« U22メンバー絞込み | トップページ | 五戦五発---サテ千葉戦(市原臨海) »

2007年6月 2日 (土)

なんというか

ダメなものはやはりダメなのだと思い知った。



早めに帰宅できたので、前半途中から見始めたキリンカップ
対モンテネグロ戦。


結果は、中沢・高原の2ゴールで2-0、日本の勝利。
まあ、蒸し暑さで動けなかったモンテネグロがかなりしょぼく、
こんな国のリーグで出場できなかった隆行の不遇さ(実力?)を
淋しく思ったりして。


それはともかく。



何がダメだったかというと。


この先は暴言モードなので、不愉快になったらお許しを。


えー、高原ですわ。

駒野のクロスにヘッドであわせたゴール他のプレーはさすが、
名実ともに日本のエースFWと思いましたよ。

でもね、試合直後のインタビュー、あれはいただけない。


貴章はゴールこそなかったけど、献身的な動きやチャンスメーク
などかなり周りが頑張っていたし高原を意識したプレーをしていた
ように私には見えた。


なのに、貴章について聞かれ
「誰が相手でも自分は頑張るだけ」
だったか(録画を消去したので正確な発言はもう確認できず)(爆)、
貴章のプレーにはほとんど触れず結局自分の話しかしない。



回りが見えていない若手ならいざ知らず、ベテランにさしかかろうと
いう年齢・立場であの発言はないだろう。


彼はヤナギ・隆行らと組んだ頃からそうだった。
こういう精神的な面って成長しないものなのだろうか?
結局「三つ子の魂百まで」なんだろうか?


カズ・ヤナギはこういうところは違った。
隆行はしゃべること自体苦手だけど相手を気遣うことはできた。
寿人はこんな発言は絶対にしないだろう。
負けん気の強いチュンソンだって、相方をものすごく立て率直に
話す(敵にさえ敬意を表してしまう)。

さらには、プレーの進化と裏腹に人類の進化と逆行する容貌(爆)。
---、うわ、暴言吐きました。



とにかく、人間的に尊敬できる面が見えない限り、高原のことは
応援できそうにない。



かといって、大学時代はともかく最近の勘違いモードの巻もうーん
だしなあ。
プレーで言えば、昔から西澤が好きなタイプのFWだった。
彼はメンタルがもう少し強ければもっと大成したと思うけど。




試合そのものは、駒野一人が気を吐いていた印象。
(加地君、怪我から復帰してうかうかしてられないね)
蒸し暑さからか動きやプレス等はあまり感じられず躍動感が
なかった印象だった。



今日出場しなかったメンバーはコロンビア戦に出場する可能性が
高そう。
となると、イナ、そしてスイスから帰った彼のプレーを見るのか。
うーん、彼のプレーはあまり見たいとは思わない---つーか、見たく
ないのだけど(爆)。
インタビューで彼から感銘を受けることはありえないだろう(爆爆)。
せめて、プレーでは「へーー、やるじゃん」と私が思えるくらいの
プレーをしてみせてほしい。
#だからといって鹿島に帰って来いとはまずならないけどね。



代表戦を見てこんな黒い気持ちになってしまうとは悲しい。
5日の試合は、憲剛・駒野・寿人・バンちゃん・家長あたりのプレ
ーに注目しようかな・・?



|

« U22メンバー絞込み | トップページ | 五戦五発---サテ千葉戦(市原臨海) »

コメント

はじめてコメントさせて頂きます。
九州在住のためスカパーで試合を見るしかかなわず、
いつもケロマキさんの観戦日記を読ませてもらっています。

以前から高原が話すのを見るたびなんだかイライラしてました。
Jの時からすばらしいストライカーだったのに、
どうしてこんなに彼を好きになれないのだろうと自分でも不思議だったのですが、
今回のケロマキさんのブログを読んで、やっと合点が
行きました。
その発言に、人として尊敬ができないからですね。
(今頃気づいた自分にも愕然としましたが)

よくストライカーはエゴが強くなくてはと言いますが、
プレーでエゴをだすのと、プレー以外でエゴを出すのは
受ける印象がまったく違う気がします。
寿人と比較するのは酷かもしれませんが、それでもあえて比較すると、
それぞれの発言に人間性が見える気がします。

「誰が相手でも・・・」うんぬん位の発言ができないと、とか、
彼くらいだったらそれぐらいのことを言っても、という考え方もあるのでしょうが、
私もどうしてもなじめないです。

世界で活躍しているだけに、個人的には残念なことだなと感じています。
普段の彼がどんな人だかは知りませんが。。。


勝手ながらこれからもブログ楽しませて頂きます。

大分戦で、久々の鹿生観戦ができるので楽しみです。
アツトを拝めなさそうなのは残念ですが、コオロキ君が
シーズン初ゴールを決めてくれないか密かに期待しています。

長々と失礼しました。

投稿: ユイヨ | 2007年6月 3日 (日) 21時40分

ユイヨさん、はじめまして。
見る目が浅くてたいしたことを書けないこんなblogを読んでくださって
いるとは光栄です。

今回の書き込み後実は怯えていた(これでも小心者)ため、ユイヨさんの
コメントを読んで勇気付けられた思いです。
ユイヨさんが書いてくださった
「プレーでエゴをだすのと、プレー以外でエゴを出す」のが違うというところ、
我が意を得たりです。
そうなんですよね。
プレーは良い意味のエゴを出さないと局面を打破できませんからね。
だから、モンテネグロ戦のオシムの憲剛への批判は違う気がしてます。
(普段からシュート精度の高い憲剛のプレーの選択ですから)

実は大分戦は今回は行かないんです。
ウチのDF陣が苦手な前俊がキレキレだったらどうしようとか、石神の
左SBは大丈夫か(サテ千葉戦を見ただけに)とか気になる点は
たくさんありますが、ぜひとも観戦を楽しんでくださいね。
マルキが鍵を握っている気がしてます。
慎三も昨年4月のナビ大分戦での雪辱をぜひ同じ地で果たしてほしいです。

投稿: ケロマキ | 2007年6月 4日 (月) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15284780

この記事へのトラックバック一覧です: なんというか:

« U22メンバー絞込み | トップページ | 五戦五発---サテ千葉戦(市原臨海) »