« 今日のニッカンネタ | トップページ | ナビ名古屋戦(A)録画感想 »

2007年5月10日 (木)

三ツ沢は修行場

昨晩の三ツ沢は、昼の暑さが抜け風もあり涼しすぎるくらいでした。

現地メインアウェイ一列目(またか)(ぴあプレリザーブだといつも
そうなる)で横浜VS柏戦を観戦しつつ、携帯で名古屋鹿島戦を
チェックという二元観戦をしてました。
これも修行、我ながら器用だ(^^;)。


4/11も同じ三ツ沢で横浜FC大分戦を観戦しつつ携帯で鹿島
名古屋戦をチェックした結果鹿島勝利

鹿島の試合に行けないときは三ツ沢観戦が鹿島的には縁起良い
のかもしれない。
そのかわり目の前で応援しているチームは負けるジンクスも。
>柏&横浜FCサポの皆さん、ごめんなさいです。




■  ナビスコ予選名古屋対鹿島戦  1-4(携帯チェックのみ)
     こちらの試合も触れておきます。

前半31分ヨンセンゴールを鹿島携帯メールで知った時は目の前
の試合展開と相まってorz・・・。
後半目の前で厳しいPK判定の末山瀬兄に決められどよよーんと
した直後鹿島携帯メールで「大岩ゴール」を知り、一転にこにこ。
その後は怒涛のメールラッシュで鹿島は大丈夫だろう、あとは柏
応援に専念しようとしたんですけどね・・。(三ツ沢の話は後ほど)


相性悪い瑞穂で鹿島が名古屋を破ったとはやってくれました。
前回勝ったのは03年ナビ準々決勝第二戦。
負けなきゃ決勝進出のシチュエーションでリアリストセレーゾによる
DF4枚+3ボランチの7バックの末、相馬ゴールで勝った試合。
(何だかなあという思いで現地メインで見ていた記憶が)
それ以外ではもう、ここ数年ことごとく負けてましたから。


次の甲府戦に勝利すれば一位抜けできるみたい。
おーーーーし、22日の甲府へは必ず行って昨年の雪辱も果たして
くるぞー。今回は甲府サポに「鹿島は迫力ない」とは言わせない!


見てない試合は語れないけど、嬉しかったのは剛ちゃんがオリヴェ
イラにベタ褒め
されていたこと。古巣名古屋戦でやっと開幕ですね。
今晩のスカパー録画放送を楽しみに待とうと思います。
写真を見ると、剛ちゃん顔が痩せたね。
次のリーグ磐田戦も古巣です。ぜひ若者を締めて活躍をお願いします。






■   ナビスコ予選横浜FM対柏戦     3-0

さてこちらは・・・・。”Not Is Reysol Day” といった印象でしょうかね。
例によってノブリン実験室、メンバーをかなり変えたとはいえ、残念。
あのメンバーではマリの方が自力があったとは言えるかもしれません。



名古屋戦からここ4試合チュンソン1トップ修行が続く柏。
今日の試合は彼にもチーム的にも一番厳しかったかもしれない。
1トップの難しさをつくづく感じた試合でした。
周りのサポートと相手CBエースとの競合いに勝つのが条件としたら
どちらも昨日は厳しかったですね。
トップ下先発のユッキーや阿部ヨシらのところでボールロストが残念
ながら結構ありチュンソンのところにボールがあまり来ず、来ても
サポートが少ないこともありチュンソン自身もあまりキープできず。


後半になり左サイドにミノル、さらにトップ下に谷澤が入った(さらに
右サイドに池元)ことで、だいぶサポートが増えてきて、チュンソン
自身もポストっぽいプレーで前線の3人にパスを出しシュートチャン
スが少しずつ出たような気がする。疲労困憊気味ではあったけど。



ここまで3試合、チュンソン1トップを見てきての結論。
彼が1トップをやるには、横にミノルがいることが絶対条件かと。
これは五輪でも同じかもしれない。
お互いの位置を意識し生かそうとするプレーがこの2人ならできる
ように見えるのですよね。


ベンチの指示か不明だけど、おそらく中澤を避けるために加藤の
ゴールキックをサイドギリギリで受けようとしていたが、なかなかつ
ながらず。
成功率が低めだったので、加藤には他の選手に出す選択肢も判断
してほしかったと思います。
うーん、チュンソンはポストもできないことはないけど、田代・巻・ハー
フナーらのような空中戦の強さはもってないからなあ。
まあ、高松も昔はポストがうまくなかったけど今は巧さで日本一に
なったくらいです。
柏には北嶋というポストがものすごく巧い選手がいるのだから、
そちらもぜひお手本にしてほしいと切に願うばかり。
(まず北嶋が怪我から復帰してもらわないとならないけど)
良いプレーだなと思ったのは、フリーランのウェイブの仕方やスピード。
あれは武器だと思う。確か自分でもボールを持たない動きに自信が
あると言っていた気がする。



今回の両SB(阿部シュー&小林亮)はサイドを突破されでラインが
下がり気味、また中盤でボールを奪われるケースも多かった。
マリノスのプレスが復活、お株を奪われた印象が残りました。



カトゥについては3失点とはいえ鹿島にいた頃、いえ、昨年の国立
ヴェルディ戦に比べたらかなり安定し成長したと思います。
プレーに落ち着きがあるように見えるんですよ。
DFからのバックパスを相手FWに詰められるとソガは2回に1回は
タッチを割ってしまいますが、カトゥは失敗はほとんどせずなかなか
良いフィードをしていました。
セービングも失点以外は良かったと思いました。

1失点目はPK。(近藤?がマリ選手のユニを引っ張ってしまった)。
これは仕方ない。
2失点目、これはなぜかハーフナーをフリーにさせたDF陣が拙い
(オフサイドと思ったのか)
3失点目、これは狩野のFKを褒めておきます。

といったところ。
もっとも失点シーン以外でチーム全体がかなりマリノスに押し込ま
れっぱなしだったのは事実ですが。



池元、J1初出場、おめでとう。
キレがあり面白いシュートを打ちますねー。
さすが、FC岐阜をJFLに押し上げた立役者だわ。
彼は、2年前の3月頃鹿島に練習生で来てPSM山形戦で後半
出てきてインファイトが池元コールをした記憶があります。
結局彼とは縁がなかったけど鹿島に入団してたらどうだったろう・・・?




柏は終了後基本的にアウェイでもピッチ内でクールダウンをします。
あれって負け試合の後はつらくないのかなあと思うんですけどね。
(千葉ダービーでなかったのは千葉が運営を早く終了したくて
許可しなかったからだろう)
何せ対戦相手のヒーローインタビューを聞かなくちゃいけないもの。
でも、チュンソンがじっとインタビューを見てたのでやや安心しました。
そう、日々反省してその悔しい気持ちを忘れてはいけない。
それでこそチュンソンだと思っている。
ホーム大分戦はフランサ復帰しそうなのでチュンソンはスタメンを
外れるかもしれない(トップ下は谷澤になりそうだし)。
ベンチで戦況や味方の動きをよく見て頭の中を整理して、そして
出番があったら爆発してほしい。


サテ柏鹿島戦の13日の午前中は同じ日立台でトップ練習予定が
組まれているので、気になるチュンソンの様子をチェックしに午前
中から行こうかと思っていたら、五輪予選選出で上海へ旅立
ってしまうのですね。
そっちはそっちで、チャンスがめぐってきたら頑張れ。

|

« 今日のニッカンネタ | トップページ | ナビ名古屋戦(A)録画感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15017790

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ沢は修行場:

« 今日のニッカンネタ | トップページ | ナビ名古屋戦(A)録画感想 »