« 三ツ沢は修行場 | トップページ | 5/12は不本意ながらスカパー観戦三昧---その1 »

2007年5月11日 (金)

ナビ名古屋戦(A)録画感想

深夜、ナビ名古屋戦のスカパー中継を見ました。
おかげで昼下がり眠気を催すオフィス・・・(爆)。
そんなことより、 おおー!  嬉しい驚きがいっぱいな試合でした。



まず、試合直前の「中盤の運動量で勝負」とのオリヴェイラコメントに
爆笑。 前節までは勝負してなかったと認めてるわけなのかね。




前半出だしこそ様子見で慎重な入り方をしていたけど、途中から中盤
でのプレスが効きはじめセカンドを拾えるようになり、そして拓也・モト
らがどんどんFWを追い越す動きが出来始めていた。
横浜戦で見た流動的な攻撃はまぐれではなかったのだなあととても
嬉しく思えた。中後・青木の飛び出しも見られた。
マルキの裏抜けのシュート、篤人クロスからの田代のヘッド等前半か
ら惜しいシーンが何度もあった印象。
#しかし、マルキは可愛そうなくらい決まらない。磐田戦でこそ頼むよ。

ヨンセンによる失点シーンはキム・ジョンウのクロスの前の見事な
切替しが全て。あれに篤人はひっかかってしまった。

ジョンウって今年は力を発揮しているとダイジェスト等でちらっと見て
もいたけど、これほどとは思わなかった。しかも素敵やん(^^)。
(28日の日立台では藤田・本田・ヨンセン・杉本しか覚えてない・・・)
昨年のリーグ戦@トヨタでは、篤人を削りイエロー二枚で退場、荒っ
ぽい選手としか思わなかったけど、今回はそのジョンウの飛出しを
警戒して中後がイエローものの削りをしてたのだから(爆)。
切替しからのクロス、ミドルの精度、飛び出しなどが目を惹きました。
さすが韓国現役代表MFといったところか。

後半早々拓也CKかの剛ちゃんループヘッドはお見事。
この時のポーズがまたカッコイイー。秋田とはまた違った風格がある。
で、最後は足がつってアウト(^^;)。タンカの上でも交代で下がる時も
指示しまくっていたなー。
「ベテランの魅力」--今の鹿島では何と言っても大岩剛です。




そして、田代の滞空時間のある高さが何度も見られた。ジャンプ等の
フィジカルは完全復活といってよいかな。これでこそ篤人の精度ある
クロスが生きるというもの。あとは、とにかく着地に気をつけて・・・。



鹿島が誇る拓也&モトの変態コンビ、3点目で炸裂しましたね。
拓也の嫌らしいパス、それを走りながら受け振りぬくモトのセンス。
あー、この2人を二列目でやっと見られたのか(しみじみ)。
2人ともダイヤモンドの両サイドを経験し運動量やプレスのかけ方等
が向上したのだから、3月からの苦労も報われる点があったわけか。
2人ともこのパフォを継続できれば、代表復帰も見えてくるかも・・・・。



石神は、シンプルにプレーしていたのが印象に残った。
イバの場合けれんみがプレーに出ているからなあ。
(そこが好きではあるのだけど)。
回りに助けられてのプレーも多いだろうけど、堅実な守備はイバには
ない点だと思う。2人でどんどんと切磋琢磨してほしいものだ。



そういえば、石神・船山が対戦を楽しみにしていた杉本は出場せず。
次のマリノス戦に向けて温存だったのかな。



今夜もう一度後半の録画を見ようと思う。
3点目なんて何度も再生しちゃいそう(^^)。

|

« 三ツ沢は修行場 | トップページ | 5/12は不本意ながらスカパー観戦三昧---その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/15032131

この記事へのトラックバック一覧です: ナビ名古屋戦(A)録画感想:

« 三ツ沢は修行場 | トップページ | 5/12は不本意ながらスカパー観戦三昧---その1 »