« こんな日もあるさ(西が丘にて) | トップページ | 新潟戦(A)テレビ観戦雑感 »

2007年5月21日 (月)

苦しい時に得点するのがエース

気持ち良さそうな快晴の日曜日。
ですが、昼過ぎまで寝て、起きてからは自宅でグダグダとサッカー
テレビ観戦するうちに夜になりました。ある意味贅沢な話かもね。



昨日録画しておいた鹿島&柏の二試合を見る前に、まず生放送を
ということで、見たのは

・仙台徳島戦
・磐田神戸戦
・(後半のみ) 横浜FM東京戦
 
の三試合。




上記三試合、そしてG大阪柏戦と続けて見て思い当たる言葉は

■ 苦しい時に得点するのがエース ■

これでした。




遥か遥か昔子供の頃バレーボール観戦をしていた頃、当時の
エース、大古選手か横田選手かとにかくBIG3のうちのどちらかが
よく言っていたものでした。
#年がばれるのはこの際無視してください(^^;)。

※  鹿島新潟戦の感想は次のエントリーにします。


[1] 仙台徳島戦
前半ロスタイムのナカシゴールはまさにエースのプレーでした。
いやー、彼の頑張りには泣けました。

チャンネルをあわせた直後、萬代がPKゲットかと思いきやシミュで
二枚目イエローで退場。ありゃ、ないわ。
あの黒い顔はもしかして・・、 そう、北村主審でした。
最近は大学サッカーなどでしか吹いてないはずなのに、J2とはいえ
プロリーグに元祖トンデモ主審が復帰しているとは。
場内騒然とした雰囲気がやっと落ち着き、仙台は守備に追われつつ
ロペスが放ったボールをカウンターからナカシがDFをかわしながら
ドライブかけて落ち着いて決める。素晴らしいよー。これで8得点目。
#仙台サポの声援に応えるナカシの姿を見て「帰ってこないだろう」
   と淋しく思う。帰ってきてほしい。そのためには仙台は昇格失(ry)
 

あれでチームは後半に切り替えができたでしょう。
まあ、徳島丹羽の見事なミドルが入りさらには千葉まで退場(二枚
目は妥当か)となってしまえば、あの結果は仕方なかったでしょう。
審判のことはともかく、とにかく仙台のエースナカシの良さを十分に
見られ、本当に嬉しかったのでした。
DFを背負ってからのプレーは尊敬する隆行なみに巧くなりました。

一方、今シーズン6ゴールとこちらも好調でU22選出も嘱望される
萬代は、今まで生で見ると退場しているケースがなぜか多い。
案外と激しやすいタイプのような気がする。FW向きではあるか。
今日は気の毒だったけど次の機会にぜひ好調なプレーを見たい。




[2] 磐田神戸戦

こちらも、磐田が前半二失点し浮き足立つ中、セットプレーからの
流れの混戦の中カレンがヘッドで押し込んでゴール、通算6得点め。
磐田はこれで随分と落ち着いたはず。これもエースの働きでした。

後半、磐田はワイドに押し込みながら得点できず逆にカウンターを
レアンドロに決められリードを許し試合終了。
前節鹿島戦でも同じような戦い方を磐田はしていた気がします。
昔のように緩急をつけたパスサッカーというよりは、ピッチを広く
使った若々しいサッカーをしている。
これはこれで私的には好きなサッカー(磐田にはいい迷惑)(笑)だ
けどタメを作れる選手がいるとまた違ってくるんでしょうね。
神戸が鹿島より上位にいかないため(セコ)最後は磐田を応援して
ました(爆)。 成岡・上田あたりは成長してきたなあと思いました。




[3]  横浜FM東京戦

こちらは、FWを意味するエースではないけど戦い方をよく知る実力
者という意味でその言葉がふさわしい福西が、登場直後思い切った
ロングシュートを見事に決めました。
ロングシュートはまずやってみることが大事、シュートで終われば
カウンターを食らう確立は減るのだから。
(ガンバの二川も思い切り打ったのが結果的に決勝点になった)


試合後の川勝氏によるヒロミインタビューはなかなか楽しかった。
勝手知ったる2人だからこそ率直なモノでした。
風邪気味のルーカスを使うヒロミの苦悩がうっすら見えました。
この状況でも、平山も赤嶺もベンチ入りさせないとはね・・・。





[4] G大阪柏戦(録画)

ナカシゴールと似た形・状況だったのが、チュンソンのやはり前半
ロスタイムのゴールでした。
二点リードされた前半ロスタイム、ガンバボールを奪ったフランサが
チュンソンへ必殺縦スルーパス。
そこを抜け出して抑え目にダイレクトでDF・GKをかわして打つ。
これって技術と落ち着きが必要ではなかったかと。
フランサが若手攻撃陣によく言っている
「走りたいところへ走れ。俺はそこへ出してやる」
を地でいったようなプレー、並走するミノルも効いてました。


ゴール後狂ったように手を振り上げていたのは「仲間とサポータを
鼓舞したかったから」らしい。これには泣けました。
弱冠21歳、先発メンバーで最年少の選手がこういう行動をとるところ
が彼らしい。
まあ、まだやんちゃで子供っぽいのでそういう思いが貫禄にはつな
がってないところはご愛嬌と言っておきますか。
本人も言っている「苦しいところで貢献したい」、それがエースの条件。


覇気無い様子のU22代表で気持ちを前面に出す彼の存在は貴重で
しょう。ライバル心は出しても仲間を大事に思う気持ちも強いようだし。


ただ、試合中のダブルピースはそろそろやめてほしい(笑)。
それと、広報へのお願いとしてマスコミ対策をちゃんと打ってほしい。
性格が素直だから聞かれれば言わなくて良いことまで言ってしまう
傾向にあり、舌禍事件を招かないかそれが心配です。



ガンバが思いのほか老獪で柏にボールを持たせる時間が長かった
からか、柏が思い切って縦へ早い攻撃をしかけられなかったのが敗
因でしょうか。
フランサがマークされた時の応対で攻撃バリエーションを増やすには、
フランサ不在時の名古屋戦のようなボール回し・バリエーションを思
い出せば良いかと思う。
それにはフィジカル以外にアイディア・攻撃のイメージも疲れが取れて
いないと厳しいかもしれない。
とにかく前線3名が疲れているように見える。たっちゃんは膝がまだ
完治してないだろうか。
ミノルにはクロスは低めを多く、それよりシュートで勝負してほしいな。
近藤の負傷(足首捻挫)は本人もチームも痛い、岡山はまだ?



まあ、メンバー違いはあるにせよ三ツ沢の試合よりは出来は良かった
わけで、ボールを持ったときの戦い方を詰めていけばと思いました。

|

« こんな日もあるさ(西が丘にて) | トップページ | 新潟戦(A)テレビ観戦雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15136775

この記事へのトラックバック一覧です: 苦しい時に得点するのがエース:

« こんな日もあるさ(西が丘にて) | トップページ | 新潟戦(A)テレビ観戦雑感 »