ちゃん・お祖母ちゃんっ子なのにね。

2.試合後のモトと本田元主将のやりとりはほのぼのとかつじーんと
    する。
    本田も、まさかモトが自分の後を継ぐようなプレーをしてくれるよ
    うになるとは思わなかっただろう。(当然私も同じく)
    この2人は同じ北九州のご近所同士の出身。
    昔はモトに厳しかった記憶があるのだけど、今の本田は頼もしく
    かつ可愛い後継者・弟分と認めているんじゃなかろうか。
   

ちなみに、柏川崎戦の録画は時間が取れずまだ見ていません。



さてさて。
いよいよ明晩は柏鹿島戦@日立台を迎えます。

鹿島と今シーズン鹿島の次に多く観戦してきた(6試合)柏との試合。
当方柏ファンでもあり、いわばケロマキダービーとでもいうか。
両チームの勢いは開幕当初とは逆転してきましたね。
柏の今の足踏み状態は7月の和歌山キャンプを経て8月J再開の
快進撃前準備と勝手に予想しています。うん、そうに違いない。
で、チュンソン・ミノルは五輪最終予選にも全力を注ぐはずと。




正直、柏にはホント申し訳ないのですがチュンソンが出場停止に
なったことで鹿島への応援がしやすくなりほっとしてる面もあります。
#チュンソンはどこで応援するんだろう?
  昨年の横浜FC戦みたいに柏ゴール裏だったりして・・・!?(笑)



でも、彼以外にも、ミノル・蔵川・フランサ・アルセウ・達っちゃんと
ご贔屓選手が多くいますし、何せノブリン信奉者でもあり。
とはいえ、やはり鹿島サポ14年の血はもちろん大いに騒いでます。
イバの意地をきちんと見届けたいしモト・拓也の変態コンビがフラン
サと比べてどうか堪能したいし、マルキのファイトに心躍りたいし。

というわけで、どっちがどっちというわけでもないけど傾向と対策。




柏はチュンソン不在で不動に近かったメンバー構成とはいかず、
トップ下に誰がくるのか正直迷います。
谷澤なのかユッキーなのかはたまた出だしからドゥンビアなのか。
達ちゃんが本調子でないのでノブリンはやりくりに苦労してるんじゃ
ないのかな。
太田兄の電撃加入があったけどまさか明日はないでしょうしね。




一番のお楽しみはおにぎり氏が書いてるとおり拓也・モトとアルセウ
対決。
アルセウは鹿島サポからしたら垂涎もののボランチですよ。
山根とアルセウのボール奪取力&アルセウの展開力が拓也・モトの
ひらめき・変態っぷりとどうマッチアップするか。


右SBの蔵川もSB好きの私がご贔屓にしている選手。
彼と対峙するイバがなめたプレーをしたら、蔵川サポに鞍替えしちゃ
うよ(爆)。 ---つーくらい、イバは気合を見せてほしい。

相手を退場させるのが天下一品の谷澤の術中にはまってほしくない
大岩政コンビ。
最大の難所となるフランサにはどうやって対峙するんだろう・・・?(怖)。

あとは、古賀対マルキ。
古賀と田代は古賀有利と予想がついてしまうので(爆)こちらに注目
したい。球離れのよくなったマルキならイケルはず。




セットプレーでド迫力な対決が楽しめそうなのが古賀対岩政。
ファウルの多さは相変わらずだけど昨年までのまーくんではない。
対する岩政は気力体力充実の時を迎えてぐすね引いて待ってるん
じゃなかろうか。
でも、くれぐれもミノルのスピードにやられないようにね・・・。




この両チームで接点のある選手同士というと、それほど多くはない。
一番は親友同士と過去言われた南対ソガ。
2人とも今シーズン安定したプレーで少なくとも西部よりはいいです。
あとは、まーくんとモトのヒガシ先輩後輩なんだけど、過去何度も対戦
した際もあまり交流している様子がなかったような。
他には、駒大同級の小林亮と中後なんだけど、二人とも出場しないだ
ろうなあ・・・。
あとは、ミノルと誓志・慎三のU22組くらい?
勝手に似てると思っている谷澤野沢対決がお楽しみ、笑っちゃいそう。
あ、ダニーロ・フランサの新旧サンパウロ10番対決を忘れてた。
すれ違いだろうから親しくはないのかな・・・?
阿部嵩はベンチ入りしないだろうから船山君との流経同級生対決は
なさそう。
あ、船山君と大谷とはプレーは一緒じゃないけど流経柏の同級生で
はあるのか。

【追記】
大事な人を書くのを忘れてた(^^;)。
ソガとカトゥ、鹿島新旧V6、ユース先輩後輩同志。
レイソルオーレ(FM)では
「鹿島はボールをまわしてくるので柏のやり方にフィットして勝てない
相手ではない」
と話したらしい。
確かに、鹿島がDFラインでチンタラまわしていたらプレスの餌食に
なって即効逆襲されるのは目に見えてる。
最近の鹿島は早く縦に入れるときは徹底してやってるから、その
あたりの緩急はつけられると思う・・・ぞ。
明日が楽しみだね、カトゥ。



とまあ、まだまだ書き足らないけどあまり内容がないのでこのへんに
しておきましょう。
結果はともかく、とにかく良い試合になりますように・・・。

|

« 縁は異なもの---東京浦和戦@味スタ | トップページ | 柏鹿島戦@日立台を終え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15491278

この記事へのトラックバック一覧です: どちらからどちらへ?の傾向と対策---柏戦@日立台前日:

» ご近所物語 [ご近所ネットワーク]
“無料”“すぐ会える”しかも“近所の相手”この三拍子が見事に揃ったコミュニティ [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 22時14分

« 縁は異なもの---東京浦和戦@味スタ | トップページ | 柏鹿島戦@日立台を終え »