« GW観戦 5/6は一勝二分 その1(鹿島編) | トップページ | GW明け明日はナビ名古屋戦 »

2007年5月 7日 (月)

GW観戦 5/6は一勝二分 その2(フクアリ編)

では、5/6その2、フクアリ編。
横浜FM戦の二時間、これでもかという土砂降りでポンチョが役に立た
ないほどびしょ濡れとなり完璧に着替えたせいでカシスタで拾ってもら
う時刻が約10分遅くなってしまった。(某さん、その節は失礼しました)

お陰様でフクアリにはキックオフギリギリに到着、メインアウェイ1列目。
カシマでの豪雨と違い霧雨とはいえ、うっすら濡れるのは変わらない。
日立台メイン1列目が柵があって見づらいのに比べ、フクアリは高さが
あるので一列目に限ればメインの見やすさではフクアリの勝ち。

とにかく、両チームとも攻守切り替えの早くて、面白くかつ気持ちの良
い試合だった。流し気味の穴沢主審がうまく演出した面もあるかな。
昼間の鹿島も珍しく動けていて早めにボールを運んでいたけど、この
試合の柏・千葉両チームに比べたら正直見劣りする。
攻撃のチャンスは千葉の方が多く、ハーフタイムに引上げるノブリンの
厳しーい顔が納得ではあった。けど、柏もピンポイントで攻撃を作って
いたとは思う。



この試合は「プレッシングサッカーの柏」に改めて注目して観戦した。
いや、今まで鹿島・代表他数々の試合を見てきた中でこれほど攻撃的
守備を見たのは初めてな気がした。
柏今シーズンベストゲームといわれた4/28の名古屋戦よりもプレスが
効いていたように見えたのは、意識して見ていたからかもしれないけど。



まず1トップチュンソンの鬼チェイス。
昼間見た鹿島戦の坂田よりはかなり上をいっていた。
疲れもあるだろうに、名古屋戦よりもずっとしつこく激しかったと思う。
で、次が両サイドのミノル・谷澤(後半は鈴木たっちゃん)のサイドでの
囲み、さらにボランチ・SB、そしてCBと。
誰か一人でもさぼったらおしまいだからと前に読んだ通り、全員が
「ラインをコンパクトにしてボールを奪うための守備」をし続けている姿
に何と言うか感動した。組織的で美しいのですよね。
一番の強みは古賀まー君という絶対的CBがいることだろう。
彼の存在感はデカい。
帰り道ジェフサポが「柏のバックスは堅いなー」と言っていた。
何せ10節終了時点で失点7、リーグ最小失点。
守備が脆かった昨年と比べ、どんだけ堅くなったのか。


わかっちゃいるが残念だったのは、守→攻の切替でフランサがいた
らもっとスペースにパスを捌きシュートチャンスを作れただろう点。
昨日は特に前半中盤(ユッキー?)がボールを奪われることが多か
ったように思う。

でも、代役チュンソンはかなりフランサチックなプレーをしていた。
谷澤・ミノルとの相性が良くまたスピードもある。
ミノルの惜しいシュートはチュンソンのボールカット兼パスからだ。
(ミノルは水野のケアに追われやや元気がなかったけど、それでも
さすがのプレーも見せてた)
連携不足とか技術がアイディアに伴わない面は当然多々あるのは
わかっている。
でも、今後、普通のポストだけでなく周りを使える1トップのプレーを
磨いていけば、U22的に平山とは違う面白い1トップができるはず
(贔屓目ですけどね)と希望をもった。
チュンソン1トップにミノル・カレンのシャドー、家長トップ下をぜひ
一度見てみたい。



ただ、もともとは左足・ヘッドが武器の使われる側のストライカー。
フランサに使われるプレーも磨いてほしい。
ロングボールの空中での競り合いだけは今後の大きな課題かな。
今回も水本にかなり競い負けていたっけ。
しかし、あれだけ走りフォアチェックし続けパスを出すなど起点に
なりそれでシュートも期待されるのは、大変なことだろう・・・。

サカマガで羽生・鈴木達の筑波先輩後輩が言ってたように、柏の
走りは攻撃的守備に主に使われ、千葉の走りはボールを前へ
運ぶために使う。
千葉の運び方は相変わらず見事。横浜FC戦同様水野がエース。
あれだけチャンスを作るのだから、巻がもっとうまくフィニッシュして
くれたら苦労しないのだろうな。

ところで、谷澤が後半すぐ目の前をドリブルで走り、フェイントを
入れてのゴール、これは見事だった。谷澤、キレキレだー。
満男ばりのロングループ、ああいうのをしちゃうのも谷澤。
一度で良いから、似たもの同士の谷澤&拓也を同じチームで見て
みたい(^^)。
谷澤&チュンソン&ミノルの「やー!」(ダチョウ倶楽部?)パフォ。
名古屋戦のクールダウンで岡山・谷澤・チュンソンがやっていた
のが映っていたあれでしょ?。あの時もう練習してたのか(笑)。

それと、ドゥンビア登場でいろいろ盛り上がったのだけどチュン
ソンに変えての1トップはないわなー。
スピードに乗ってのシュートが持ち味、キープ力はないもの。
(鹿島サポ友人は彼を「俊足のサッカー素人」と愛情こめて呼ぶ)

後半からは某さんと一緒に観戦。
「(ベンチ付近に立つ人を見て)玉田は柏に帰ってないよね?」
→→「あれは宮本チーム主務(U22組帰国後のblogを書いた方)」
「谷澤はいつから28番?」
→→「昨年はつけてた(昨年玉田のあとを継いだ)」
「あれ、俊太はいつのまに出てきたんだ?」
→→「前半からスタメンで出場(山根負傷後アルセウと
        ダブルボランチ)」
と普通に答えている自分(^^;)。

以上、柏ファン(^^;)目線100%のフクアリレポでした。

|

« GW観戦 5/6は一勝二分 その1(鹿島編) | トップページ | GW明け明日はナビ名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/14983271

この記事へのトラックバック一覧です: GW観戦 5/6は一勝二分 その2(フクアリ編):

« GW観戦 5/6は一勝二分 その1(鹿島編) | トップページ | GW明け明日はナビ名古屋戦 »