« ナビ名古屋戦(A)録画感想 | トップページ | 5/12は不本意ながらスカパー観戦三昧---その2 »

2007年5月13日 (日)

5/12は不本意ながらスカパー観戦三昧---その1

鹿島が勝ち応援する選手が活躍してくれれば疲れも吹っ飛びますネ。


って、観戦から帰ってきたようなこと言ってますが。


昨日は古河(流経大VS早大)とカシマの無理やり掛け持ちを予定
していたのだけど、朝起きてから偏頭痛がひどくて動けず唸ったまま
家から一歩も出られず。
結局どちらにも行けず自宅でテレビ観戦になってしまったのでした。



まず、見に行く予定だった流経大VS早大戦は、流経オフィシャルに
よると3-1で流経勝利!
昨年秋季&インカレ準決勝の雪辱を果たせましたね。
池田君・武井君・佐藤君のゴールかぁ、この目で見たかったなあ。
一方、早大は兵藤のゴール、千真はどうだったかな?


話は脱線しますが、千真の兄の大剛のblogが凄いことになってます。
出場試合の感想についてファンのコメントに対してひとつひとつ真摯
に丁寧に答えている様子が尋常ではありません。
選手はこういう考え方をするのかというのがよくわかります。
特に、大敗したヴェルディ戦の後なんて、主審(=ジョージ)の話が
出てます(昨晩の鹿島もまたもや被害にあいましたネ)。
千真は超天然らしい(byサッカーai)けど、大剛は賢いのがわかる。
で、ファンとのこういうコミュニケーションが好きなんでしょうね、普通
なら面倒くさいと思えそうなことですから。大剛、偉い。
#ちなみに、彼はお祭り男ではないです、たぶん(笑)。




話を戻すと。
自宅で横になりつつ、1.横浜FM名古屋戦、2.柏大分戦
そして 3.鹿島磐田戦  を続けて観戦したのでした。


1.横浜名古屋戦の感想。

・9日の瑞穂の試合に杉本が出ないでくれて助かったなあ。
  あんな風に裏を狙われ引っ掻き回されたら(特にウチの左サイド)
  今日の磐田戦と同じように石神君がぶっこ抜かれたり剛ちゃん退場
  なんてことになっていた気がする。
・逆に横浜は9日の柏戦の疲れが如実に出ていて全く別チームだった。
  特に、中澤は杉本の応対に追われただけでなくビルドアップ他でも
  魂が抜けたようなプレーが多かった。
  なんだよ、チュンソンには完勝してたのに(^^;)。
・横浜FMより名古屋の方がプレスが効いてセカンドを拾えていた気が
  する。名古屋はかなり引いてもいた。
・名古屋DF(金古は鹿島戦の失敗でベンチにも入らずか・・・)には
  高さがないから横浜は早めにハーフナーを出す手もあったのになあ。






2.柏大分戦の感想。

こちらは、とにかくポイントはフランサ復帰。
で、チュンソンもトップ下(フランサと2トップっぽい?)でスタメン。
アナが「谷澤とどちらを起用するか石崎監督は悩んだ」と言っていた
けど、ナビ横浜戦で彼だけ90分フル出場してるのだから、確かに
3日前ではスタメン起用するつもりはなかったんでしょう。
でも、フランサとの相性の良さは谷澤よりチュンソンなんですよね。
三ツ沢で悔しそうな表情を見ただけに結果を出せて私もほっとしました。
解説の田中さん(相変わらず暗い・・)が褒めていたように、ああやって
相手DFの前に体を入れてのヘッドって昨年も何本か決めていたような。
でも、そろそろ昨年みたいなループシュートも決めてほしいぞ。



師匠の横でヒール・ワンツー等々師匠っぽいプレーを多く披露。
最たるはトラップ→オーバーヘッドでミノルへパスというプレー。
惜しくもミノルがオフサイドにはなったけど、あれは変態チック。
(変態度は鹿島磐田戦の2点目モトのスルーパスに匹敵するかも)
かといって、ゴツゴツと相手と接触するプレーもできる--というか、
そちらの方がもともとは多い。
ミノルとアベックゴールになったらさらに盛り上がったろうなあ。
枠を捉えたミドルを何本も打てる積極性・技術の高さが頼もしい。
この2人、さらにお互いを助け合えるようさらにコンビに磨きを
かけてほしい。
終盤フランサが脇腹を痛そうにしていたのが心配、大丈夫かな?



アルセウが山根っぽいプレーをすることで、永井が散らしなどの
展開を担当、この2人で徐々に役割分担ができてきた印象。
フランサ先制点アシストとなった永井の見事な縦パスには唸った。
今まで苦労してきたので年上の印象があるけど、青木・中後と同い
年。彼もこれから、でしょう。
それと、蔵川ーー。
一点目と同じような形で飛びしてGK一対一、あれ決めてたらなー。
でも、インターセプトをバシバシして中盤を助けていた印象がある。
あのスピードとヨミがどれだけ守備陣を助けているか。


前半開始早々のピンチを押さえ高松に仕事をさせなかったのが
大きかった。古賀&近藤コンビでまたもや無失点。
根本っちゃんも奮闘はしていたんだけど、ツメが今一歩だった印象。



ここでいったん区切り、鹿島磐田戦は次のエントリーにします。

|

« ナビ名古屋戦(A)録画感想 | トップページ | 5/12は不本意ながらスカパー観戦三昧---その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15032241

この記事へのトラックバック一覧です: 5/12は不本意ながらスカパー観戦三昧---その1:

« ナビ名古屋戦(A)録画感想 | トップページ | 5/12は不本意ながらスカパー観戦三昧---その2 »