« 雌伏の時---柏大宮戦(柏の葉) | トップページ | ニュースニ題 »

2007年6月13日 (水)

週末の徒然

三浦アツの謹慎処分やらエスクデロ君帰化やら、話題に事欠か
ないですが。
アツの処分に比べ少し前の伸二の処分は浦和フロントがうまく
収めたということなのかと思ったり・・・。
アツはヴェルディ時代も言い出したら曲げない頑固なところを持
った選手だった記憶があります。
今週のJリーグナイトでは大竹嬢のコメントが聞けるでしょうか。




さて、この土日は結局トップ・サテとも鹿島の試合を生観戦しない
週末となった次第。



9日は柏の葉から吉祥寺へ移動。
「ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」の舞台を見てきた。
高橋一生目当てでチケットを取ったので演出家の本谷有希子は
知らなかった。
一生君、ちょっとイッチャッタ人をやらせてもなかなかウマイ。
ストーリーはあまり私好みではなくやや気持ち悪い面もあるの
だけど、最後の最後に救いが見えてほっとする。
女性陣では作家役の吉本菜穂子がうまかったかな。
最前列で一生君の目尻の皺までよく見えてしまいビビリつつもドキ
ドキして楽しめた。



で、翌10日。

サテ千葉戦ではまたも竜太がゴールしたのか、ノッてますなー。
あの大雨でカシマまで出かける気がせず、うだうだと甲府磐田
戦、清水東京戦、そしてA3浦和城南戦をテレビ観戦。



磐田は前田が完全復活、東京はノリカル炸裂とどちらも楽しま
せてもらった。
なあんて余裕こけるのは両チームとも前期は対戦済だから?
いやいや、東京とは6/30にホームで対戦予定。
うわ、もう今シーズンももう少しで折り返しになる、早いものだ。



磐田の大量得点は甲府のGK阿部が負傷交代というアクシデ
ントがらみなので大量得点を割り引かないといけないとは思う
けど、それにしても前田のポストプレーや高さ・巧さはやはり
イイ。
プレーで西澤の跡を継ぐのは彼なんじゃと思ったりした。



一方の東京。
やっとヒロミのやりたいサッカーができた印象なんだけど。
皆運動量あるじゃないですか。ルーカス・梶山らが良かったし。
篤人があがった背後をノリオに突かれるなんてことのないよう
くれぐれも気をつけたい・・・。
ということで(?)、17日は味スタへ東京を偵察予定です。
対戦相手のレッズは、達也がどれだけ復帰したか怖いもの見た
さの心境。



A3の浦和は後半から見たけど、よくぞ城南の攻撃を耐えきった
ものだ。
あからさまに韓国よりの判定が続きPKを与え阻止、その後も
ゴール前でごちゃごちゃ、最後は乱闘まで。
闘莉王と長谷部が(彼らにしては)エキサイトしなかったのは大
人になったと言える・・・のか?
城南の選手では柏にも一昨年在籍したチェ・ソングがただ一人
仲裁に入っていたのが意外だった(爆)。
日本でまたプレーしたいとかで親日的な振る舞いをしたのかな。
13日浦和は上海と対戦。
ACLでは浦和がアウェイで引分けた相手。次は頑張れ(棒読み)




さてさて、鹿島では中後が大分戦前半に負傷し右腿肉離れで
全治三~四週間とオフィシャルの発表があった。
今シーズン、ここまでフル出場で奮闘してきた結果どうしても
無理が生じたのかもしれない。
(最近の試合はダマシダマシだったとの情報も・・・)
使われ過ぎの感もあるけど、ハマった時のボール捌きは青木
や誓志以上だったのだから彼を使いつづけるのもやむを得な
かった気はする。
ゆえにボランチの層を厚くしてほしいと願い続けているわけで。
(あくまでも適切にお金を使い適切な補強が希望だけど)



セットプレーの精度やらパスミスの多さなど開幕当初ははマイナ
ス面が目立ちもしたけど、特に拓也が戻ってからは後ろからの
飛び出しを心がけ得点源としての活躍をしてくれていただけに
ここでの負傷は痛い。
結構熱く戦いかつ若手らを盛り上げムードメーカー的な役割も
背負っている貴重な選手だと思う。
当人は出場し続けたかったと思うけど、昨年と比較しプレー時間
が段違いに多いのだから、ここで休んで充分ケアしナビ準々決勝
に備えてほしい。
当人は月末の東京戦に照準をあわせているらしい。
イケルならぜひイッっちゃってーーー。
#同じ肉離れのマルキは今週末は出られるのかなあ・・?
   ボールキープでは田代よりはりマルキ。出場できますように・・・。
ここまで怪我していないのは、青木とソガに意外にもモト。
夏場、乗り切ってほしいなあ。




この週末心を痛めていたのは、イバの大分戦のプレー(結局まだ
録画は見てない)の件と、もうひとつこの記事だった。
どんな発言を切り取ってこの記事となったか背景がわからないの
で、味方への不満を露にするのような記事にこちらは心配していた。
それについては、チュンソン自身のコメントを読みまずはほっとした。
発言の仕方について広報---というよりはフロントがうまく指導して
ほしいと切に願う。
へこむことが多くなったのは有名税と思って割り切るしかない・・・か。



一方、あまりへこんだりしないらしい家長
この記事が堂々と掲載される夕刊フジ、よっぽどネタがないのね。
しかし、家長についてなぜチュンソンが語る?(笑)
日頃彼にコメントを多く取っているっぽい久保記者が何かの折に
でも聞いたのだろうか。
柏&U22代表のスポークスマンと化した(笑)彼が今回の件をきっ
かけにマスコミに話さなくなったりマスコミ不信を持ったりしません
ように・・。

|

« 雌伏の時---柏大宮戦(柏の葉) | トップページ | ニュースニ題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15407459

この記事へのトラックバック一覧です: 週末の徒然:

« 雌伏の時---柏大宮戦(柏の葉) | トップページ | ニュースニ題 »